GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

魔法科高校の劣等生 第8話「九高戦編Ⅰ」

達也、ドヤ顔空中浮揚術達成。世界最先端を行く第8話!

イメージ 12

イメージ 19

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 魔法技師を目指しているとか、「謎が多い技師のハンドメイド品を使っている」といった
 以前、軽く触れた設定を回収してきた第8話。
 やっぱ当人なのですかね。

 そりゃ、こんだけの技能があればコンプレックスを感じる事もありませんわな。

パンピー
 特に、今回解説役として優秀だったのは半蔵先輩。
 達也のCAD調整がどれだけ凄いか、わかりやすく解説してくれたのがありがたい。

 この世界観独特の解説についていくの精一杯だった分、あの辺は解りやすくて良かったですね。

レオ『アレか! 昔、モラルが崩壊した女学生が売っていたって…』

イメージ 7

 レオの知識が昭和レベルだった! 幹比古くんって意外にフツーの子なのね。

■九校戦スタンバイ!
 入学から早3ヵ月が経過し、各魔法校の対抗戦「九校戦」を控えた7月上旬。
 優等生・司波深雪は、2種目参加選手として練習を重ね
 劣等生・司波達也は技術スタッフとなった。

 劣等生の参加に反発もあったが、達也は並外れた調整技術を披露し改めて参加を承認される。

 しかし、九校戦をターゲットに国際シンジケートが動いていると判明
 達也は「軍人」としても行動を開始する。

 次回、第9話「九高戦編Ⅱ」

九重『彼の目を誤魔化したかったら、気配を消すんじゃなくて偽らなきゃ』

イメージ 2

イメージ 3

 不思議特訓かと思ったら、「ミラージュバット」という種目だそうな。

■忍者だらけ
 九重先生の鬼火指導を受ける二人、これは「九校戦」の種目なのだと言う。
 空中浮揚、空中での身体制御をこなす深雪さん
 九校戦には2種目出場とのこと。

 学校対抗戦に1年で2種出場、どんだけエリートなの彼女!?

 なお胡散臭い小野カウンセラーの正体はやはり忍者、魔法学校卒業生で、一年ほど忍者修行したそうな。

吉田幹比古『幹比古。苗字で呼ばれるのは好きじゃない』

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 7

 閉鎖空間サッカー! やだ超危険だわ!

吉田幹比古
 クラスメイトの幹比古と、達也&レオは仲を深める。
 オープニングでドヤ顔雷符術をキメてる彼、千葉エリカ嬢の幼馴染なのだそうな。
 レオ君ピンチ。

 クールなのかと思いきや、どうも単にテンションが低いだけのフツーの子っぽい幹比古君。

 が、千葉エリカの幼馴染という事は、彼もまた妖怪的な強さなのか……?

レオ『中年オヤジに売ったって言う――――!』

イメージ 6

 今や古語ですが、昔、女子学生が自分のセーラー服や体育着を写真付きでショップに売って金を稼ぎ
 ブル○ラショップと呼ばれ、世を騒がした時代がありました。

 しかしレオ君、変なことに詳しいのう。

会長『問題なのはエンジニア、技術スタッフよ………』

イメージ 8

 相変わらず、生徒会メンバー約一名のキャラが掴めません。

■達也くん任命される
 さて、いつものようにお食事会をしつつ、生徒会長のお悩み開陳。
 九校戦に際し、技術支援スタッフが不足している…。

 やはりと言えばやっぱりで、CAD、専門技術を持つ達也君がご指名!

 当然、二科生が調整なんてヤダーと言われそうなので
 さっさと逃げようとする達也君です。

 が、「私は、九校戦でもお兄様にCADを調整していただきたいのですが……」と言われてしまい
 シスコンの彼は、敢えなくお縄になってしまったのでしたとさ。

達也『―――そうですね、意外と俺達と同じ、日本の青少年かもしれません』

イメージ 9

イメージ 1

イメージ 10

 深雪さんのリアクションが明確に物語っているような。

■達也君式ジョーク?
 愛用の特殊CADを手入れしていたところ、技術マニアのあーちゃん先輩が反応。
 達也君ってば、もう狙ってるとしか思えません。

 達也君は割とお軽い反応を返すのですが、あーちゃん先輩は大反論!

