GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ラブライブ! 2期 ♯8「私の望み」

切り込み隊長真姫ちゃん。三年コンビの隠された絆、ラストへ走る第8話!

イメージ 9

イメージ 12

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 東條希のひそかな望みに絡め、最終予選、新曲発表へ地固めを固める第8話!
 いよいよ、「vsアライズ」が見えてきましたが
 このまま順風で終わるのか?

 あ、あの! わたし……。ん、ウチ、東條希

■そんな時代もありました
 個性的なメンバーが揃ったμ's、最初はバラバラだったハズが、あれよあれよと絆でつながり今の仲間に。
 でも中には、西木野真姫のように、そして東條希のように
 人付き合いが苦手なメンツも居た訳で……。

 今の希にとって、今のメンバーはちょっとした奇跡。

 だからそれを曲として形にしたいと望み、望まれ、奮闘が始まる第8話! どんな曲になるのでしょうね。 

矢島先輩『な、なによ、安っぽいストーリーね……!』

イメージ 10

 恋愛映画鑑賞会でも、YUTAKAな感受性を見せ付ける矢島先輩。

それは僕たちの奇跡
 ラブライブ最終予選では、歴戦の猛者であるA-RASE達を破らねばならない。
 またも、「新曲か」「堅実な既存曲か」で揉めるμ's。

 現実的に考えれば、「既存曲を突き詰める」方が完成度が高くなるはず!

 けれど、新曲押しの希には密かな望みがあった。
 この奇跡のようなメンバーで、それぞれの言葉を出し合い、曲を作ってみたかったのだ。

 希自身は諦めようとするが、事情を知る絵里が、事情を知った真姫が背中を押し、新曲作りがスタートする。

 二人は、希のちいさな望みを叶えたいのだ。
 だって友達なのだから―――

 次回、♯9「心のメロディ」

ツバサ『この最終予選は、本大会に匹敵するレベルの高さだと思っています』

イメージ 2

 毎度、アライズさんの堂々っぷりには頭が下がる。

■「ようやくここまで来たんや――
 年も暮れ、最終予選出場チームとして取材を受けた穂乃果は、絶対に優勝しますと言い切り大反響を受ける。
 前回優勝チームA-RISEを破る、と言ったも同然の宣言だったが
 いずれにせよ、ここで勝たねば先はない!

 目の前の目標にベストを尽せ!

 新曲でインパクトを狙おう、と矢島先輩は提案。
 が、既存曲を磨き上げ、高い完成度で勝負に臨むのも手。μ's内でも意見が対立するのだったが……。

希『たとえばやけど、このメンバーでラブソングを歌ってみるのはどうやろか?』

イメージ 3

イメージ 6

 希がラブソングを押した結果、海未を濃厚な質問責めが襲う!

■ラブソング!
 ここで「新曲派」の希がラブソングを提案。
 アイドルの定番曲だが、作詞担当の海未の経験不足もあり、これまでμ'sには無かった。

 一通り海未の経験を問い詰めた一同は、ラブソングに狙いを定める!

 ホント海未さんのネタにしやすさは異常である。

真姫『別にあなただけにあげた訳じゃないんだから、勘違いしないでよねっ!』

イメージ 4

イメージ 5

 なお、オチ要員はちゃんと矢島先輩が担当しました。

■「難しいものですね…
 希の提案で、ラブっぽい行動を取って経験値を上げる!
 という名のコメディも繰り広げられるも、やっぱり付け焼刃ではどうにもならない。

 真姫、海未は既存曲のブラッシュアップを提案し
 ハロウィーン騒動の二の舞を避けよう、と結論付けようとするのだが…………?

 さすが真姫さんツンデレが似合う。

想像上の絵里ち『わーるかったわねェ? 今まで騙して♪』

イメージ 7

イメージ 8

 最強メンバーですね、わかります。

■おかしい!
 目立ちたがりの矢澤にこはともかく、手堅い思考のハズの絵里が「新曲派」なのはおかしい。
 ミョーに希の肩を持ち、新曲ラブソングを押す絵里が疑問視される。

 この中に裏切り者がいるっ!

