GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

シドニアの騎士 ♯9「眼差」

谷風ナガテ、魅入られたように「英雄」へ歩む。紅スズメの真意とは?

イメージ 13

イメージ 17

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 苦闘も落着、勢威元指令補と最強タッグを組んだナガテは、一歩一歩“シドニアの騎士”へと歩む!
 ダイジェストでしたが、一枚一枚、仲間が増えてゆく姿が快い!
 短いながら良い演出でしたね。

 そして、合間合間に「隔壁」を越えて、エナ星白と距離を近づけてゆくナガテなのですが………。

■眼差しの意味
 ラストでサブタイを回収、引き付けられる構成だった!
 明らかに知性を持ち、こちらの様子を窺っている紅スズメも恐ろしい。

 〆はまるでホラー!

 次回はちょっとした箸休めがあるようですが
 落合の研究や、カビザシを狙い、知性とも本能ともつかぬ動きを見せるガウナも気になりますね。

田寛ヌミ『―――貴方は?』

イメージ 4

 ヌミさんを前に、ふくれっつらのイザナさん。スゲェ顔!

■星白ガウナの眼差
 パイロットの「星白閑ごと」コピーされた驚異のガウナ、紅スズメ撃退事件からしばらく。
 その一体から回収された、星白型胞衣<エナ>の研究は続く。

 人を模し、知性の片鱗を見せるエナ星白を前に、本物の彼女を失った谷風ナガテは惑う。

 その最中もガウナの侵攻は止まらず
 果てしない迎撃戦の中、ナガテは一歩一歩“シドニアの騎士”としての名声を高めていった。

 やがて研究員・田寛ヌミは「エナ星白が、常にカビザシを感知している」事実に気付く。
 一方、エナ星白の上位個体である“紅スズメ”もまた
 星白と同じ顔でカビザシを見つめていた。

 次回、♯10「決意」

100年前の科戸瀬ユレ『―――この子達は、光合成するんです!』

イメージ 2

 どうみても(可愛い)姉妹。

■科戸瀬ユレの功罪
 100年前の戦争、たった2体のガウナに食い尽くされ、シドニアは滅びに瀕していた。
 科戸瀬イザナの祖母ユレは、その危機を救った英雄だったという。

 光合成できる「手間の掛からない人類」を生み出し、彼女はシドニアの人口回復に途方もない寄与をした。

 遺伝子操作の権威となった彼女は
 やがて英雄・斉藤ヒロキのクローンの調整を命じられ「不老不死の操縦士」ナガテをも生み出している。

 かつてナガテを培養した装置を見つめ、ついつい電話をかけてしまうユレ博士が可愛い。

田寛『テストよ。“アレ”に人間のような知性があるかどうかの』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 胸、揺れすぎ! ちくしょう無重力だからって!!

■エナ星白
 所変わってシドニア外殻、無重力の隔離エリアでは「胞衣<エナ>」で出来たイキモノ
 エナ星白の調査が行われていた。

 ナガテの名を呼ぶ「ソレ」に、研究員・田寛ユミは彼を呼び出す。

 彼を目にしたエナは反応を示したものの、ぎょろりと目線を向け、いきなり触手を伸ばしてきた!!

サマリ『―――ガウナには、人間のような知性は無いと考えられてきた』

イメージ 6

 三枚目キャラな弦打さん、cv鳥海浩輔氏のイケメンボイスがハマりすぎてて笑えます。

■ベテランの視線
 あやうく死にかけたナガテに詫びつつ、居酒屋で一服する一行。
 そこに、ベテラン操縦士「サマリ班」が登場。

 衛人型ガウナの人間めいた戦術に、彼女らも思うところがある様子。

 また、四天王・青山に一撃で敗北した弦打氏
 実はヘイグス粒子砲使いと判明するも、あんま使いすぎるなと釘を刺されまくるファンサービス。
 美味しい人である。

 しかし、お品書きが重力重力重力って……。あと「ガウナ型ロールキャベツ」って美味しいのソレ!?

海蘊『お言いつけ通り、手を回しました。特例の休暇申請にしてあります……』

岐神『―――操縦士に、未練は無い』

イメージ 7

イメージ 8

 海苔夫は夢だった操縦士を諦めた模様。従者は、一応「いつでも復帰できるよう」図ったようですが……。

■岐神家と「落合」と
 きっぱり操縦士を諦めた岐神の家に、なぜか艦長・ユレ博士・落合@cv子安が来訪。
 どうも、先週語られた「下ろしの儀」であるようだ。

 100年前、オリジナル落合に削除されたシドニア本来の膨大なデータベース。
 そのバックアップである「落合の補助脳」。

 それを参照するには、落合当人の脳を覚醒、彼の脳を「生きた鍵」にしなければならない!!

海蘊『大きな力を得ようとして失敗し、シドニアを滅ぼしかけたとか』

イメージ 9

 封じられていた落合本来の人格は、もう楽にして欲しいと訴えるも、小林艦長はそれを無視。
 強制的にデータを引き出し、再び封印処置を施します。

 が、オリジナル落合は「俺を必要とする時が来るぞ」と言い残す――――

■切り札
 彼の研究が惨劇の原因だそうですが
 どうも「自分を目覚めさせ、あの研究を完成させる必要がある」と、訴えていたような様子。

 しかし一連の落合、CGの平坦な顔にしっかりとした表情があった! 凄いな!!

