GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ドラゴンボーン プラモ版 ランナー構成

マジンボーン第1弾! 共通フレーム、一部ランナーロックによる簡単組み立て!

イメージ 1

イメージ 5

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 バンダイが手がける、新しい低年齢層向けプラキット「マジンボーン」シリーズの第一弾!
 二番目の画像は公式の塗装サンプルです。

■BF-01 ドラゴンボーン
 共通骨格用ランナーが1枚に、ドラゴンの外装を作る一枚半のランナー
 シール、丸ポリキャップ(PC-7)のシンプルな構成。

 パーツはランナーから手で外せる、タッチゲート方式。
 組み立て簡単なヤツです。

■謎多きボーン
 ドラゴンは、主人公・竜神翔悟が意志を持つ鎧「ドラゴンボーン」を着装した姿。
 炎を帯びた空手を操り、敵を薙ぎ倒す!

 このドラゴンに見込まれたのが物語の出発ですが、特異なボーンでもある模様。

骨格は別パーツ化されており、ランナーロックによる組み立て

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 3

 本シリーズ最大の特徴がコレ。ランナーごとパチリと張り合わせ、組立工程を簡略化しています。
 そうやって組んだフレームは各キット共通。

 さらに別途組み立てた外装を装着!
 この仕様により、ボーン同士でのパーツ交換という遊びも提案。

 このフレームは、軟質のプラスチックで成型。ここ最近のガンプラでも関節に使われているアレですね。

ドラゴンの専用外装は、何故かランナー切り替えスイッチも多数

イメージ 2

イメージ 4

 色プラのA,白のB、Cがドラゴン専用ランナー。丸ポリキャップのPC-7併用。
 シールはやはり多いですね。

■ランナースイッチ
 顔など、印象を大きく変えるパーツを中心に「除外する」スイッチ多数。
 新形態が予定されているのかもしれません。

 当初は購入を見送る予定でしたが、やっぱり新作シリーズは気になりますよね!

 とか言いつつシャークとレオも追加発注してしまいました。
 バンドを組まなきゃ!

 組み立ては簡単そうですし、ちょいとワクワクしますね!