GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

シドニアの騎士 2巻 [弐瓶勉]

 アニメ版♯7「覚悟」までに相当。

「星白閑の敬礼」収録。あの“衛人”出現で締めくくった第2巻

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 アニメから先に入った為、その再構成っぷりに驚かされる第2巻。
 特に、四天王の敗因に関しては大きく修正。

 アニメでは「感情が先走らなければ」と思われた戦いですが、実は完全な負け戦だったという……。

■方向転換!
 艦が急速転進すれば、中身はグチャグチャになる……。
 というシンプルで恐ろしい事態を描いた事件、アレの肉付けっぷりもかなりスゴイ!!

 原作も原作で、淡々と描かれる分おぞましい……。

 悲鳴を上げていた人が、次の瞬間グチャッと。
 やっぱり、移民船で戦闘なんてするものじゃないですな。しなければ殺される訳ですが………。

『おい戦犯!』『てめえなんざ操縦士やめちまえ!』

イメージ 4

 アニメでは石と罵声を投げられるだけでしたが、原作では手馴れた拉致っぷりが……。
 暗がりに引き込まれ、酷い目に。

 こりゃアニメでやれなかったのも解ります。やり方が陰惨。

星白『いや………』

イメージ 5

 星白の最期は、この後はっきり「死亡する」ところまで描写。

■岐神海苔夫の策謀
 地球を破壊され、1000年に渡り逃亡の航海を続ける移民船シドニア
 元凶であるガウナの支配圏から、逃れては遭遇し、撃退しては遭遇しを繰り返すシドニアの前に
 100年ぶりにして異色のガウナが出現する。

 過去のデータより遥かに強力なガウナを前に苦戦するも、谷風長道の一撃が活路を拓く。

 だが、次なる「連結型ガウナ」との戦いの最中
 長道は岐神海苔夫に裏切られ、名誉と、仲間である星白閑の生命を失う。

 大失態を侵し、なお衛人に乗せられ続ける長道の前に、星白を殺したガウナが「衛人の姿」で現れる。

収録

イメージ 6

 仄焔も意識不明の重態。一方、長道はもっと酷い重態だったはずらしい……?(アニメでも一瞬描画)。

 アフタヌーンKCシドニアの騎士 2巻」。弐瓶勉(にへい つとむ)。
 月刊アフタヌーン連載、講談社発行。
 初版、2010年2月発売。

 ♯6 赤井持国のカビザシ
 ♯7 星白閑の捜索
 ♯8 谷風長道の帰艦
 ♯9 星白閑の敬礼
 ♯10 第二十八代艦長の決断

※2014年3月発行の第12版(アニメは同年4月開始)。
 帯もアニメ仕様に。

 各巻共通ではなく、それぞれの巻数と違うコメントが入った専用の帯となっています。