GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

絶対可憐チルドレン 38巻 [椎名高志]

      無駄な過去なんて無い。本作の原点「未来」が語られる第38巻っ!!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 憎しみ深き、傷だらけの堕☆天使 兵部少佐も心境の変化が。
 憎しみだけで生きてきた、そう言い張ってみても
 それでも救ってきた者が拠り所に……。

 

 当初は犯罪組織だったパンドラも、すっかりエスパー寄り合い所。だがこれも悪くありませんね。

 

■原点の未来
 本作のごく初期(というか読み切り時代?)から語られてきた破局
 その原因が黒い幽霊だった……。
 そこまで根深いの!?

 

 てな訳で、現在進行中のエピソードで「本筋の一つ」が終わろうとしています。
 ああ、いよいよ最終回が近いのか……。

 

※なお本誌を追っている家人によれば、高校生編が始まるヨとの事。まだ続くんかい!

      本来の時空では、彼女は結局自由になれなかった―――

イメージ 5

 黒い幽霊の「商売」がエスパー排斥に直結、あの破局に。ギリアムさんの望みは達せられた訳ですな

 

■分岐点
 虚数空間から復帰し、ギリアムを追い詰める兵部少佐。だが「黒い幽霊」ギリアムは最後の切り札を切る。
 裏でエスパーの兵器化をしつつも、「まっとうな軍産企業」でもある彼は
 西欧の軍を動かし、大型爆弾を用意していたのだ。

 

 一方、ユーリを解放すべく戦っていたチルドレンは、フェザーの正体が「別の未来の自分達」だと知る。
 そして皆本もまた、自分を苛んできた「未来」が変わりつつあると知った。

 

 今こそ、あの未来を変える時なのだ!

 

 黒い幽霊の愛情を受けて育ったユーリは解放を拒むが
 彼女の前に、ダメ押しとばかりに「未来から来たもう一人のチルドレン」が姿を現す―――。

      収録

イメージ 6

 おまけのユーリちゃん(仮)がノリノリで可愛い。

 

 

 1st sense. リターン・オブ・ファントム(12)
 2st sense. リターン・オブ・ファントム(13)
 3st sense. リターン・オブ・ファントム(14)
 4st sense. リターン・オブ・ファントム(15)
 5st sense. リターン・オブ・ファントム(16)
 6st sense. リターン・オブ・ファントム(17)
 7st sense. リターン・オブ・ファントム(18)
 8st sense. リターン・オブ・ファントム(19)
 9st sense. リターン・オブ・ファントム(20)
 10st sense. リターン・オブ・ファントム(21)

 

 おまけ書き下ろし「このマスク、薫ちゃん達にあげますっ!」

 

■収録補足
 戻ってきた少佐が「歓迎してくれたまえ」とドヤ顔を決めるROF12から
 もう一人のチルドレン、が姿を現すシーンで〆る21まで。

 

 もし今回で「本筋」が終わり、その後も話が続くなら「ゴーストスィーパーの終盤」を思い出しますが
 果たして、今回の一件でどれだけの伏線が消化されるのか。
 次巻が楽しみですね。

 

 まだまだ思わせぶりな発言は多いですしねえ。