 なんて今更あるはずもありませんが、絵里らしくないのは事実。
 いえ、ハロウィーン回とかでも暴走をしていましたが、基本、手堅い人……ですよね?

ことり『じゃあ参考に、恋愛映画でも見てみない?』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

 希がラブソングを押した結果、海未がくるい、悶えるのだ! 恥ずかしさでな!!

■「一番大切なのは、μ'sやろ?」
 ミュージカルってみたり、参考資料に映画を見たり……、ラブソング方向で話は進む。
 が、やっぱり肝心の海未が苦手すぎて
 どうにもこうにも袋小路。

 真姫、海未、にこまで「下手な小細工は通用しない」と堅実路線を選択。

 絵里だけは食い下がるも
 そもそも、絵里の原動力らしき希が言葉を翻した。

?b>一番大切なのはμ'sやろ?と、アイコンタクトする希と絵里に、真姫の堪忍袋の尾が切れる……?

真姫『凜、花陽、さき帰ってて』

イメージ 12

イメージ 13

 他人を「面倒くさい人」と評する人ほど、実は面倒くさい人という法則。

■希のちょっとした望み
 二人の後をつけ、意味深な言い回しに堪忍袋の尾が切れてしまった真姫。
 だが要は?b>μ'sはもうすぐ終わるという事。

 けれど希には、μ's結成時から、ずっと楽しみにしていた事があったのだ。
 それが今回の「新曲作り」だったのだ。

 一人一人の言葉を紡いで、想いを紡いで、本当に全員で作り上げた曲、そんな曲を作りたい。
 そんな曲で、ラブライブに出たい―――――!
 それが希の夢だったの。

 家族が転勤族で、一人暮らしをしている希には、ちょっとした望みがあったのだ。

希『―――ウチにとって、この九人は奇跡だったから 』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 あ、あの! わたし……。ん、ウチ、東條希

■誕生秘話
 小学生の頃からずっと転勤を繰り返しており、希はクラスに馴染めなかった。
 けれど高校に入り、絵里と出会って世界が変わった。
 変な関西弁は、その為のキャラだった。

 それから、今のμ'sのメンバー達と出会って、そして繋いでくれる者が現れた―――。

 それが奇跡のように思えたから、この九人で形のある物を残したかった。

希『―――ウチはそれでじゅーぶん♪ 夢は、とっくに……』

イメージ 18

イメージ 1

 一番の夢は、とっくに――――。もう十分だから、既存曲で良いのだと希は繰り返す―――。

真姫『―――友達、なんだから♪』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

 この回、絵里嬢の包容力は異常。

■パーティ
 満足している、満足しようとする希の背中を二人は押す。
 だって友達なのだから!

 μ'sメンバーを希の部屋に招き、少しだけ彼女の素に触れさせ、新曲作りを再開する真姫と絵里。

 普段は攻める側である希さん、見事に受け手にまわる。。。
 たまには、こういう事も無いとね♪

 また絆を深めた一同へ雪が降り、かくて、全員の言葉を紡いだ新曲が生まれる…………?

次回予告はそぼふる雪だけ。はてさて、一体何が起こるのでしょう?

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 18

イメージ 1

イメージ 19

イメージ 22

イメージ 25

 エンディングは三年生(矢島先輩除く)+真姫ちゃんのトリオ! まさに今回の専用曲っ!!

■心形流
 実は人付き合いが苦手で、だからこそμ'sという場所を奇跡のように思っていたという希。
 我慢をしようとする希、ガマンするなと曲作りする二人が快い!

 一部首をかしげもしましたが、もう、後2話くらいで最終話になってもおかしくないな!

 全員の心を形に、ラブライブ最終予選ギリギリで新曲構想に入ったμ's!
 果たしてどう決着するのか!

 次回、♯9「心のメロディ」