GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

風雲維新ダイ☆ショーグン 第11話 感想 [2014春アニメ]

風雲維新は「鬼」の代理戦争へ……? さらばグラバー、長崎に死す!!

イメージ 6

イメージ 1

イメージ 21

 男の勝負は勝ち負けじゃないぜよ。許せん奴には向かっていく、開いた穴には突っ込んで見る―――
 それが時代を切り開く男ってもんぜよ!
※龍馬の台詞より。

■第11話「鬼神導きて、運命を別つ!」
 ホントに長崎に血の雨が降り、グラバーやフルベッキと言った愛すべきバカどもが散った第11話。
 守るべき民をも手にかけ、いよいよ異常さを増す一橋重義公
 その心は、既に鬼に乗っ取られていた…?

 鬼神スサノオタケミカヅチの代理戦争となった本作! だが両者の差異は一体?

 スサノオが女を必要とする意味
 実は、幹部どころか長命種らしき様子すら見せ始めた法光院の謎の言動、果たしてその着地点とは!!

グラバー『どォんどん撃ちなさァァァい! Ho-Ho-Ho!!!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 ロクな事してないのに、仕草のせいでミョーに憎めませんグラバーさん。

■鬼神、長崎に立つ!
 古代生物「鬼神」を神の御使いと捉える異人は、慶ちゃんのスサノオを奪うべく武力行使
 が、雨あられと降り注ぐ砲弾を発止と打ち払ったのは
 偉大なるタケミカヅチであった!

 異人の砲弾を打ち払い、鬼神タケミカヅチ、弱き民草を背に長崎に立つ!!

 が、異人は飛んでファイアにいる夏のフライとばかりに「アームストロング砲」をスタンバイ!! が。

グラバー『私のキュートでストロングな艦隊がァ!?』

フルベッキ『漆黒より深き闇、地に堕ち、全てを焼き尽くす悪魔――――!』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 てっきり「殺す事ぁ無えだろ!」と慶ちゃんが庇う展開かと……。

■鬼神、荒れ狂う
 かつての大敗戦を糧に開発された、自慢の新兵器アームストロング砲。
 が、その火力を以ってしても傷一つ付かなかった。

 タケミカヅチは異人を薙ぎ払うと、冷めた目でスサノオを見定め、雷を「長崎へ」めがけて放った!

 守るべき民を無残に打ち払った一橋重義公は
 それも全てお前のせいだと言い出す。

 力ある者、スサノオを操る男徳川慶一郎、その力を振るおうとしないのは罪であると罵倒する!!

慶一郎『何の関わりもねえ奴らを巻き込みやがって……、何様のつもりだ!!』

イメージ 10

イメージ 11

 怒りに燃える慶一郎、その瞳が再び紅く輝く! これこそが「鬼眼」!!
 スサノオとの合一が進みつつある証明であるようだ。

 怒りでスサノオの力を引き出させ、そして雌雄を決したい!

 国を守る為に立ったはずの一橋重義公
 その心を「手段」に過ぎぬ鬼神に取り込まれてしまったのか、執拗に慶一郎を嬲りつくすのだった。

 姿はカッコイイ! cv子安もカッコイイ! だが志を失ってはいないか重義公!!

法光院『せっかくのボウヤと重義の出会い、邪魔させる訳にはいきんせん!』

イメージ 12

 一方、霧子はまたも攫われていた。もはや安心感すらある攫われっぷり。
 彼女を奪い、慶一郎とスサノオを暴走させんとする法光院。

重義『―――まだ貴様は、喰らうに値せん』

イメージ 13

 前々回の霧子のように、乗り手の負の心がスサノオを暴走させると重義は考え、町を焼き払った。
 が、その間もなく慶ちゃんが気絶してしまったことから
 敢えて後退するのであった。

 焼け出された人々が映ってますが、一話登場、番屋のオッサンが良い仕事してて笑えます。

沖田総司『ふふ、後は二人だけに良いトコもっていかれるのはシャクだしね?』

イメージ 14

 新撰組メンバーの和み描写もありましたが、あんだけ外道プレイかましたのに微笑ましく感じてしまう。
 単なる外道でなく、彼らもまた志があるからなのでしょう。

 でも肝心の重義公が暴走気味なんですよねえ……。

『慶一郎の志は今、霧子殿を向いている。だから私は、手を貸したいと思った』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 21

 まさか再びこの格好になるとは。

■惚れた弱みよ
 慶一郎がタケミカヅチに完膚なきまでに敗れた夜。
 彼に惚れた女が二人、恋敵・霧子を助ける為、ひいては慶一郎を助ける為に死地へ飛び出す!

 彼の行動を先読みしての事だったが、当の慶一郎も目覚めて早々出撃する!

 死地に向かう若人達、彼らを上空でオッサンとオバサンが見ていた。
 男の勝負は勝ち負けじゃないぜよ。許せん奴には向かっていく、開いた穴には突っ込んで見る―――
 それが時代を切り開く男ってもんぜよ!

 まったく、救えねえなあ

霧子『殺せ』

法光院『は?』

イメージ 19

イメージ 20

 一方、霧子は色んな意味で「死ぬと大変な事になる」とも知らず、重荷になりたくないと口にする。

■鬼神伝説
 彼女の純真さに呆れた法光院は、執拗にシモを責め、神代の時代を口にする。
 それも、まるで体験してきたかのように語りだすのだった。

 かつて神に愛された生娘が、鬼の心を乱した―――

 彼女を霧子になぞらえる法光院。この物言いからすると「鬼神の時代」から生きてそうなのですが…?

予告『最終回! 天下分け目の最終決戦ッ!!』『『天下一!』』

イメージ 15

イメージ 22

イメージ 1

 天下一! はもっと力強く叫んで欲しかった気もする!!

■天下分け目の最終回!
 斬れば慶一郎が暴走すると知り、敢えて「霧子を斬らなかった」重義公が気になる一幕。
 元々、この国を守る力としてタケミカヅチに乗ったはずが
 暴走を始めた重義公の行方は?

 泣いても笑っても童貞でも後たった一話!

 口元の動きもかなりスムーズになりどんどん動画が良くなってきましたが、いよいよ次回で最終回。
 開国するという予定調和、一種の縛りがある作品で
 どんな予想外をもたらしてくれるのか!?

 次週最終回、第12話「雷雲切り裂け、スサノオ豪天雷神!(完)」