『司令部は、希望者の惑星セブンへの入植を許可―――』

イメージ 12

 この時、落合から「惑星の地球化技術」を引き出し、移民船団に譲渡。
 10万人の移民は途中下車を決めました。

 彼らいわく、カビザシがあるからシドニアは狙われるのだ、と言いますが……。

 ただ1000年前に地球が滅ぼされ
 その後、600年前にカビザシを入手し、ようやく対抗できるようになったはず。

 ただ、今回の話や「ナガテ星白遭難事件」の発端を見るに、カビザシを狙ってるのも確かっぽいですね。

ナガテ『―――どうして継衛にカビザシが!?』

勢威『お前が槍手、ってコトだ』

イメージ 13

イメージ 1

イメージ 14

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

イメージ 15

 合間合間に「隔壁」が上がり、前へと進む演出が良かった!

■壁を越えて
 新たなガウナの襲来に際し、ナガテは「カビザシの使い手」に任じられる。
 紅スズメとの交戦、これが大きく評価されたのか。

 元指令補・勢威が自ら下に付き、今、シドニアの新最強チームが誕生した!!

 そのアシストで、のびのびと自身のポテンシャルを活かしたナガテは次々と戦果をあげてゆき
 イザナも正規に昇格、一人、また一人と仲間が集まっていった。

 同じく「エナ星白」の隔壁も徐々に解除され、一歩一歩、ナガテは“彼女”へと近付いてゆく。

『良くないですね、このままじゃ。谷風さん、あのエナに夢中じゃないですか!』

イメージ 16

 だが! エナ星白という異形にナガテが魅了されているのは、確かにおかしな事態でもある。
 乙女・緑川、半分乙女・イザナ
 ここにタッグを結成!

 せめて外星研に行ってない時、エナ星白と会ってない時に気分転換させようとするのだが―――。

 男として!と釘を刺す緑川
 司令補の権限でなんとかならないの!と立場を絡めるイザナ、乙女の戦いは始まったばかり……。

岐神『来るなぁぁぁぁぁぁ!!』

イメージ 22

 一方、海苔夫は本格的にうなされつつあった。

 元々「爆破タイミングをズラし、谷風に恥をかかせてやろう」程度だったはずが
 そのまま、呆然としたナガテが死に瀕したのを見捨て
 身代わりとなって星白が戦死。

 その重荷を全てナガテに押し付け冷静さを取り戻そうとするも、まさかの星白閑・復活ッ!!!

 そりゃ、うなされますよな。
 どうも落合の一件から良からぬ事を考えてそうですが、果たして海苔夫の行方は。

ナガテ『エナと、元の人間との違いは何ですか……?』

イメージ 17

イメージ 18

 同じく星白の死が影を落とすナガテはと言えば、ますますエナ星白へと深入りしてゆく。

 もし、エナが星白を完全に再現したならば、それは当人とどう違うのか。
 と哲学的な質問を投げかけてみたり―――

 エナ星白もまた、よりハッキリと「谷風ナガテ」を意識した行動を取り始める。cv洲崎綾さん超・好演。

緑川『―――気分転換が必要だと思うんですよね♪』

イザナ『気分転換が必要だと思うんだ』

イメージ 19

 深入りするナガテに、エナは、あくまで「人間を模した肉」に過ぎないと田寛は釘を刺す。
 ナガテも、それは理解しているのだが――――

 物憂げなナガテは、上の空で緑川・イザナの二人と遊ぶ約束をしてしまうのだった。

 まあなんてこと!
 修羅場じゃ! 修羅場の波動を感じる!!

田寛『やっぱり! いつも同じ方向を見てる……!!』

イメージ 20

イメージ 21

 紅スズメの内部、無表情な「ガウナ星白」がまた怖い。

■SFホラー!
 ナガテが修羅場に踏み入っていた頃、田寛ヌミ研究員は法則を発見。
 エナ星白の眼差は、常にカビザシに向いていたのだ。

 一方、ガウナでありながら「戦力を小出しにし、シドニアへの侵攻タイミングを図っている」としか思えぬ
 ガウナ星白こと紅スズメ。

 その眼差もまた、本能の如き無感情のまま、ただカビザシ保管庫だけを見つめていた―――。

次回、ナガテは険しい眼差しを向ける。その矛先とは?

イメージ 2

イメージ 4

イメージ 9

イメージ 18

イメージ 15

イメージ 10

イメージ 11

 弦打さんの扱いが泣ける。

■魅入られた英雄
 600年生きた英雄的操縦士「斉藤ヒロキ」の薫陶を受け
 老いた彼の記録を抜き去り、もはや訓練装置では図りきれぬ程の操縦技量に達していたナガテ。

 その技量が、教官兼指令補だった勢威氏とのタッグで花開く!

 英雄譚とも呼ぶべき物語の傍ら、着実に「星白型エナ」に魅入られてゆくナガテが心配………。
 常にカビザシを見つめ、その本質はガウナのままだと窺えるエナ星白。

 悪夢にうなされる岐神や、「罪人・落合」という人類側の要素
 そして脅威の「紅スズメ」と不安要素満載!

 はやアニメもクライマックスですが、果たしてどんな山場が描かれてゆくのでしょうか。
 次回、♯10「決意」


■原作漫画感想
 シドニアの騎士 1巻(弐瓶勉)※アニメ♯1~3話冒頭まで。
 シドニアの騎士 2巻(弐瓶勉)※アニメ♯3~7話まで。