GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

マジンボーン、第9話 感想 [2014春アニメ]

【悲報】レナード博士置き去り。タイガーとウルフ、二体の「敵」の正体が発覚!

イメージ 8

イメージ 11

イメージ 1

 青が残虐なウルフ、オレンジがクールなタイガー・ボーン。

■第9話「激しい共鳴」
 ウルフ、タイガーは敵に寝返った地球人。
 共にこちらに似ているのは、地球系ボーンの証ということなのかもしれません。

 ちなみにタイガーはcv石田影!

 闇馬とパイロンとアントニオを差し置き、既に「6月キット化」も決定済み! 当面のライバル枠なのか。
 二人がかりでボッコボコにする様は、大人気なくも強敵だった!

ウルフ『ライノボーン! データの通り頑丈だなッ!!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 一方、レナードさんは新鮮なデータにワクワクしていた。この研究バカ!

■八方塞がり
 敵ボーン二体に対し、ベテランボーン組は4対2を以ってしても劣勢を強いられる。
 このまま戦闘フィールドが時間切れを迎えれば
 ドラゴンも奪われるだろう……。

 毎度と言えばそうですが、ベテラン勢、ピリッとしません!

 敵が強すぎるのが悪いのですが、あっという間に追い込まれ、勝機が全く見えない状況に。

翔悟『着装します……、ドラゴンを返してください』

イメージ 6

イメージ 7

 この苦境に、サブタイトル通りの「激しい共鳴」が発生。

 追い込まれた仲間を救う為に、血が滲むほどボールを殴る翔悟!!

 仲間を守りたい、強く願う翔悟と共鳴したドラゴンは
 自らの傷を急速修復してしまいます。

 ドラゴンに隠された秘密は未だ見えませんが、その破格の性能は「敵の目標」なのも頷けるもの。

『薄々感づいているんだろう? 俺たちは、お前たちと同じ、人間だ……!』

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 コンビネーションアタック! 大人気ないなウルフ&タイガー!!

■「僕たちは一人じゃない、でしょ?」
 が、乱入したものの二人にボッコボコにされる翔悟であった……。
 性能までは上がってない模様。

 特に、クローで攻めてくるタイガーボーンは中々の見栄え!

 彼らは敵の戦士「エクエス」と呼ばれ
 地球人にして、異星の組織、ネポス・アンゲリスに所属していると吹聴します。

 長話のおかげでメンバーも息を吹き返し…、だが勝てない! というか、今週ってば固有名詞多いなあ。

レナード『解析解析! こんなチャンス、滅多にないですからねっ!』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 もう良いだろと撤退。そこまで本気じゃなかったのか?

■完全敗北
 手負い五人がかりでも劣勢
 ドラゴンを奪われそうになってしまいますが、レナードの解析を鬱陶しがって早々に撤退。

 けっきょくドラゴンは、理論を超えた激しい共鳴で自己修復したと分析されますが
 他のメンバーが「クラッシュ」したらどうすればいいのか。

 所長が良い感じに〆てくれますが、疑問の残る決着となりました。根本的な戦力不足もそのままですし。

レナード『ちょっと待ってェ! 私もいきます、いーきますーっ!!』

イメージ 19

 なおレナード博士、準備万端スタンバイしすぎて乗り遅れた模様。
 もう自費で追ってきてください。
 是非。

アンナ『守れるかもしれない。彼らなら―――、彼なら』

イメージ 18

 常識人のアンナ博士、勿論オーストラリア研究所にそのまま滞在。
 翔悟への信頼が厚過ぎィ!

所長『よく似てたなぁ、彼女に』

イメージ 22

 大酒のみ所長、やたら意味深な言葉を発します。翔悟のお母さんって、未だ語られてませんよね。
※若いのはお姉さん、もう一人は早穂ちゃんのお母さんなので。

 実家のそばにドラゴンが眠ってたくらいですし、翔悟君の家系に何かあるのでしょうか。

グレゴリー&ヴィクトール、その行方は

イメージ 1

 凶悪っぽいのが青ウルフのグレゴリー、タイガー眼帯でcv石田影なのがヴィクトール。
 タイガー眼帯! そういうのもあるのか!!

予告『誰一人欠けちゃならない! 俺にとって大切なもの、それは…!』

イメージ 3

イメージ 8

イメージ 12

イメージ 15

イメージ 20

イメージ 21

 敵が強すぎる昨今、ギルバートのメンタルもそろそろヤバい。

■ドラゴン復活!!
 自分がドラゴンと共に在れば、ドラゴン狙いの敵が家族や早穂を傷つけるかもしれない。
 自分自身でなく、周囲が傷つく事を恐れる翔悟。

 ルークさんは「守ればいいだけだ」とマッチョに発言しますが、実際それは難しい!!

 四人のボーンファイター、つまり「戦える仲間」すら傷付きまくる昨今
 ドラゴンは無理やり修復して切り抜けましたが
 状況はまだまだ困難。

 次回、第9話「守りたい日常」

 魔神召喚も、ボーンクラッシュというリスクでおいそれと使えませんし。
 なかなか前途多難な展開ですな……。

 ここは早穂ちゃんとルークさんの甘党っぷりに癒されよう!