GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ラブライブ! 2期 ♯2「優勝をめざして!」

大会運営による強烈なハードル。全編ドタバタ、合宿編!!

イメージ 5

イメージ 12

イメージ 9

※画像右下隅クリックで拡大。

 スクールアイドル、という制度による大会「ラブライブ」優勝を目指す少女達の奮闘記!
 大会運営が課したのは「未発表曲オンリー」という縛り。
 シロウトには辛いな!

 作詞・作曲・衣装作り! ドタバタ尽くしの合宿編!! 頑張りを軸にしてるのも良いですよねー。

■第二話っ!
 冒頭に「あらすじ」があったものの、作画は一枚目・動画共にまったく落ちない!
 いやあスタッフさん気合いが漲りすぎですわー。

 終始ドタバタしっぱなしの一編でしたが、キャラの魅力を「アニメ」が盛りたて、見ていて飽きなかった!

 作曲担当、西木野 真姫さんも今回大活躍!
 その分、発音の独特さが際立ちましたが、でもこれはこれで味がある…、と思えてしまう今日この頃。

にこ『曲はいつも、どんな時も、全員の為にあるのよ―――』

イメージ 15

 シリアスの直後に焼きイモ。にこ先輩の行動って、いちいち昭和アニメの波動を感じる…。

■九人いるから
 困ったときは合宿! 元生徒会長絵里の音頭で、ラブライブ合宿がはじまった!
 いわく、第二回大会は「未発表曲」限定だという。
 これは合宿で作曲せねば!

 ということで、μ's一同は西木野真姫の別荘へと押しかける。

 だが焦る気持ちか
 作詩も作曲も服飾もいきなり暗礁に乗り上げてしまう。

 けっきょく絵里の提案で三名ずつ三チームに分け、九人がかりでそれぞれの役割に挑むμ's達。
 それぞれが星空の下で語り合い、第二回ラブライブに向けた新曲
 そして新たなコスチュームを完成させるのだった。

 次回、♯3「ユメノトビラ

『参加希望チームが予想以上に多く――』

『―――この段階で、ふるいにかけようって訳やね』

イメージ 4

 あらぶる元会長、絢瀬 絵里。何故にエコーを効かせたし。

■「合宿よっ!!」
 前回に続き、再びμ'sを衝撃が襲う!
 ハードルをあげる事によって、より効果的な振るいを行おうってな寸法か。

 学生アイドルだけに、素人っぽさを狙うチーム、学生とは思えないハイクラスなチームと色々ありそう。

 というか急遽第二回大会発表、予選追加、新システム作り、大会運営もノリノリである

合宿はじまるっ! ………そして「探さないでください by海未」。

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

 波紋失踪! と思ったら意外に身近にいたー!

■「落ち着きませんね…」
 作曲は一年で富豪の西木野真姫
 作詞は二年、しっかり者で山と特訓が好きな園田海未。服飾も二年、海未と同じく生徒会の南ことり

 三人を中心に、残り六人は基礎練習に励む事になった―――。

 ま、にこ先輩と、語尾が「ニャ」な凜さんが昭和なトラブルを起こしたのはさておき。
 なんという、昭和な懐かしさを感じさせるトラブル……。
 アクセントを忘れない先輩さすが。

 しかしプレッシャーの為か、三人は膝を抱える事態に。新兵がよくかかる病気ですね。わかります。

小泉 花陽『なんだか……、眠くなっちゃうねえ…』

イメージ 11

 九名を三班に分け、それぞれ分担をする事に。

■乙女だ…
 ことりを中心にした服飾チームは、穂乃果に引っ張られてまったりモードに。
 文字通り花を摘み、ヒントにしようとする花陽さんが乙女。

 しかし穂乃果、胸に「ほ」って、そんな服どこで売ってるんですねん……。

海未『凜! 絶対にこの手を離してはなりませんっ! 死にますよぉぉぉっ!』

凜『いやあぁぁぁ! 今日はこんなのばっかりニャー!!!』

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 アイドルと言えば山。多分。

■定評のある…
 一方、作詞チームの海未さんは元気に暴走中。
 そんなに山が好きかぁぁぁぁ!

 が、元生徒会副会長の東條 希先輩に諭され、山を降りるのでした………。なんという不思議さん。

にこ『いま、何て言った!? 三年生のためって言ったわよねっ!』

イメージ 15

イメージ 16

 作曲チームの真姫は、ついつい「三年の為に!」と意気込んでいた事を漏らしてしまい
 三年である、にこ先輩にたしなめられる場面も。

 いつもどんな時も、全員の為に!

 おかげでインスピレーションに恵まれます。
 が、焚き火=焼き芋って、発想にいちいち昭和感が漂うのは何故なんですか先輩。

※家庭用ゴミ焼却炉すら風当たりが強いというのに!

穂乃果『だって九人も居るんだよ! 誰かが立ち止まれば、誰かが引っ張る――』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 20

 だって九人もいるんだよ! 誰かが立ち止まれば、誰かが引っ張る。誰かが疲れたら、誰かが背中を押す…
 みんな、少しずつ立ち止まったり……、少しずつ迷ったりして。
 それでも進んでるんだよっ!

 だからきっと、できるよ! ラブライブの予選の日は、きっと上手くいくよっ!!

■一番大切なのは
 穂乃果の言葉に背中を押されることり
 希先輩の励ましで、気持ちに火をつける海未
 そして心地良く鍵盤へ向かう真姫、それぞれが動き出す――――。

 三つのチームに分かれたμ'sは、それぞれに励ましあい、心で力となってゆく。

 さすが穂乃果さん、いい感じに〆てくれますね。全裸で。

絵里『でも起きたらすぐ練習よ。……みっちり、ね』

イメージ 21

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 24

イメージ 22

イメージ 23

 エンディング「どんなときもずっと」。合いの手が入りまくるのがまた良いですねー。
 かくして合宿は大成功!

 つまずきながらも手を取って進んでいく、素敵に青春って感じがしますね。

■完成!
 二話にして本格練習開始と、なかなかハイペースな感じ!
 とはいえ、ここから予選と本戦があります。

 新曲「ユメノトビラ」をひっさげたμ'sに、まず立ちはだかる障害とは!!
 次回サブタイはそのまんま!

 次週、♯3「ユメノトビラ