GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

まおゆう外伝 まどろみの女魔法使い 最終巻(7巻)

女魔法使いの旅、その本当の終着点を。まおゆう外伝、ここに完結

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 人知れず戦いつづけたヒロインを描いた外伝、ここに完結。

 勇者は、私がやろうとしている事を知ったら、きっと止めてくれる―――
 勇者が幸せなら、それが一番だから
 それが私にとっても幸せだから

 ―――たとえ その時 あなたの隣に居るのが私じゃなくても。

 裏表紙は、「魔王勇者ごっこで、勇者を演じる女魔法使いと“赤”」。
 カバー下に描かれた、コレの裏舞台も微笑ましい。
 黒曜さんホント良いキャラだったわ。

 彼女と同じ出自の魔法使い、“赤”との決着を経て勇者と合流し、そして彼女の旅の終わりへ。

女魔法使い『……私にとっての、救いは勇者だった』

イメージ 4

 他人の過去をのぞきみる空間で、“赤”は妄信していた師父の真意を知ったという。

■別行動キャラ
 私は、原作をアニメから見始め、漫画「石田あきら版まおゆう」で続きを楽しんでいます。
 したがって、未だ原作の終わりを知りません。

 なのでほんのちょっとだけネタバレを味わったとかそういうのはさておき。

 勇者にべったりな他ヒロイン達に対し
 勇者と常に離れた場所に立ち、同じく想い続ける女魔法使いというキャラが改めて好きになりました。

 完結おめでとうございます。おつかれさまでした。

姉が妹を助けたいと思うことに、理由なんてない

イメージ 5

 黒曜さんは、ちょっと隙があるところがズルい。イケメン。

■旅の終わり
 自分と同じ人造勇者“赤”を退けた女魔法使いは、念願の「外なる図書館」にて世界の真実を探る。
 勇者と魔王が、世界を構成するシステムの一環だというならば
 切り離す手段もあるはずだ、と。

 勇者と魔王の挑む「戦い」を、彼らから離れ、影ながら支え続けた女魔法使いは
 最後の最後においても、彼らを影ながら支えた。

 行き場を失った歴代魔王の魂を受け入れ、彼らと共に長い長い眠りに付いたのだ。

 こうして長い眠りと共に、女魔法使いの旅は終わった―――

黒曜『―――目覚めを待つ者がいなくては寂しかろう』

イメージ 6

 しかし中に居た元魔王・黒曜が「転生術式」を発動し、羽っこを転生させていた、と。
 里の様子からして数十年単位が過ぎたようです。

 でも少なくとも、女魔法使いは、おはようを言い合う喜びを味わうことが出来たのでした―――。

「勇者」が生き延びていた理由

イメージ 7

 本来この世界観で「死んだ者」は、真っ白にリセットされ新たに生まれなおすようです。
 転生ですね。

 しかし勇者の場合
 倒したハズの黒曜が存在し続けた為、対となる彼はリセットを許されなかった。
 そのままの人格で、幾度も転生し続けていたっぽい。

■使い魔
 また、女魔法使いが羽っこにかけた転生魔法は
 いわば「生まれなおす先を操作する魔法」だったので、魂は共通ですが人格はリセットされていた模様。

収録

イメージ 8

 おまけページの赤さんも可愛かった。

まおゆう魔王勇者外伝 まどろみの女魔法使い
 原作:橙乃ままれ、作画;川上泰樹。講談社シリウスミックス。2014年5月発売。

 第25話:明星雲雀
 第26話:魂の四姉妹
 第27話:瀬良の図書館
 最終話:続く道へ

 おまけ1「文壇デビュー」
 おまけ2「櫛」

 まおゆう最終話と「その先」の物語、10ページ程度。

■おまけ
 原作者ままれ先生コメント
 そのほか色々、カバー下イラストなどなど。

 両先生おつかれさまでした。



 同原作者のアニメ「ログ・ホライズン」が2013年秋アニメとして放映、2014年5月現在は同じ枠で再放送中。
第1話「大災害」感想