GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ラブライブ! 2期 ♯6「ハッピーハロウィーン」

μ'sメンバー、渾身の迷走! レポーターもノリノリ、ハロウィン回の第6話!!

イメージ 6

イメージ 11

イメージ 17

※画像右下隅クリックで拡大。

 道に迷って、自分達自身を見つめなおした第6話!
 迷走するにも程があるわ!

 迷走を題材にはっちゃけたお話でしたが、しっかり締めて再出発する辺りも前向きで良かった!

■迷い道
 視聴者の嗜好次第では、それこそ「時間を無駄に、尺を無駄にしただけのお話」ですが
 近いことを、劇中で矢澤先輩に言わせた辺りも面白い感じ。

 バトルアニメで言えば、一種の修行回のようなお話。

 A-RISEに勝つ為には、奇をてらわず、やっぱり自分の持ち味を伸ばすしかないのだ!

『―――道に迷う事はあるけれど、それが無駄になるとは、私は思わない』

イメージ 10

 存在感からして、てっきり今週の「羽掴み」はことりさんかと。今後、彼女メインの回があるのか?

■(あさっての方向へ)走れ!
 秋が過ぎ行く10月末、アキバ・ハロウィーン祭にμ'sは招待される。
 同じく、アキバ地区所属のスクールアイドルとして
 否応なしにA-RISEと比較されるのだ。

 実力で劣る以上、ここはインパクトで攻めるしかないっ!

 迷走を繰り返すμ'sだったが、押し迫った事態という事で「いつも通り」で行こうと決定。
 Dancing stars on me!をアキバで披露する!

 自分達には、それぞれ溢れる個性があり、衝突を繰り返したゆえの融和がある。
 いつも通りが一番なのだ、と穂乃果は再確認するのだった。

 次回、♯7「なんとかしなきゃ!」

矢澤『そうよ! お客さんの脳裏に私達を焼き付けるのよっ!!』

イメージ 4

 まず、穂乃果嬢は仕事を脳裏に焼き付けるべきだった模様。

■前哨戦ハロウィーン
 今回のお題は、アキバのハロウィーンフェスティボゥにお呼ばれしたとの事。
 つまりアライズとの前哨戦になる訳だ!

 勝敗などはありません。
 が、テレビに出て知名度を上げる絶好の機会、アピールをしない手はない!

 と、くっちゃべっていたところ、穂乃果嬢が仕事を忘れていたと発覚、こってり絞られるのでした。

レポーター『テレビの前の皆ァ、はっちゃけてるかいっ!?』

イメージ 5

イメージ 2

 たぶん、cv高森奈津美さん。おっそろしいインパクトであった……。

■現場視察
 祭りの最終日に歌う前に、とりあえずテレビの前に顔出しする三人。
 荒らぶるレポーターさんがまた素敵!
 はっちゃけてるかいっ!

 王者A-RISEも相変わらずまったく慢心がなく、一瞬で衣装換えするファンサービス。これは可愛い!

 確かな実力、大きな人気、これは勝てそうにありませんねえ。

穂乃果『いんぱくと……、インパクト…………』

海未『いきなり路線を変えるのは、無理がある気が……』

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

 で、路線を変えちゃった結果がごらんのありさまだよ!

インパクト!
 実力に優れた相手に、大差を一気に覆す!
 それは古今東西奇襲が定番!

 スクールアイドル!

 という、自分達の持ち味を最大限に押し出してみようとか
 キャラ変更して見ようとか……。

 しかし「キャラを入れ替える」って、知名度アップにはぜったい意味が無いぞ! だがもっとやれ!!

校内放送『アイドル研究部、μ'sのみなさん、すぐに理事長室に来てください』

イメージ 3

 ついには、ヘヴィメタルだかデスメタルだかデーモン小暮閣下だかのような方向に突っ走り
 罪なき一般女学生を泣かせる事態に。
 デスメタル落ちは基本。

 即通報・召集する放送委員ってば、仕事が早い!

 ようやく我に帰った一行は、改めて責任の押し付け合いと方向を模索するのだったが――――

穂乃果『ハロウィンって、昼と夜で印象が全然違うんだね……!』

イメージ 9

 正攻法では勝てない、開催はすぐそこ、となれば奇策に頼るのがド定番ですが
 そうそう正解が見つかるなら、そもそも誰も苦労はしない。

 下手な考え、休むに似たり。

矢澤先輩『衣装係って言われて、損な役割に慣れちゃってんじゃない!』

ことり『―――わたしには、わたしの役目がある』

イメージ 10

 わたしには、わたしの役目がある
 今までだってそうだよ?

 わたしは皆の決めた事、やりたい事に、ずっとついていきたい―――

 道に迷いそうな事があるけれど、それが無駄になるとは私は思わない。
 皆が集まって、それぞれの役割を精一杯やりきれば、素敵な未来が待っているんじゃないかな?

 夢見ることり嬢、地道に頑張ってきた矢澤先輩、ある意味どちらも正しい。

穂乃果『私たちは、きっと今のままが一番良いんだよ――――!』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 昼と夜で印象が違うよね、という台詞を踏まえたダンスだった! なるほど。

Dancing stars on me!
 当日、穂乃果嬢は「今のままが一番」だと悟る。
 だってインパクトを外に求めなくても、自分達はそれぞれが個性的なのだから。

 個性が強い者同士だから、反発もしあった
 けれど、それも受け入れあった。
 それが魅力なのだ!

 夜のハロウィンをテーマにしたセットから、昼へ、そしてアキバへ繰り出し踊りまくる!

 三話もそうですが
 今回こっきりと思えない手間の掛かった衣装のCG、手書きの融合したダンスパートはやっぱり凄い!

 自分達の良さを再確認した穂乃果たちは、改めてラブライブ優勝へ走り出す―――!

妹『ああもう信じらんない! こんな書類まで散らかしてっ!!』

イメージ 18

 なんだかんだで片付けてくれる妹さん。

■「やっぱり!」
 次回サブタイトルで考えると、穂乃果がうっかり放置してた書類は、実は重要な書類で―――か?
 他人に迷惑をかけないよう、敢えて隠していたケースもありますが
 状況と性格で考えると、ただのうっかりっぽいような。

 ともあれ、果たしてどんなトラブルを「なんとかしなきゃ!」なのか?

次回、「穂乃果への封筒」をなんとかしなきゃ!? あとオニギリ

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 2

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 17

イメージ 1

 エンディングは一年生トリオver! 毎度ですが、エンディングの締めも可愛すぎでしたなぁ。

■全力迷走!
 勢いで生きているだけに、暴走すると歯止めが効かないのがμ'sの良いところです(褒め言葉)。
 抑え役かと思っていたメンバーまでノリノリ暴走!

 迷って走って迷走して、ようやく掴んだのは「いつも通りが一番」というナチュラルな結論!

 結論を掴み、さあ予選に向けて走り出せ―――と思いきや?
 次回、またもトラブルが舞い込む!

 次回、♯7「なんとかしなきゃ!」