GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

キャプテン・アース Episode_8「その作印に気付く夜」

キャプテン定着。深夜の埠頭、噴煙舞うアースエンジンがカッコ良すぎた第8話!

イメージ 12

イメージ 19

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 深夜の埠頭、キルトガング変化の時間を稼ごうとする遊星歯車装置に対し
 アースエンジン(コア)、闇夜の高機動戦!
 おいおい気合が入りすぎだ!

 ふふ、奴らの言う通りだな。確かに世界は面白い!

■第4の少年
 世界はつまらないと感じる少年に対し、世界はもっと面白いと発破をかける。
 いつもなら「良い言葉」なのに聞いてて苦しい。

 定番の名台詞を、こうも悪意に変えて来る辺りが面白い!

ハナ『―――美味しい♪』

イメージ 6

 今週一番かわいかった1カット。ホント、幸せそうに食べるのう。

■4人目のキルトガング
 2週間の待機を余儀なくされたアマラとモコは、自分達以外のキルトガング覚醒を画策する。
 が、エネルギーの流れからこれを察知したグローブは
 さっそくチームを差し向けた。

 テッペイ含め計8人のデザイナーズチャイルド、その4人目「ジン」こと「ジンバルド」。

 他人に利用され、灰色の青春を送ってきた彼は
 キルトガングという選良だと気付かされ、余りある力と高揚感に震えた。

 結局、ジンバルドの行動は、キルトガング本体へ「戻る」前にグローブに阻止されてしまったが
 自分の世界がすっかり変わった、甘い快感に酔いしれるのだった。

 次回、Episode_9「魔法少女アカリちゃん」。

技師『―――早くて、二週間ってトコかなあ』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 謎のディーラー少年、イケメン社長、キルトガング夫婦、そしてブローブ。四者並列でお送りします。

■8人の少年少女
 前回の戦いが残した傷痕は大きく、社長は「2体同時襲来」のアクシンデントに恐怖し
 また、マシングッドフェローは2週間のメンテを余儀なくされ
 テッペイはキルトガング能力を失った。

 マシングッドフェローは、それぞれ個人に合わせてカスタマイズされており流用は出来ない。

 そこでアマラとモコは、この機会に「他のキルトガング」を覚醒させ
 彼らを戦わせようと画策するのだが―――

 なおテッペイ達3人を除けば、残りは男2人、女3人の計5人とのこと。

ダイチ『ねえ、それ定着?』

イメージ 5

 一方ダイチも、「キャプテン」呼びが定着して悩んでいた。
 いいじゃないのカッコよくてさ!

ジン『―――当カジノは、未成年の方はご遠慮頂いているのですが…』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 26

 ジン君は仲間になるのかな、とちょっと思ったのですが……。

■カジノダイバー
 オルゴンエネルギー活性化を予知できるピッツに従い、チームは台場のカジノに潜入!
 さすがは近未来の日本、台場カジノが実現しているのか!

 そこで彼らは、不思議なディーラーの少年に出会う。

 ドレスに統一感がなく、それぞれコーディネイトが違うのも素敵ですよね。
 テッペイがやたらフォーマルなのも彼らしい。

アマラ『つまり、キミの父親を殺したのはこの俺という事になる』

イメージ 8

 積極的に煽っていくスタイル。

■「想定外の連続だな?」
 ピッツの存在を知らないキルトガング夫妻は、先回りされ驚きを禁じえない。
 が、積極的にしかけていくアマラ!

 ダイチこそ「アルビオン」を惑わせた憎き張本人!

