GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

マジンボーン プラモのフレーム、なかなかの可動範囲。

 4月から放映中の変身ヒーロー・アニメのキット。定価1000円バンダイ製。

軟質のプラ素材と、ボール状ポリキャップの組み合わせ。まさに「スーツ」!

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 1

 完成すると、白を基調にした主役ファイター「ドラゴンボーン」となりますが
 とりあえず骨格が完成。
 なかなか。

■共通骨格
 このフレーム部分は、本シリーズ共通らしき「ボーンファイター」ランナーで構成。
 関節素材にもなる、ちょっと柔らかいプラスチックで成型。
 要所をボール状ポリでカバー。

 転倒防止の為、「靴」だけ先にハメていますが、ご覧の通りなかなかの可動範囲。面白いじゃないか!

ポーズを安定させる、エフェクト状の台座も付属

イメージ 9

 三枚目の画像で使用しているのは、立ちポーズを補佐するクリアエフェクト。一個付属しています。
 ゴーグルと同じランナーの為か、無色クリアで成型。

 オマケみたいなもんですね。

定価1000円のキットながら、なかなかの可動とスタイル

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 1

イメージ 7

イメージ 8

 1/144ガンプラと同程度のサイズ、ランナー2枚半とシンプル、組み立てやすさ重視の構成。
 ながら、少ないパーツ数で広い可動を実現。

 実際は装甲が干渉し、コレより可動範囲が狭くなってしまうと思います。
 しかし、各部の基部はボールジョイントですし
 モモも回転、足首可動などなど。

 胴体も、胸・腹・腰の三ブロックを、ボールポリキャップでつなぐ方式。

クセモノは「ランナーロック方式」?

イメージ 2

 面白いのは確かですよ?

■久々の
 ただ組み立てやすさを追求するあまり、ランナーを二枚張り合わせるランナーロックを採用。
 詳しくは、本キットのランナー写真記事で写真付きで解説。

 なんですが、おかげで「綺麗にパーツを切り離そう」と思うと面倒。
 一長一短ですかね。

説明書通り組み立てた場合、シールがすごく貼りにくいです!

イメージ 10

 本作の売り、共通骨格から先に組み立てよう!という指示になっていますが
 するってえとシールが貼りにくいです。

 四肢別々に完成させて、最後に組み合わせたほうがラクだと思いました。

 しっかし。
 シンプルなパーツ構成でバッチリの可動、低価格、さすがバンダイですねえ。