GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ラブライブ! 2期 ♯10「μ's」

μ'sの原動力って何? 賑やかスクールアイドル、その根本に至る第10話!

イメージ 4

イメージ 14

イメージ 13

※画像右下隅クリックで拡大。

 予選突破をさりげなく描き、支えてくれたみんなへ感謝!
 そして「ライバル」「ファン」色々な視点から、“μ'sを動かすモノって何だろう”と考えた第10話!

 さあ、残すところも後ちょっと!

■ファンとμ'sと
 前回がまさにそうだったように、皆が支えてくれるから頑張れる!
 前回、過剰とさえいわれた演出は着地点の為!

 のみならず、ファンが支えてくれるから頑張れるってのは本作自体にも通じる事ではないでしょうか!

 なーんて思わせて貰いつつ、いよいよ三年の卒業が迫る。
 合格したら、ミューズに入りたい!そんな嬉しいはずの言葉に、絵里が苦い顔をした意味とは?

ツバサ『私たちは、最終予選で全てをぶつけて戦った―――』

イメージ 9

 A-RISEを照らしていたライトが消える、一瞬の演出。すごく切ない。

■原動力
 応援団に支えられ、渾身の“Snow halation”を歌いきってから数日。
 前回覇者A-RISEを倒し、みごと予選を突破したμ'sは
 本戦対策に悩む。

 50チーム近い参加者の中、まず「聴いて貰える」ようキャッチフレーズを考えるμ's一同。

 それは、いわば「自分達をひとことに言い換える」という事。
 A-RISEのツバサの言葉も受け、大いに悩む。

 思えば最終予選のように、μ'sはずっとファンに支えられてきた。
 そして自分達の歌も、彼女達ファンを元気付け、一緒に進めているのだという事に気付く。

 自分達は「みんなで叶える物語」なのだと応え、μ'sはまた一歩、ラブライブ優勝へと進む―――

 次回、♯11「私たちが決めたこと」

海未『―――やっぱり、今年も最後まで、穂乃果は穂乃果でしたねぇ』

イメージ 2

 ぐーたら過ぎ!

■激闘終わってあけまして
 Snow halationを歌いきった前回から一転、あの穂乃果はどこへ行ってしまったのか!
 安心のぐーたら穂乃果に始まり、みんなで初詣に赴くμ's。

 きっと、来年も穂乃果ちゃんは穂乃果ちゃんだと思うよ?

 まったくもってそれ以外が想像できない。さすが穂乃果さんと言えましょう。多分。

真姫『わ、私は普通の格好で良いって言ったのに、ママが着ていきなさいって…』

イメージ 22

イメージ 3

 真姫ちゃんのみ、振袖姿で登場。前回のカツサンドといい、ママさん良い仕事しすぎ。
 が、いつもの神社へ登っていく途中で―――。

ツバサ『―――ねえ』

イメージ 1

 偶然出会ったのは、同じ秋葉原地区のスクールアイドルA-RISE。
 かるく張り詰めた雰囲気で沈黙し、一行は別れる。
 が、別れ際にツバサは激励

 ―――ねえ、優勝しなさいよ、ラブライブ!

 この瞬間、視聴者は納得する。
 穂乃果たちμ'sは、あのラブライブ地区予選に勝利していたのだ、と――――!!

花陽『――――でも、もう三ヶ月も無いんだよね、三年生…』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

 和風ユニット。そういうのもあるのか!

■期限付きのμ's
 最終予選への思いを新たに、初詣するμ's一行。
 バイト中の三年生メンバーとも合流。
 巫女さんモード!

 巫女さん姿の三年生から、可愛さが溢れているものの、それでも少し寂しい。じきに三年は卒業なのだ。

希『やっぱり、一度みんなと話した方が良いんやないかな。これからの事』

イメージ 7

 また、絵里の妹さんが音ノ木坂学院に合格したら、自分もミューズに入る」と嬉しい後輩宣言!
 なのだが、当の絵里ちの表情は冴えない。

 希が言うに、三年生トリオは「これからの事」になにやら腹案があるようなのだが……?

