GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

BF-1 ドラゴンボーン、プラモ完成!

バンドを組んだぜ! 1000円ポッキリの「ボーンファイター」第一弾!

イメージ 3

イメージ 1

 パーツ数を最小限に抑え、パーツの手もぎ、多色成型など様々な組み易さを仕込んだ「入門向け」プラモ。

■BF-1ドラゴンボーン
 2014年6月発売/完全新規金型キット。
 バトルシーンをCGで描く、変身ヒーローバトルアニメ「マジンボーン」の主役ボーン!!

 意思を持つ鎧「ボーン」と共鳴、その力を引き出し地球を守る!

 主役級の三体からキット化開始しましたが、バンダイの技術を活かした面白いシリーズとなっています。

肘、膝の二重関節、胸・腹・腰の三ブロックなど、可動面が良好

イメージ 6

 スタンドと接続する3mm穴は、背中辺りに存在します。

■変身ヒーロー!
 軟質樹脂製と球状ポリを併用するシリーズ共通骨格に、それぞれの外装「ボーン」を装着。
 ロボットではなくヒーロー。

 人型に再現しているだけに、可動範囲はガンプラよりも広いカンジ。
※フレーム状態での記事はこちら。

 代わりに、武器類は持たず徒手空拳で戦う為、その点で見栄えの物足りなさはあるかもしれません。

基本の色分けは十分。ただ、多くの部分でシールに頼ります

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 10

イメージ 2

 バイザーは、青いホイルシールを貼り、その上から無色クリアを被せて再現。カッコイイです!

■はりにくい!
 シール量が多い上に曲面が多く、ちょっと辛いのは確か。
 ただ色分けを増やすと、当然パーツ数が増え、組み立ても価格も敷居が上がってしまいます。

 痛し痒しですねえ。

オプション部品

イメージ 7

 踏みつける格好で、底面積を増やし、ポージングを安定させるエフェクト付き。
 また、球状ポリキャップのPC-7が2個余ります。

 ボーンにより靴の形が違うので、エフェクトも合わせて専用になっています。

1/144ガンプラより頭半分くらい大きいサイズ

イメージ 11

 変身ヒーローを、低価格でキット化する、そういう試験的な意味合いもあるのでしょうか?
 技術的に手ごたえがあった場合、ライダーや戦隊への転用も?

 バンダイが今なにより怖いのは「購入層の先細り」でしょうから、可能性はあると思います。

※完成品トイに影響が出るでしょうから、簡単ではないでしょうけれど。
 隣はサイズ比較用、HGUCジョニーライデン専用ザクⅡR-2型。

翔悟『誰一人欠けちゃならない! 俺にとって大切なもの、それは…!』

イメージ 9

イメージ 1

イメージ 8

 とにかく、可動範囲と体型の良さで、ポーズがビシバシ決まるのは良いですね!
 パーツ数を抑えつつ、これだけ出来るのか!

 ただ、もちろん「肉抜き穴」も多くなっています。

 スタンドを「背中」で固定できるのも、見栄えの良いポーズが決まって良いカンジ!
※撮影には、魂STAGEを利用。

 ネックは動かす時に装甲が外れてしまうケースで、接着してしまうのもアリかと。
 後、組み立ての際は、手足を別々に作っていったほうが
 シールが貼りやすいと思います。

バンドを組んだぜ!

イメージ 12

 劇中では、主人公である竜神翔悟と突然適合、彼を戦いに放り込んだ「意思を持つ鎧」。

 このキットのみで終わらせようと思っていたのですが
 意外に面白みのあるキットな上、組み立てやすいのでシャークとレオも追加購入しました。

 せっかくなのでバンドを組ませたいですが、楽器を保持させられ無いのがネック。うーん残念。

ランナーから見る「新形態」

 ランナーを見ると、ドラゴン専用のランナーに複数の切り替えスイッチがありました。
 これはシャークとレオも同様。

 彼らの「新形態」をキット化する予定があるようですね。