GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

BF-3 レオボーン、プラモ完成!

味方じゃないなら敵という事だ!! アメリカの天才少年ボーン、キット化!

イメージ 2

イメージ 8

イメージ 1

 必殺技は、左腕から繰り出す「ゴールデンラッシュ」!!

■BF-3 レオボーン
 2014年6月発売/新規金型キット。
 バトルシーンをCGで描く、変身ヒーローバトルアニメ「マジンボーン」の味方キャラクター。

 シリーズ共通骨格に、新規金型の装甲を装着。
 装甲パーツは換装が可能。

 レオ・ギルバートはアメリカ出身の少年で、正義感の強さゆえに先走ることが多い。

西洋甲冑に似た外装ですが、腿の可動が大きく阻害されます

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 マントを外した状態での前、横、後ろ。シールドは右にも装着可能。

■足の踏ん張り
 ご覧の通り、腰裏側のパーツを敢えて付けてません。
 腿の黄色パーツ、これが大きすぎるのがネックで、腰背部に引っかかって足が開けないのですよね。

 外した方が、トータルで見栄えが良いかなと。
 削って広げるよりラクなので。

 西洋甲冑に似たデザインがカッコイイと思うので、個人的にはドラゴンよりお気に入り。

シリーズ共通フレームの弱点

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

 ドラゴンの時は気付かなかったんですが、足首が「回転しない」のがネック。
 代わりに、切込みがあるので大きく開けるんですよ。

 肩パーツが大きくカッコイイですが、反面、これにより可動がドラゴンより阻害されます。
 とはいえ、やっぱり良く動きます。
 ブリッジもラクラク

■フレーム状態はこちら
 フレームは共通品の為、可動は外装によって左右される仕様。

マントは背中パーツで挟み込む仕様。バイザーはクリア成型!

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

 マントは説明書をハサミで切ってつくり、破れないようシールで補強、背中に挟み込みます。
 甲冑然としているので、マントがよく似合いますね。

 ウチでは、破れたら困るのでカラーコピー+セロテープで補強。

 設定上も表面は白なので問題ありません。多分。

オプションとして、エフェクトと平手が付属

イメージ 3

 地面を踏み込んだ、という表現のクリアエフェクトが付属。
 足にハメると転倒防止になります。
※レオ専用。

 また、左右の平手も付属。ドラゴンの空手ポーズにも流用できますね。

■余り
 フレームは、磨り減りにくい軟質プラスチックと「PC-7」のボール状ポリキャップで構成。
 PC-7が2個あまります。

ギルバート『―――見ててください、僕の力をッ!!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 1

 撮影には、クリア成型された単品販売スタンド「魂STAGE」を利用。

■ボクサー!
 主人公であるドラゴンのみならず、他のメンバーもまだまだ発展途上。
 レオボーンも説明書に「必殺技」が書いてありますが
 劇中では使っていません。

 今後、この技の習得によって更なる進化を遂げるのでしょうか?

 キットには多数のランナースイッチがあり、強化形態らしい派生キットの登場も見込まれています。
 実際、ドラゴンに関しては既にそれらしいキットのウワサも。

ギルバート『覚悟の無い人とは、一緒に戦えない』

イメージ 15

イメージ 18

 なんとなく中華拳法っぽいポーズになってしまった。

■レオ・ギルバート
 価格相応にシールが多いキットというか、全身の花のような装飾まである込み入ったデザイン。
 CGをバトルに使っているだけあり、細やかなデザインですね。

 可動範囲はドラゴンに劣りますが、ボリュームあるデザインは個人的に好み。
 可動の不満は、とりあえず腰背部外せば十分満足できました。

 キャラクターとしても、ハッキリした向上心を持っているのは好感が持てます。今後が楽しみなキャラ。

レオにも「新形態」が存在?

 ドラゴン、シャークと同様、レオも専用ランナーに複数の切り替えスイッチがありました。
 ドラゴンは既に「パワーアップ版」の予約が始まっていますが
 レオも同様なようですね。

 ドラゴン、シャークが立て続けに起こしている「暴走」が鍵となるのか?