GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダムUC バンデシネ 11巻 [福井晴敏&大森倖三]

不公平でも不完全でも、世界を守る為に……。「黒いユニコーン編」佳境へ!!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 OVAでは入れられなかったエピソードや、一瞬で過ぎて行った物語を自分のペースでつかめる漫画版。
 小説版に近く、そしてまた小説版には無い「絵」の迫力がある!

 人類最大の航空機“ガルダ”の機上で、白と黒、二体のユニコーンが対峙する!

■戦争の終わりを
 OVAにて、モビルスーツ大博覧会と称された「トリントンの攻防」から、物語は高高度へ!!
 旧式機であっても戦ってきた残党軍たち
 彼らを描くストーリーが憎い。

 地上でずっと過ごしてきた残党たち、彼らも「戦争が何だったか」が知りたいのだ。

 それこそ、命を賭してでも知ろうと戦い抜き
 そして敢えて脱落する。

 ザクⅠスナイパーのカークス、その死がより報われる展開に、撤退してゆく男達に移入してしまいますね。

カークス『しかし! 生きる意味ならお前達にはある!!』

イメージ 4

 プルトゥエルブと化したマリーダ、黒きユニコーンで猛威を振るう!!

■箱を知る者
 ユニコーン二号機「バンシィ」を護衛に、ラプラスの箱の行方を知るユニコーン一号機とバナージ
 そしてミネバを宇宙へ連れ去ろうとするビスト財団。

 ジンネマンのガランシェール隊は、ジオン残党を掻き集めてこれに対抗
 なんとかバナージと一号機を自由にするも
 ミネバを連れ去られてしまう。

 成層圏を飛ぶ航空機、ガルダから宇宙へとミネバの打ち上げを図るビスト財団に
 バナージ、そしてジンネマンは必死に食い下がった。

 だが、箱の開示が「今、なんとか平和を保っている世界」を壊しかねないと知ってしまったリディが
 バイアラン・カスタムと共に“敵”として立ちはだかる。

収録

イメージ 5

 残党軍のリーダー、キャンドル。その叫びを以って彼らの戦争は今度こそ終わった―――。

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダムUC バンデシネ」11巻。
 原作:福井晴敏、漫画:大森倖三、月刊ガンダムエース連載。角川書店発行。
 2014年6月発売。

■黒いユニコーン
 Act6~9

 総扉イラストはブライトキャプテン。オマケページや著者コメントは相変わらずありません。