絵里『全部で50近くのグループが、一曲ずつ歌うのよ?』

イメージ 8

 すごく柔軟体操。

■キャッチフレーズ!
 ラブライブ本戦、その過酷さは予選また大きく違うもの!!
 なんせ全国各地から50近くのチームが参加、つまり、歌を聴いてすら貰えないケースもありうるのだ!!

 生ライブ方式ならまだしも、放映・配信だからこそ「好きなチームだけ聴く」という人は多い。

 だからこそ、事前周知が重要となる。
 そして、その鍵となるのが「チームのキャッチフレーズ」というスンポーなのだ! が!!

ツバサ『μ'sを支えている想い、原動力って、何なの?』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 たった一言で自分達を言い表し、かつ周囲を引き付けられる言葉。
 悩む穂乃果の前に、A-RISEのツバサが現れ、彼女の言葉もまた穂乃果へのヒントとなる。

 自分達が負けるだろうというのは、開票前にも、A-RISEにも解っていた。
 けれど、その感覚がどこから来たのか?

 それがツバサ自身にも解らなかったのだという。

雪穂『ただ、応援しなきゃ、って気分には不思議となるんだよね♪』

イメージ 12

 同じく、ずっとμ'sを応援している妹の雪穂もまた「μ'sは見ててハラハラする」と苦言を呈しつつ
 でも「身内とか抜きで、何故か応援したくなる」と言葉にする。

 何故μ'sを応援したくなってしまう。

 思えば不思議とμ'sに肩入れしていたツバサ、ずっと応援してきた雪穂。二人とも答えは出せなかった。

穂乃果『―――考えてみたら、学校のみんなに、何のお礼もしてないなぁって』

イメージ 14

イメージ 13

イメージ 15

イメージ 16

 米に定評のある花陽。

■モチライブ!
 と、急に「大事なこと忘れてたよ!」といつものように慌てだす穂乃果。
 前回の大騒動での、お礼をし忘れていたのだと。

 和菓子屋の穂乃果は、そのノウハウと正月らしさを活かし、つきたてのお餅を提供っ!!

 精一杯に餅をつき、感謝の気持ちをみんなに伝える……。
 なんだこの楽しそうな催し!

 つきたて! その格別な味わいをみんなで共有し、音ノ木坂学院メンバーはまた結束を深めるのだった―――

穂乃果『それがスクールアイドル、それがμ'sなんだよっ!!』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

 やがて、再びいつもの神社に向かって特訓を再開したμ'sメンバーは、たくさん奉納された絵馬に気付く。
 たくさん描かれ、託された、μ'sへの応援に気付く。

 一生懸命頑張って、それをみんなが応援してくれて、一緒に成長していける。それがすべてなんだよ!
 みんなが同じ気持ちで頑張って、前に進んで、少しずつ夢を叶えていく。

?b>それがスクールアイドル、それがμ'sなんだよ!

みんなで叶える物語

イメージ 20

 良いところもダメなところも見えて、ついつい応援したくなる頑張りが見えて、応援したくなって!
 μ'sも「応援してもらってる」のが伝わるから
 だから一緒に前に進む!

 みんなで叶える物語。

 自分達の原動力を再確認し、μ'sは念願のラブライブ本戦へと駒を進める――――!!

次回、μ'sの選択。本戦出場を決め、彼女たちが“決めた事”とは?

イメージ 1

イメージ 10

イメージ 6

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 21

 エンディングは穂乃果さん単独ヴァージョン。残す「羽根掴み」も、あの少女のみ―――。

■原点
 事ここに来て、再び「戦う理由」を見つめなおした第10話。
 サブタイトルもなるほど納得。

 解らない、だから聞きにきたというツバサさんが印象的でしたね。
 出番こそ決して多くないものの、堂々と渡り合い、最後までその存在がμ'sの力となってくれる。
 良いライバルでした。

 怒涛のモチパーティーも愉快でしたが!

 入学してからの時間が絆を作り、本来の動機だった廃校騒ぎが一段落した今、改めて「戦う理由」を描く!
 これもまた良いテーマでしたけれども、次回もまた気になる。
 果たして、何を?

 次回、♯11「私たちが決めたこと」