GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ソウルイーターノット! 第11話「それぞれの覚悟!」

アーニャ、ロイヤル無茶振り! 空舞うつぐみ、魔女の収穫祭の始まり!!

イメージ 3

イメージ 10

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 空を飛ぶハルバードに変身してくださいっ!!
 強烈な無茶振りであった!

 魂の共鳴も発生、魔女シャウラの惨劇、いよいよ物語が「ソウルイーター」になってきた!
 だからこそ、愛する平和なノットに戻すべく
 少女達は奮戦する!

 いくよ皆! わたし達のウキウキライフを取り戻すっ!!

■来週お休みの模様
 次回予告、きっちり作品自体のキャッチコピーを入れてくるのも良かったですね。
 つぐみとアーニャが、ダブル主人公っぽく無理を通したのに対し
 ちゃっかり量産してるシュタイン博士も笑える。

 ただし最終話は7月1日!
 つまり、来週はお休みってことですよ!! これも全部ワールドカップって奴の仕業なんだ(多分)。

シュタイン『あの子達をからかうと、面白いでしょう? ふふ』

イメージ 16

 いやあ今週、イケメン揃いであった。

■日常を取り戻す為に
 表向き平穏に始まった死武祭だが、方々でノット生徒がシャウラに操られ混乱が起こる。
 操られた生徒は、また別の生徒に毒素を移し
 ねずみ算式に混乱は増幅。

 そんな中、別れ別れになっていたつぐみとアーニャは、互いに無茶をやって合流する。

 意気投合した武器と職人がなしうる、共有現象「魂の共鳴」。
 これを発生させた二人は、空を舞ってめめを追った。

 しかしシュタイン博士に譲り受けた「薬」は、あくまで肉体の毒素を取り除くに過ぎない。

 暗示を取り除く手段を持たないまま二人は飛び
 魔女、そしてめめと対峙する。

 次回最終話! 第12話「魂の共鳴!(完)」

オックス君『死武専生……?』

ハーバー『気をつけろ! 様子がおかしいぞ!!』

イメージ 3

イメージ 4

 この私を、自称“雷王”と知っての狼藉ですか!

■魔女の収穫祭!
 意外に平穏に始まっていた死武祭だが、徐々に阿鼻叫喚の巷と化してゆく。
 シャウラが洗脳者を大量投入し、彼らがまた同類を増やす!
 まるでゾンビだ!

 ノット生徒の洗脳技術を確立させたシャウラの前に、徐々にデス・シティーは混乱に陥ってゆく。

 アナスタシア・ユングリング王女は
 混乱を避けるべく、茜とクレイを護衛に空港へとひた走るのだったが………。

ルフレッド『プリンセス、参りましょう―――』

イメージ 2

 順番は前後しますが、迎えに来たアルフレッド執事はアーニャに昔から使えていたようです。
 それだけに、荷物を持った彼に「ありがとう」と言ってくれた
 アーニャの変化に驚いたのでしょうね。

 アーニャさんも変わったんですな。なんだかんだで。

ジャッキー『あなた独りで、何ができるの!』

つぐみ『一人じゃないです! アーニャさんがいますからっ!!』

イメージ 5

イメージ 6

 前回のラストシーンを別角度から。アーニャさん、泣いていたのか……。

■魂の共鳴
 その騒動を聞いたつぐみは、めめがいるかもしれないと行動を開始
 聞きつけたジャクリーンに制止され、キムにチョップ。
 ソウルイーター名物チョップ。

 もちろん一人でなんとかなるはずは無いのだが、つぐみは何故かアーニャがいると確信していた。
 彼女が、今回の騒動でどんな思いをしているかを察していた。

 悔しくて泣いていたと察していたのだ。

 その様子に何かの確信を得たジャクリーンは、つぐみの行動を許すのだが―――。

ジャッキー『たとえ規則を破っても、大切な人を守りたい―――』

イメージ 7

 一方、先輩コンビ(同性)はイチャついていた。

 いやホラ「堅物委員長キャラだったジャクリーン先輩が、自分から言い出すなんて!」ではあるんです!
 でもそれでもイチャついているようにしか見えなかったんだ!!

ミザリー『それでこそフランダースの庶民! 私の求めるメアリーだわ!』

イメージ 8

 戒厳令の中、飛び出すつぐみをサイコさんも褒める!
 それでこそ私の求めるメアリーだわ!

 一話以来、幾度も苦難があろうと、自分でキッチリ立ち直る! それでこそつぐみさんですわ!