 ともあれ想定外を楽しみながら、二人は仲間を目覚めさせるべくデート、もとい暗躍する。

タカオ『<カメラは良いぞぉ、世界が面白くなる♪>』

イメージ 9

イメージ 10

 こんな素敵な台詞なのに、その後の展開が短くも苦しい。そして「ありそう」で嫌な話。

■ジン少年の青春
 一方、ジン少年の灰色の青春が挿入される。
 尋ねてきた少女、そして「タカオ」、学生時代はこの三人でツルんでいたのだ。

 だがタカオが裏切り、ジンの撮った写真を「自分が撮った」としてコンテストに入賞。
 事情を知らなかった彼女も、そんなタカオに惹かれてしまった―――。

 証明も出来ず、ジンはそのまま沈黙してしまう。

※けれどこの後、タカオはいくら撮っても撮ってもジンの影がちらついてしまう訳で。
 今はすっかり荒んでしまったそうです。南無。

ヤクザ『真面目にやるならかわいがってやる。世界が面白くなるぞ?』

イメージ 11

 飼い殺してやる(意訳)と言っちゃうヤクザさん、マジ正直者。

■「最高の気分だ!」
 カジノの出資者、ヤクザのNo2がジンを訪問。
 ジンの不可思議な能力を買い、イカサマ要員として使ってやろう、と持ちかけます。

 けっきょく他人に利用されるばかりの人生なのか?

 自嘲するタカオの下に、アマラとモコが出現。彼女たちに「キルトガングの自分」を覚醒させられる。

副指令『キャプテンよろしい? アースエンジン・オーディナリー! 射出!!』

アマラ『気付かれたぞ! タイムリミットまで逃げろ!!』

ジン『逃げる? 今の俺に掴めないモノなど何も無いッ!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 1

 列車に偽装したカタパルトから射出! いちいちギミックが面白いぜ!! 

■ジンバルド、高揚!
 キルトガング達の狙いは「マシンに乗せることで、キルトガング体へ意識を飛ばす事」。
 ですが、マシンを立ち上げたことでグローブはこれを感知。
 また、意識が「飛ぶ」まで数分のラグが。

 キルトガングへ「意識が飛ぶ」前に、あのマシングッドフェローを止めろ!

 これがダイチたちのミッション!
 そして、それまで逃げ切るのがジンバルドの(本来の)ミッション!!

アマラ『気をつけろ! こちらのシステムがハッキングされてる!』

イメージ 18

 テッペイが「虹の剣と盾」を使ってたの似たようなモンなのか。

■シンギラリティ
 が、高揚したジンバルドは大暴れし、自らのシンギラリティ(特殊能力?)を発動。
 通常動力を一切停止させる、現代兵器の天敵!

 フン―――、何をやっても、今の俺は止められないけどなッ!!

 自分が超人なのだと気付いたジンバルドは、高揚のままに勝利を確信するのですが――――。

ダイチ『オルゴンエネルギーを使えるのは、お前達だけじゃない!!』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 25

 テッペイと違い人間である事に未練がない少年、ジンバルド。

■世界は面白い
 彼らと同じ「オルゴンエネルギー」を操れるダイチは、動力を急遽スイッチ!
 アースエンジンを立て直し、見事ジンバルドを打ち抜く―――。

 エネルギーの流れを予知できるピッツ(とハナ)
 規格外のハッキング技術者アカリ
 そしてダイチ。

 チームの中で、唯一「何もできていない」テッペイは迷う。

 一方、敗北するも開放感を味わったジンバルドは、世界は面白いと歪んだ顔で笑うのだった。

予告『ロジカルロジカル♪』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 26

イメージ 25

 思えば、ハナさんは「ずっと閉じ込められてた」ワケで。食い倒れヒロインの素質があるのだよ…

■アースエンジン・スクランブル!
 どうも、当面は「コア・ロボットによる市街地戦」に切り替わっていくらしき第7話。
 次回も私ごのみのキャノン・タイプの機動兵器が出てくるよ!
 これは楽しみ!

 一方、新たな歯車装置ジンバルド少年、色々物悲しい。

 利用されてつまらない人生を送っていたが故に、嬉々としてキルトガングに変容するジンバルド。
 もしかしたら、テッペイも一歩間違えばこうなってたのかも。

 テッペイたちを含め「計8人」と具体数が語られたキルトガング。
 果たして、次なる人物とは……?

 次回、Episode_9「魔法少女アカリちゃん」。