GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

中二病でも恋がしたい!戀 放映終了、感想まとめ

REN!を描いた中二病恋物語! 二クール目終了っ!!

イメージ 1

イメージ 2

 新サブタイトルの通り、前期以上に恋が主軸となった「中二病でも恋がしたい!」。

■リターンズ!
 相変わらずドタバタな中二病が帰って来た!
 一期でキャラに馴染んでいる分、更に磨きが掛かった楽しさがありましたね。
 また、相変わらず一枚絵としても動画としても素晴らしい!

 勇太と六花、モリサマー達のコントに、くみん先輩の先輩っぽさも増してて良かった!

■戀!
 ただ恋愛要素については個人的には微妙。
 あの一クール目ラストから「破局」なんてやっぱりありえない訳ですから。

 わざわざ「実はこんな人がいたんだよ!」設定をしてまで、やらなくて良かったなと。

勇太『我々の契約は、邪王真眼恋人契約だ!』

イメージ 3

 まさか暗視スコープにあんな意味があったたァ思わなんだ。

■恋の再確認
 一話で回想&新環境を整えつつ、ラストで「暗炎竜復活」を六花さんが知り行動を開始します。
 二話冒頭、さっそく暗視スコープを買ったのは捜索の為だったんですね。

 やがて二話で恋の現状確認して「このままでいい」と結論するも、三話では七宮が登場。
 彼女が原因となって、六花さんは「中二病で良いのか」と心を揺らすも
 ここは九話にて颯爽と解決。

 七宮の気持ちと暗炎竜騒動を十一話にして解決し、最終話で再び気持ちを確認しあう――――。

これまでの感想、リンク一覧

イメージ 4

 今期で一番好きなキャラだったのは七宮。

 もし、ほんの少しだけボタンが掛け違っていたなら
 九話でそんなifを考えてしまった、恋する乙女っぷりは最高に可愛かった!

 彼女の扱いに対し、シナリオの方への好感度が下がった、なんて思ってしまった訳なのですよ。
 良い子だっただけに予定調和的に報われなかったという印象を受けるのですよ。
※感想には個人差が多いにありますとも。

■各話感想
 サブタイトルが当時の感想へのリンクになっています。





■主題歌
 OP VOICE
 ED Van!shment Th!s World

OP主題歌「VOICE」

イメージ 5

 I wanna fallin' LOVE....

 予感―…夢が続く 約束しても心がどこかで怯えてるみたい
 ひとりじゃないって 信じたいのに

 想い続けてるだけで幸せ なんて言えないね
 虚ろな自信背負っていても 君が笑う
 そして私の勇気になる

 一つの言葉で 君の世界を変えられたら
 二つの恋が進化する ホントだよ
 巡らせた迷いが見つけた答えは
 いつでも君に導かれた
 届ける覚悟が 様にならなくても
 素直に伝えたい (ココロアルガママコエガキラメク)
 Real come on voice 響き渡るよ

※一期を踏襲した本作らしい主題歌! しかし何故回るのか。回し続けたのか。