GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ソウルイーターノット! 第8話「つぐみスパイラル!」

イムリミット設定の第8話! つぐみさん悩む! 存分に悩むっ!!

イメージ 11

イメージ 16

イメージ 8

※画像右下隅クリックで拡大。

 シュタイン医師(現在)の圧倒的ワルノリ感に色々もっていかれた第8話。
 そうそう、このヒトこんなヒトだったよ……。

 ウソぴょーん♪(平板な声で)。

■三角関係決着、迫る?
 相変わらずダダ甘ではありますが、アーニャとめめ、どちらを職人に選ぶか。その選択も佳境へ。
 弱さを自覚し、二人に相応しく「強くなってから」と努力するつぐみに対し
 それは「言い訳ですね」と言い切るアーニャが力強い。

 努力をしたって、そんなのは付け焼刃!
 逆に、ちゃんと努力してきたアーニャ達に対し失礼ですらある!!

 ちゃんと覚悟をして、パートナーを見定め、その上で「二人で強くなろう」と二人は諭すのでしたが…。

つぐみ『―――涼しくなれば、きっとキム先輩から連絡がありますよ♪』

イメージ 13

 一方、暑さでキム&ジャッキー組が崩壊。距離を置くようです(物理的な意味で)。

■死武祭までに!
 自害を図ったエターナルフェザー先輩、一命を取り留めたものの、つぐみの悩みはなお深まる。
 元々「二人には不釣合いだ」と感じていたし、その不安はトレイター事件で
 そして今回の一件で顕在化したのだ。

 ソウル先輩のように、もっと強くならなければ「二人を選ぶ資格」など無いのではないか?

 その儚い努力を、アーニャは「選べない言い訳だ」と言い切る。
 長年努力してきた自分達を「守れる強さ」など
 一朝一夕得られるものではない。

 めめも「職人と武器は二人で一人、一人で悩まなくていい」「一人で強くなる必要は無い」と諭し
 決着は死武祭、秋のハロウィーンまで持ち越しと決まった―――。

 次回、第9話「カボチャ、グローイン!」

茜『この件は、まだ中央情報局で探っている段階なんです』

イメージ 4

 ノリがいいなあ茜君ってば!

■中央情報局
 前回の件を調査中の茜&クレイ、どうも、彼らの存在は「イート(実戦)組」には周知であるようだ。
 特に、前回近接戦を行ったマカ&ソウルに聞き込みをするが
 悪ノリが楽しい!

 ちなみに「イート」は、文字通り「魔女の魂を食う」という役得があるのです(原作設定)。
 ソウル君ってば抜け駆け!

 相変わらず不良イケメンですねえ。ツッコミ役が必須ですわ。

『頭にネジが付いてる!?』『これじゃ寝返りもうてないじゃないですか!』

『―――確かに、ゾンビの方が可愛いしセクシーだったかなァ…』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 この畳み掛けっぷり、まさにソウルイーターよ!

■「ガガントス!」
 一方、エリアルフェザー先輩は、死武専おかかえの闇医者に命を救われていた。
 代わりに頭にネジを埋め込まれていた。
 なおただの一発芸だった。

 腕は一流! 頭はキ○ガイ! これぞ名闇医者フランケン・シュタイン医師であるッ!!

 一発芸の為に人形を用意するわ
 人形の頭が生きてるわ

 こりゃまさにガガントスである。ガガントスの大盤振る舞いであるッ!!

