GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ラブライブ! 2期 ♯11「私たちが決めたこと」

さよならを迎える前に、“これから”を決める! μ'sを描く第11話

イメージ 13

イメージ 18

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 賛否両論あるでしょう「三年卒業後のμ's」に焦点を据えて、しっかりと悩み倒した第11話!
 去りゆく三年は、敢えて言葉を飲み込み
 残るメンバーが敢えて汲む!

 泣きそうでこらえて、笑って泣いて! 感情が爆発する第11話!!

■解散宣言
 第8話「私の望み」である程度予想させ、亜里沙への絵里の反応で「おや?」と思わせておいて…
 と、段階を踏んでくる全体構成も良かったですね。

 もちろん残った六人は新しい名前で再出発するのでしょうけれど
 μ'sとしてはこれで終わり。

 次回、μ's最後のライブが始まる!!

真姫『私がイヤなのっ!』

イメージ 17

 どんどんシンプルになる言葉、涙、これは卑怯だ!

■九人の望み
 合格発表も早々に終わり、新入生が卒業が、いよいよ間近に迫る音ノ木坂学院
 メンバーの入れ替えで存続するか、それともこれで解散か。
 本戦を前に、μ'sは再び難しい問題に迫られる。

 参入を望む雪穂と亜里沙
 アイドルグループは、参入脱退を繰り返し「名前を残すものだ」という常識。

 存続する、していくべき理由はいくらでもある。

 けれど穂乃果達は「解散」を選んだ。
 もちろんアイドルは続ける、けれどμ'sは一人欠けたってμ'sでは無いのだ。

 在学生六人が望み、卒業生三人が口に出さず望んでいた結果を汲み、μ'sは解散する事にきまった―――

 次回、♯12「ラストライブ」

亜里沙『やったよ! 音ノ木坂の生徒だよ! μ'sだ! わたし、μ'sだぁぁっ!』

イメージ 2

 一方、姉は敢えて「合格したのね」と言うに留めた。

サクラサク
 年明け、μ'sのキャッチフレーズを思い悩んだのも束の間
 早くも入試が終わりを迎えていた。

 μ'sだよ!
 これで待望のμ's入り!
 そんな微笑ましい亜里沙に対し、姉の絵里は、雪穂は、この先のμ'sについて想いを馳せていた。

 夢が叶うっ! と無邪気な亜里沙ちゃんが少し悲しかったですよね。お姉さんのリアクションが明確すぎて。

絵里『ラブライブが終わるまでは、その先の話はしない約束よっ!!』

イメージ 3

イメージ 4

 空気を読み、積極的にコメディにしていく希さん素敵すぎる。

■本当にそれで良いのかな
 μ'sをどうするか、妹の言葉に穂乃果は迷う。
 とはいえ、それはμ'sとしても承知、先送りにしようと結論済みだったようだ。

 けどそれは、亜里沙に対し不誠実ではなかろうか……?

 また、多くは漠然と「メンバーが欠けたら、μ'sじゃなくなってしまう」と考えていたものの
 ここまで大きくする苦労を、誰よりも知っているにこは
 μ'sは残しなさいと明言していく。

 メンバーの卒業や脱退があっても続けていく、それがアイドルよ! 卒業していく私達だって嬉しいの―――

絵里『―――それを決めるのは、穂乃果たちなんじゃないか、って』

イメージ 5

 μ'sの今後、これこそ前回言い淀んでいた「これからの事」だったのか。

■私の考え
 数多くリーダーシップをとってきた絵里だが、これは「残るメンバーの決める事」だと言い切る。
 学院を去りゆく自分達が、口を出すべきではないのだと。

 もっともな言葉に、在学組は迷う。

 迷う事や「その結果」が悪影響をもたらすかもしれない。
 選択を先延ばしにしようと言ってきた絵里だが、悩み始めた以上、もう決めるしかなくなっていくのだった。

 2期 ♯8「私の望み」を見る限り、希の答えは歴然。逆に、にこは続けろというが……。

雪穂『あのね亜里沙、―――亜里沙はμ'sの、どこが一番好きなところ?』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 モニタを一心に見つめる亜里沙。ホント、あこがれてるんだなぁ。

■背中
 穂乃果には「続けていく理由」が目の前にあった。
 妹の雪穂、絵里の妹の亜里沙、かわいい後輩たちが控えているのだから。

 けれど、そんな姉を察した雪穂が促す。

 前回の通り、亜里沙も「μ'sが、彼女たちが一歩ずつ進んでいく」ところが好きだった。
 そこに自分が入る余地は無いと思い直す。

 だから、私は私のいるハラショーなスクールアイドルを目指しますっ! 雪穂と一緒に!!