 曰く、このシルバーホーンの製作者は「CAD制御ソフトを、10年は進歩させた」と言われる超天才だ……と。
 その最中、延々とリアクション芸している深雪さんを見ても
 やっぱり達也くん当人なんでしょうか。

あーちゃん先輩『実は、多重系魔法三大難問における技術的レポートなんです』

イメージ 11

 言葉の意味はよくわからんが、とにかくすごい難問だ!

■多重系魔法
 複数の魔法の組み合わせで、より高度な事象を引き起こす。
 とはいえ、重力制御型の熱核融合炉、擬似永久機関、そして「汎用的飛行魔法」の三つが特に困難。

 その困難さは、学生レベルではよく理解できなかったものの
 達也くんだけは的確に問題点を呈示。

 今週は、こうしたノリで「技術面での達也君の凄さ」と「この世界観での技術」を描く物語って寸法。

十文字『実際にCADの調整をやらせてみればいい。俺が実験台になるが…』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 周囲の信頼が厚過ぎて辛い。

■技術スタッフ検定
 さて、九校戦技術スタッフに推薦された達也君ですが、やっぱり二科生(劣等生)扱いされます。
 なら実証するだけだって訳で、桐原先輩が実験役を快諾。

 高級型CADのデータを「通常型のCAD」に移植、違和感なく使えるようにしてしまいます。

 やり方が専門的すぎて反感を買ったものの
 以前より、二科生を軽視していた半蔵副会長が率先して承認、一応合格となるのでした……?

『久しぶりだなあ、特尉』

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 18

 兄さん、退役したかと思ったらまだ軍籍だったのね。

■九校戦を狙う影
 CAD調整技術では軍にも貢献しており、サードアイと呼ばれるCADの再調整を依頼される達也君。
 ついでに、九校戦が国際シンジケート・香港系の「ノーヘッド」に狙われている
 という情報も提供。

 上司さん、けっこう気安い間柄のようです。
 趣味は通信回線の乗っ取り。

 また壬生先輩のパパは、軍の退役後、外国組織対策に回っているそうな。

深雪『おめでとうございます! 常駐型重力制御魔法が完成したんですね♪』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 23

 なぜかファイブスター物語を連想する今日この頃。

■達也、技術の壁を突破する
 ファティマスーツ、もとい「ミラージュバット」の衣装を見せに現れた深雪嬢の目の前で
 達也くん、ドヤ顔空中浮揚術を達成。

 彼が困難さを熟知していたのは、その研究をしていたからなのだ! なのだ!!

 ただ「今度の休みに、FLT社でテストをするんだが…」と前振りした辺り
 この技術、果たして穏当に使われるのでしょうか?

 テストを任された深雪嬢は、軽々とこのシステムを使いこなしていた模様。

常駐型、というコト

イメージ 25

 冒頭のニンジャ深雪のように、フツーの飛行魔法は『大きなジャンプ』に過ぎないようです。
 つまり、スッゴイ浮くけど、しばらくしたら落ちる。

 深雪さんの競技は「浮きつつ、どれだけ空中で自在に動けるか」を競う、と。

 対し、お兄様が実現したのは「発動後、浮きっぱなし」という文字通りの飛行魔法って寸法っぽい。
 つまりお兄様は最高というワケ。

達也『また一つ、目標に近付いたな』

イメージ 24

 技術的に不可能とされていた「三つの難問」の一つですら、達也君には手段の一つ。
 なにやら目標があるそうです。

九校戦シリーズ開幕! 次なる敵は八つの魔法校、そして香港系犯罪組織…?

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 7

イメージ 1

イメージ 15

 ヘッドギア必須なのは解りますが、やたら尖ってて変な笑いが。尖る必要はないよね!?

■ワールドワイド
 低魔力な分、運用技術と体術でなんとかする系主人公の達也君。
 技術が凄いとかそんなレベルじゃなかった……。
 学者か!

 世界もビックリの達也君の超技術。
 これを敵に回す他高校、果たしてどんな変人揃いなのでしょうか?

 次回、第9話「九高戦編Ⅱ」