GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

HF LBX アキレス・ディード、出来上がり!

 エクシアダークマター、HFアキレスの布マントが付くといまさら気付いた!

骨格を先に作り、外装を組み付けていくと―――、はい出来上がり!

イメージ 1

イメージ 10

イメージ 9

イメージ 11

 出来上がった後も、装甲パーツは簡単に取り外し可能。

■ハイパーファンクション
 HF第5弾、4月末発売「LBX アキレス・ディード」の出来上がり!
 射撃や飛行を再現するエフェクトも付属。

 ダンボール戦機Wは漫画版を読んだだけなので、実はこのカラーへの思い入れはそこそこなのですが
 やっぱり、このキットシリーズってば良く出来てますわね。

 作ってて楽しい、出来上がってカッコイイ。

※なお透明のスタンドは、市販の「魂ステージ」です。

目は「黄色」で色分けされていますけれど

イメージ 12

 そこはそれ、なんとなくガンダムマーカーの金色で塗装。
 パーツ分けされているので塗装は簡単。

 本体だと、アゴの黒い部分だけシールなので、そこも黒で塗っております。

 アゴヒゲが生えてる感じで、精悍ですねえコイツ。

第1弾「アキレス」から流用しているものの、外装は大半が新造

イメージ 2

イメージ 14

イメージ 13

 見ての通り、外装にあんまり共通項がないので、大半が新造部品になっています。
 よりメカっぽいというか、兵器っぽい。

 全体にボリュウムアップし、厳ついイメージになりましたね。
 ちなみにトサカの黄色とか、ソリコミのようなグレーのラインも全部パーツ分けで色分けされてます。

 レジェンドBBの武器も流用できますね。
※画像で持たせている銀色の剣は、レジェンドBB 闇将軍(殺駆頭)のモノ。

ちなみに背中はHFアキレスのまんまなので……

イメージ 16

 ストライカーパックがそのまま付けられます。リボンストライカーとかNE!
 なんでもリボンにしていくスタイル。

 逆に言えば、ストライクにマントを付けるのも可能ですよねー。※HFアキレスは布製マントが付属。

と言うわけで実際に付けてみたのだ

イメージ 17

 あ、ホントに付いた!(割と他人事のように)。

 エクシアダークマターって、本来は不要な「ストライカーパック穴」が付いているんですよね。
 ちょっとビミョーにスカスカしてますが。

※なおHF アキレスは2013年1月発売。
 同じくHF ジ・エンペラーにも布製のマントが付いてきてるのですよ。

なお付属品はこんな感じでした

イメージ 3

イメージ 8

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 7

 一番下は、純粋にあまり部品です。

■射撃系
 武器はライフルと盾、それに大型の狙撃銃が付属します。
 平手は左右。

 原型が槍使いだったので、右手の「突き」を再現する握り手も付いてますが、基本的に使いませんね。

 それにエフェクトが2種類の計3個と、スタンド。
 こんなところでしょうか。

 また、骨格に装甲を付ける際「足首」だけは差し替えになるので、ココも余ってしまいます。

背中にライフルを保持する、固定用パーツが付属

イメージ 6

 下から二番目の白いパーツは、こんな風に背中に保持する時に使う奴ですね。

■ハイパーファンクション
 第1~3作に付いていた「機体名シール」が無かったのが地味に残念な程度。
 4作目のイフリートはまだ積んでます。
 次はコレにしようかしら……。

と、思いつつ他にもこんなの作ってたりしますが

イメージ 15

イメージ 1

 黒とグレーは悪役カラーですが、アゴヒゲが生えてるみたいな頭部や全身装甲のボリュームアップなど
 単純な色変えでなく、手間の掛かるデザインになってますね。

 ダンボール戦機Wは漫画でしか読んでない上、ディードの出番は決して多くありませんでした。

 が、続編のダンボール戦機WARSでは、主人公のアラタが愛用していたという設定でチラりと登場
 スペシャルアニメで活躍してくれたのが嬉しかった!

 同じ作品を引っ張ったのはいけなかった、と反省されたらしいですが、次回作もやってほしいですね。

※しかしシリーズを引っ張るのは良くないって
 創作業界だと、アニメ漫画ゲーム問わず耳が痛い言葉ですよねえ……。