 妹達に背中を押され、穂乃果は決意を固めてゆく。ハラショー!

穂乃果『ほら、それにμ's結成してからみんなで遊んだ事ないでしょ?』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 ハラショー率の高い第11話。

■穂乃果、本気の全部乗せ!
 ラブライブ本戦前、休養日にあてていた日曜、穂乃果が中心となって全員が集まる。
 やたら団結している一年と二年に押され、三年生も楽しむ!

 練習漬けや生徒会や、色々あって意外にやれていなかった「みんなで遊ぶ」休日を全力で楽しむ!!

 アイドルショップ、ゲーセン、ボウリングに美術館!
 公園のボート・雷門・花やしき―――

 楽しい休日! 明らかに前振りとしか思えない楽しみっぷり!! でもホントに楽しそうだった!

『誰も居ない海にいって、九人しか居ない場所で、九人だけの景色が見たい!』

イメージ 12

 一通り遊び終えたメンバーだったが、最後の穂乃果は一味違う!
 みんなで、季節はずれの海に行こうと言い出した。

 共犯者の一人、真姫は穂乃果へ「心の準備、できてる?」と促す。可愛い。

『大会が終わったら、μ'sは、お終いにしますっ――――!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 沈みゆく太陽、μ's。

■九人の望み
 九人だけの景色、九人だけの思い出。
 実は、一年と二年は先んじて結論を出していたのだ。

 μ'sは大会が終わったらそれでお終い。

 三年生が、誰かが欠けたら、それはもうμ'sじゃあなくなる。
 その思いは同じだけど、一番長い挫折を味わってきたにこだけは「続けてほしい」となお言った。

真姫『でも、μ'sは私達だけの物にしたい!』

イメージ 16

イメージ 17

 にこちゃん達のいないμ'sなんてイヤなの、と涙ながらに説得された。
 私がイヤなの!は卑怯!!

 スクールアイドルは続けていく。
 けれど、μ's、はこれで終わりだと全員の一致を見るのだった。

 もう、どんどん言葉がシンプルになっていく真姫ちゃん! そりゃ矢澤先輩も崩れ落ちます。

穂乃果『―――あのままあそこにいたら、涙、止まらなくなりそうだったから』

イメージ 1

イメージ 18

イメージ 19

 女子高生がみっちり証明写真ボックスに詰まる事案が発生。

■九人だけの
 泣きそうになった全員を察し、穂乃果は全員を駅へ、そして証明写真ボックスで写真を撮る。
 思い出を作って、できるだけ笑おうとする。
 笑おうとするけれど泣いてしまう。

 花陽が泣き出したのをきっかけに全員涙腺がこらえきれなくなり、泣き出すμ's。

 食いしばったにこも泣き出し
 誰も居ない駅で、ひたすらに涙に暮れるのだった。

今の時間も、あと、一週間

イメージ 20

 最後の最後は、いつものように練習に励む!
 ただの思い出で終わらないように、絶対に勝利を譲らない為に、残された時間を握りしめて!!

次回、ラストライブ! 穂乃果、夜に吼える――――?

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 9

イメージ 1

イメージ 21

 これで全員終了。エンディングは♯3「ユメノトビラ」以来、新収録と思われる全員バージョン!!

■終わり
 最初は「廃校阻止」から始まり
 その成功後、改めて「原動力」を描いた前回に引き続き、ではμ'sの今後はどうなるか。を決着。

 全員で楽しむシーンは、全員が本当に楽しそうで
 海に向かって決断した事に哀しみ、笑い、やっぱり泣いてしまうメンバーが悲しい。

 Aパートで決断した亜里沙たち新入生も見所でしたし、ホントに全編が見所となった回でした!!

 ライブこそしなかったけれど
 もうすぐ終わり、期限が迫った雰囲気に目を離せなかった第11話。

 そして次回、いよいよμ'sのラストライブが始まる!
 次回、♯12「ラストライブ」