GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

クロスボーンガンダム ゴースト 6巻 感想[長谷川裕一]

伝説のMA「ビルケナウ」猛戦!! 細菌争奪戦は、新たな局面へ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 金色の特務部隊を率いるザンスカールのキゾ中将。いつかのV外伝も彼の手勢だったという訳か。
※画像右下隅クリックで拡大。

 ザンスカール戦争(Vガンダム)の裏側で戦う、蛇の足のクロスボーン物語は新たな局面へ。
 舞台は、∀ガンダムを思わせる南米の高地へと移り
 もう一人のマリア女王が出現する。

 長谷川氏得意の「歴史の行間」がまたも炸裂! もう一人のマリアの行方が気になりますね。

■マリア候補と地獄
 UC00150年代、宇宙細菌を保有するエリンの本意は、手に負えぬコレの消滅にあった―――。
 この物語が「背景」で終わる以上、うまい落としになるはずですが
 細菌は暴走中将の手に渡り厄介な状況に。

 一方、ジャブローに再び炎が巻き起こり、これを目撃したフォントは決意を新たに。
 人がやっちゃいけない行為だ、というシンプルな理念が男前。

 あの「海賊の成れの果て」ブラックロー運送が、実は多国籍な大企業にのしあがっていたり
 まさかの「鋼鉄の七人」が再登場するなど嬉しいサービスも。

『―――恐らくは女王になれなかった、振るい落とされたマリアの一人』

イメージ 5

 あの「マリア女王」以上という謳い文句で登場しましたが、その能力にはいきなり陰りが。

■「動くなら今夜だよ」
 UC0153年、地球に侵攻したザンスカール帝国は「人を幼児退行させる兵器」エンジェルハイロウを開発
 これをより効果的に運用する殺戮細菌を求め、木星の「蛇の足」と交戦する。

 細菌が手に負えぬと知ったエリンは、これを焼き払ってしまうのだが
 感染者である彼自身が帝国に囚われてしまった。

 幸いにというか、彼を捕らえたキゾ中将は「帝国の乗っ取り」を企む武闘派だった為
 中将自身が、自身の傀儡にしようとする女王候補の町へ彼を連行
 本国への流出は避けられた。

 感染者エリンの奪取を図り、地元レジスタンスと連携した「蛇の足」は暗躍する―――。

トレス『あんた、私の方が自分に惚れてんじゃないか?とか思ったろっ!』

イメージ 6

 リガ・ミリティアのVガンダム隊残存、Vガン名物キレイなお姉さん枠のトレスさん
 嗚呼もう、どんどん行ってはならない方向へ………

 死を覚悟した瞬間キスしてみせたり激情家なトレスさんは、果たして生き残ることが出来るのか!

 いや冗談抜きな話で。

収録

イメージ 7

 機動戦士クロスボーンガンダム ゴースト<MOBILE SUIT CROSSBONE GUNDAM GHOST>、6巻。
 長谷川裕一著、角川コミックス・エース、ガンダムエース連載作品。
 2011年連載開始。2014年3月発売。

 プロローグ
 第24話 争奪戦
 第25話 炎と滅びの間で
 第26話 地獄にて
 第27話 もう一人のマリア
 第28話 広場の再会

■巻末 メカ解説
 多目的攻撃兵装「クジャク」  …新生ムラマサブラスター兼用ピーコックスマッシャー
 バタフライバスターB    …新生バタフタイバスター
 サポートマシーン「ノッセラ」  ……そのまんま
 ZMT-A305 モビルアーマー「ビルケナウ」

 ちなみに今回のビルケナウは、Vガン本編に登場した機体の「試作機」という位置付け。
 キゾ中将の部隊は、ジオン技術の現代版再現を狙った技術試験隊で
 ビルケナウはザクレロがベースとか……

 って、初めて聞いたよそんな話!?