アーニャ『さっきだってそうです! なんでオックス先輩を助けないんですか!』

『私だって、死武専生なんですよ―――!』

イメージ 10

イメージ 11

 つぐみ&アーニャ、ダブル無茶!

■任務vs我侭!
 つぐみとアーニャ、互いとめめを救うべく行動を開始!
 またアーニャは、自分を守る為に仲間を見捨てた茜とクレイを糾弾、町に戻ると熱く吼える! 

 町で覚えたセコイ戦術(褒め言葉)も駆使し
 アーニャは必死に食い下がる。

 やり戦闘専門の茜には敵わなかったが、それでもアーニャは精一杯自分の意志を貫き通すのだった。

つぐみ『この大変な時に、いちゃいちゃしてる場合じゃありませんよ……』

イメージ 12

 その解釈はなかった。

■武器と職人と
 リズとパティに頼んで無茶をやったつぐみが追いつき、二人は短く和解する。
 クレイは「めめはシャウラの護衛になってる」と推論を述べ
 戦うことになると諭すも、二人は折れない。

 魂の共鳴!

 職人アーニャの無茶振りに応え
 武器であるつぐみは、二人の魂を共鳴させて彼女のイメージを共有、自身を「空飛ぶハルバード」へ変える!

 武器と職人、お互いの息があったとき初めてなせる高等技能に、茜は感嘆するのだった。

つぐみ『……アーニャさん、いっかい降りて助走をお願いします』

イメージ 13

イメージ 1

 でも、自力だけじゃ飛べないわ、コントロールはド下手だわ!
 やっぱりつぐみさんはつぐみさんだな!
※褒め言葉。

 茜くんのイケメン解説にカッコイイBGM! 盛り上げるだけ盛り上げてもダメダメなのがつぐみさんだ!

クレイ『お前、春鳥に甘くないか?』

茜『そう? かわいいよね、春鳥は』

イメージ 14

 それはダメだ!

 直後の茜とクレイ。
 って、どうダメなんだクレイ君!
 原作の大久保先生らしい、論理性ゼロで感情オンリーのやりとり、ミョーに笑えました。それはダメだ!

シュタイン博士『キミ達に、この薬を渡せない理由は二つ。聞きたい?』

つぐみ&アーニャ『『はやくっ!!!』』

イメージ 15

イメージ 16

 原作ではほぼ毎回包帯グルグルだったナイグス先生。シド先生のパートナーなのである。

■「敵は同じでも、守りたいものが違うんです!
 青息吐息で研究室に飛び込んだ二人、しかしシュタイン先生はからかう事からかう事……。
 いわく、あくまで毒素の無効化だけで、暗示は解けない
 もうすぐナイグス先生が取りに来る。

 町で暴れてるノットならともかく、ガッチリ暗示を受けているめめには効かないかもしれない。

 駆けつけたナイグス先生も、大人の慎重論を持ち出すも
 少女達は強引に駆け出してしまう。

 一方、シュタイン博士はこっそり量産していたサンプルを取り出すのであった……。ああもうこの人は!

魔女シャウラ『規律を狂気で塗りつぶせ! 誰も寝てはならぬ――――』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 BGMが決戦を盛り上げる中、伝書バットとか言い出すのはズルいな!

■No one shall sleep
 魔女シャウラは「探知」を避ける為に魔力を封印、護衛にめめを備えて町を混乱させる。
 次々と敵の手に落ちてゆくノット生徒、彼らと戦うイート達。
 マカ、ブラック☆スター、オックス君に茜達……

 めめの“伝書バット”をヒントにした二人は、たった二人でシャウラと対峙!

 だいぶ着地が上手くなった二人!
 だが、ノット二人でシャウラとめめに立ち向かえるのか! 次回、最終回。

予告『いくよ皆! わたし達のウキウキライフを取り戻すっ!!』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 1

イメージ 16

イメージ 9

 アイキャッチは「ソウルイーター」組勢ぞろ……、あ、あれキッドが居ないよ!?

■魂の共鳴!
 原作でお馴染みの技「魂の共鳴」も成し遂げ、いよいよソウルイーターになってきた第11話!
 ノットを取り戻すべく奮戦する訳ですが、アーニャさんの無茶振りが酷い!
 応えるつぐみさん共鳴しすぎ!

 とはいえ、ドタバタで上手く行かない辺り、また本作っぽくて良かったですよね。
 スマートに成功させるようなのはつぐみさんじゃないわ!

 ウキウキライフな日常物ですが、ドタバタ成長モノなのも快かった本作。それも次回で終わりですか……。

 次回最終話! 第12話「魂の共鳴!(完)」
※来週は放送休止です。