GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

LBX イフリート HF版、完成!

クリア・エフェクトパーツが付属する「炎のモンスター」! 上位キット版

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 1

 トサカ含め、頭頂高は15cm程度とHGガンプラと大差ないサイズですが、尻尾のボリュームがすごい!
 エフェクトフル装備により、炎のモンスターと化します!

■HF-4 LBX イフリート
 キットに機体解説はありませんが、とある重要なキャラの操るボス・ユニット!
 ダンボール戦機第一期において活躍したLBX(ロボット)です。

 縮尺は1/1、劇中そのままの大きさと言う体裁。

 上位キット「ハイパーファンクション」第4弾として、2013年12月、ほぼ完全新規のキットで発売。

ほぼ、と言ったのは「骨格が共通」という仕様から

イメージ 2

 劇中設定でもそうらしいですが、骨格「コアスケルトン」の外観は基本共通。
 ただ、本キットでは肩回りが一回り大きいです。
 モンスターなので。

 換装の際は、スリッパにあたるパーツを交換。
 握り手もクリア素材に交換

 その後、全身に装甲を装着すると上のような「イフリート」となります。

炎の噴出をイメージした、硬質&軟質クリア素材エフェクトが多彩に付属

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 15

 上がエフェクト、真ん中はオマケパーツ、一番下は余り部品。

■オプション部品
 口部、腕部、肩部と背部の炎エフェクトパーツ。
 通常の握り手(武器持ち可能)
 クリア握り手
 クリア開き手

 コアスケルトン用脚部、外装取り外し用のセパレーター(二枚目の右下)。

通常手首もついてくるので、武器保持も可能

イメージ 13

 コアスケルトン時に使う通常手首は、ポリをプラパーツで覆うタイプ。
 通常のLBX用武器、HGガンプラの武器も保持可能。

 画像ではHGビルドファイターズ、ウイングフェニーチェのバスターライフルを持たせています。

腕部の「炎」エフェクトは、拳に装着する格好

イメージ 8

 クリア版の握り手に、まず紫クリアパーツを被せます。

しかる後、オレンジクリア二枚、赤クリア一枚を被せると

イメージ 9

 炎噴出ナックル状態! 口部の発火エフェクトも装着させています。
 また、握り手自体は共通規格なので

HFシリーズ同士なら、エフェクトの流用装着が可能

イメージ 14

 燃える男のアキレス・ディード! マッチョ!!

左右の肩部、背部噴出孔にも炎エフェクトを装着

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 1

 エフェクト全装着するとこのボリューム!!

■炎のモンスター
 昨年末にキット化された、ダンボール戦機シリーズ上位キット「ハイパーファンクション」第四弾。
 武器類を持たないタイプですが、代わりとばかりにエフェクトが充実!
 一度、箱からランナーを出すとうまく戻せないレベル。

 シッポも三ブロック+先端の計四つで構成。
 前後幅がすごいことになってます。

 そのシッポの重さで取り回しが悪いことや、エフェクトが硬質プラ=磨り減りやすいのがネックでしょうか。

 あとやっぱりこのシリーズ、機体解説が欲しいですね。
 ガンプラMGでも縮小気味ですけれども。