シド『アンタが死武専に来てくれたら、すごい助かるんだけどなぁ?』

イメージ 9

 そういや、まだ職員じゃないのでしたっけか。

■解析結果
 ただ「他人を傷つけた責任がある」、と留め置きされていたエリザベートフェザー先輩だった。

 が、シュタイン医師、その辺の口ぞえもしっかりしてくれたようだ。
 こうみえて、彼は良い人なのだ。
 いい性格をしてるのだ。

 彼の解析結果から、シドは「魔女の仕業である」という確信を深めてゆく。

『エターナルフェザー先輩っ!』『退院、今日だったんですね♪』

イメージ 11

イメージ 13

イメージ 1

 風流つぐみさんかわいい。

■風流アンド退院
 庭先、風流問答していたつぐみとアーニャの下に、エグザイルフェザー先輩が帰寮。
 少々トラブルはあったが帰寮を祝う。

 しかし、EXAMフェザー先輩自身は笑い飛ばしてくれたものの、その傷痕をつぐみは思う。

 あの場に居合わせた「武器」として。
 責任を感じるし、次はアーニャやめめが同じ目に遭うかもしれない。

 トレイター事件も今回の件も、何も出来なかった自分を、つぐみは一人で責め続けるのだが―――。

『この顔がウけてるように見えます!?』『二度と止めてください!』

イメージ 12

 なおエクステフェザー先輩、シュタイン先生仕込のボケをかまして非難された模様。
 アンタ、そういうノリだから残念な先輩扱いされるのよ……。
 先輩と後輩の温度差が深刻。

 ジャクリーン先輩も、頭の温度が深刻でしたけど。

要点ノート(力こぶ)

イメージ 14

 先週マカ先輩に貰った本は、教材として活用している模様(?)
 付箋を貼りまくっているのが微笑ましい。

つぐみ『私は、ポチですか』

イメージ 15

 その後、いかにも一般人らしい掛け声と共に修練していたつぐみさんですが
 アーニャ&めめさんに選択を強いられる事に。

 つまり、ハサミ討ちの形になるな……。

めめ『けど、最後に選べるのは一人だけなんですよ?』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 斬撃カットが間にあったとはいえ、縦横にハルバードを操る「動き」は迫力があった! 滑らかだった!!

■「言い訳ですね」
 死武専に入学させられたとはいえ、本来はただの一般人。
 だがそうした言い訳よりも、何も出来ない自分への不甲斐なさの方が、つぐみには勝っていた。

 せめて二人への釣り合いをとりたい
 ソウル先輩のように、二人を守れる立派な武器にならなければ「資格がない」と考える―――。

 が、そんな考えをアーニャは一蹴する。

 自分達の強さを見せつけ、そんな思いは「言い訳」で「思いあがり」だと断言する。

めめ『本当に強くなりたいなら―――』

イメージ 19

 本当に強くなりたいなら、パートナーを決めて、一緒に強くなるほうが近道ですよ。

アーニャ『一人で強くなって、私達を守ろうなんて思いあがりです!』

イメージ 20

 楽しいだけではダメなんですよ! いつか強くなれたら、なんて言い訳して逃げているから―――
 覚悟が無いから!

 つぐみさんには刃が無いんですよっ!!

めめ『武器と職人は二人で一つ、一人で悩まなくて良いんですよ……?』

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 ツンデレったが為に、うっかり抜け駆けされるアーニャさん可愛い。

■死武祭までに
 今すぐとは言いません、この夏が終わるまで、とも言いません……。
 秋のハロウィーンまでに決着しましょう
 と、一堂は結論。

 割と気長なのがまだ甘いですが、それもひっくるめてアーニャさんっぽいね!

 メイン三人とも少女ですが
 やっぱり、こう、大筋は少年漫画だなあと思うこともしきり。いよいよ終わりが近そうですねえ……。

予告『ええーっ、ガガントスです!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 1

イメージ 10

 アイキャッチはにゃんぱす先輩。ちなみに声も同じである(のんのんびより、より)。

■付け焼刃
 応急処置的に刃を足して作った刀の事で、切れ味が悪くなりやすかった事から転じた言葉。
 つぐみさんの「努力」は、そのまんま付け焼刃に過ぎません。
 力も覚悟も、悪く言えば「その場しのぎ」。

 ちゃんと日々修練してきたアーニャさん達を守ろうなど、そりゃおこがましいのです。

 パートナーを選び二人で強くなる
 決断が覚悟を生む。

 精神的マッチョへ成長を迫るアーニャ嬢へ、果たしてつぐみの選択とは?
 そして次回、成長(グローイン)がもたらすものとは?

 次回、第9話「カボチャ、グローイン!」