GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

マジンボーン、第10話 感想 [2014春アニメ]

男子、三日会わざれば刮目して見よ! ドラゴンボーン、圧倒の第10話!

イメージ 12

イメージ 15

イメージ 20

 敗北続きのギルバート、哀愁の背中。頑張って欲しいところ。

■第10話「守りたい日常」
 戦う覚悟を固めなおした翔悟、ドラゴンとの共鳴が一際強まる!
 深夜でいうなら、もう一クール目も終わりという時期
 次回、幹部ダークホースとの決戦か!!

 隙あらば甘いモノ食ってるルークさんに散々笑わされましたが
 ドラゴンは特殊ボーン扱いにせよ、ルークさん以下、ベテラン勢にも強化が欲しいですね。

 しかし早穂ちゃん。世話焼き女房というか、ホント翔悟の心配してばっかり! 良い子すぎますわ。

翔悟『土産だよ、オーストラリアの………』

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

 率先して饅頭食ってるルークさん。

■帰って来た日常
 炎の魔神召喚によるデメリット、ドラゴンの石化を癒やす旅はようやく終わった。
 翔悟、そしてルーク以下ボーンチームは翔悟の家で憩う。

 って家族かお前ら!?

 相変わらず早穂ちゃんは疑ってかかってますが
 一方、厳しい経験を経た翔悟君は、少しだけ精神的に成長したようです。男の子だねえ。

ルーク『―――ところで翔悟。お茶はまだかい?』

イメージ 4

 シリアスな顔で何言ってんだこのヒト!

ギル『手ごわい相手だと言うのに、みんな、暢気すぎませんかッ!』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 特にルークさんがな!

■天才少年の焦り
 戦う覚悟を固めた翔悟、気持ちを整理しきれぬ早穂、そして焦るギルバート。
 今週はトリプル主人公ってカンジでしたね。

 前回、裏切りのボーンファイター二人に完全敗北したギルは
 自身の力不足に悩み、周囲に怒りをぶつけます。

 自分はこんなに焦っているのに、周りはまったく緊張感が無い! そんな想いってありますよね。

ダークホース『独りで来るか? 独りで地球を守るか……!?』

翔悟『いや―――、そんなデッカイもんは俺の手には負えないよ』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 15

 翔悟、強すぎィ!?

■日常を守る覚悟!
 が、のんびりしているようで翔悟も自分と戦っていた。
 ドラゴンと適合できる自分が、このドラゴンと地球を守らねばならないという覚悟。
 その上で、今の日常を壊さないという覚悟!

 正体を隠し日常を維持し、日常を守り続ける!

 姿を消して戦いに専念すれば
 それは周囲からみれば、“彼らの日常から、翔悟が欠けてしまう”ということなのだ。

 その覚悟がドラゴンとの適合を引き上げたのか、通常ダークボーンでは歯が立たぬレベルに進化していた!

『一撃でボーンクラッシュさせた!?』『ここまで力を増しているのか!』

イメージ 14

 どんくらい強いかと言えば、とび蹴り一発でボーンクラッシュできるレベル!
 裏拳でフッ飛ばした奴は無事だった模様。

 また、今回は「中の人」は居なかったようです。中に人なんていませんよ……。

アントニオ『―――オイラには、そんな日常なかったなぁ…』

イメージ 18

 また今回、チラッとアントニオの過去が。荒みきったストレートチルドレンだったようです。
 彼を改心させたルークさんって、ホント何者なんだ……。

予告『な、なんだ!? コクーンが潰れる……!?』

イメージ 1

イメージ 12

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 19

イメージ 20

 ギル君がお金を払うシーン、お姉さんが妙に可愛かった。作画的な意味で。

■ダークホース、出馬!!
 ドラゴンとの適合が上がったのか、翔悟の力が爆発した第10話!
 わざわざ敵が狙うドラゴン、その潜在的パワーは、想像を絶すると考えれ良いのか。

 これに対抗すべく、遂に敵幹部ダークホースがマントを脱ぐ!

 ただ、コクーンってのは、敵を吸引するあの戦闘フィールドの事でしょうか?
 それが潰れた場合、敵が野放しになるって事……?
 よく解らないのが楽しみ。

 次回、第11話「始まりの魔神」