GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

健全ロボダイミダラー 第10話 感想 [2014春アニメ]

スタッフは正気か!? 急展開に次ぐ急展開、又吉司令、まっこと最低な第10話!

イメージ 10

イメージ 1

イメージ 11

 けっこうけっこう! あのリカンツ・シーベリーを始末できるのなら、たかが町の一つや二つ、安いものだッ!!

■第10話「発動!ヨーゼフのシンボル」
 まさか、本当にシンボルが鍵になるとは思わなんだ!!
 逆転に次ぐ逆転から、急転に次ぐ急転! 完全に正悪逆転しちゃった又吉指令の明日はどっちだ!!

 ショーマ君、まさかのペンギン化!!

 心が千々に乱れ狂乱する霧子、これを討つは、愛と正義とペンギンの、必殺烈風ペンギン突き!!

楚南恭子『―――射出してください。弐型の左腕を!!』

イメージ 13

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 かつてのリッツの如く暴走、危うく町を破壊しかける霧子だったが、リッツに討たれて気を失う。
 かくして、町は救われハッピーエンドかと思われたが……。

 霧子の膨大な粒子にアテられ、なんと次元をブチ破ってダイミダラー弐型が再臨!!

 真玉橋孝一復活で次回に続く!!

そしてこの次回サブタイである

イメージ 19

 だが次回、なんとあの皇帝がセクハラ!? 話題をかっさらいつつ次回に続く!!
 なんとも勢いのある話であった。

 というか、色々あったのに次回のサブタイで全部フッ飛んだ気がするよ!! さすが皇帝!!

ヨーゼフ『安心したまえ! 私が必ず、この機体をエヴォルトさせる!』

イメージ 20

 前回ラスト、大見得をきって登場した「南極八号リッツカスタム」ですが
 ダメージを受けすぎ、変身機能を失っていました。

 なんという本末転倒!

 ですが、ヨーゼフのシンボルを「ペンギン線のアンテナ」にする事で、変身に成功―――!

ヨーゼフ『私の前シッポの回復に協力を頼む』

イメージ 2

 なお、色々あって「萎えていた」ヨーゼフをギンギン!にする為、リッツにエロい事をする場面も。
 どっちがダイミダラーなんだか判らねえな!

司令『何というスピードとパワーだ!!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 8

 cv子安に「スピードとパワーだ」と言わせるスタイル。ジョジョ三部的な意味で。

ゲッターロボ
 どっかで見たような変形を果たした超南極は、やはり六型霧子を圧倒。
 さすがペンギンたちの愛と努力が詰まった機体だ!

 が、ここからが超展開だった!!

『この光、ハイエロ粒子反応です!』『そんな、ファクターでもない人間から!?』

イメージ 5

 危機に陥ったショーマ君から、なんとHi-ERO粒子が大量発生!!
 なるほど、ショーマ君もファクターだったのか!

 これなら逆転できるな、なんて視聴者が思ったのも束の間――――

ペンギン『―――オイラがショーマだよォ♪』

イメージ 6

 なんとそのまま、ショーマ君がペンギンコマンドになる事案が発生。
 アレか、いつかの逆パターンか!?

 いつか「粒子を浴びたペンギンが人間になった」のと逆に、粒子を帯びたショーマ君がペンギンに!!

 その思考!発想!!
 人間だった頃の記憶はキレイサッパリ消え去り、あっさり帝国にとらばーゆを決めてしまう!!

リッツ『―――何なの!? Hi-ERO粒子フルバースト、いや、それ以上の!?』

又吉司令『独りだからだ!!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 1

 いいだろう喜友名霧子! 怒れ、もっと輝け! その輝きで、ペンギン共を焼き尽くしてやれ―――!!

■霧子、狂乱
 そういえば元々そうでした。
 元はといえば、彼女はHi-ERO粒子を制御できず、その制御を目的にショーマ君に近付いた少女だった!

 ショーマ君を失い激情が溢れ、ダブルでリミッターを失った霧子は狂乱!

 エネルギーを溢れさせ
 触れなば砕ける、歩くHi-ERO粒子爆弾となり、あわや町ごと爆裂死する寸前まで行ったのですが―――

予告『そのふくらみこそが、人類の夢、明日への希望!!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 7

イメージ 8

 アイキャッチのおっぴろげより、ワイシャツ一枚の楚南恭子の方が色気があると思うんだ。

■真玉橋孝一・復活!!
 あわや大惨事となりかけましたが、ペンギン帝国一丸、魂の正拳突きが道を切開く!!
 ちゃんと、霧子の生死も気にかけてたり帝国のゲージが上がりすぎ!

 超展開づくしでしたが、ペンギンと人間の変身など、今までの展開を踏まえていたのは結構スゴい!

 ダイミダラー敗北は想定内でしたが
 もう今回、色々怒涛の展開すぎてめまいがしてきますね。いや良い意味で。

 次回、第11話「動転!皇帝のセクハラ」。