GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

スペース☆ダンディ 1期 放映終了、感想まとめ

なんて適当なアニメじゃんよ(褒め言葉)。終わる気も無く第一期終了!!

イメージ 2

イメージ 1

 バカ・ボンクラ・ポンコツの一人と一匹と一体でお送りした、スペース☆三匹狼物語。
 七月から二期クール目となる、分割二期形態。

■細かいことはいいじゃんよ
 いい加減を突き詰めると良い具合に良い加減になるじゃんよと思わせてくれたテキトーなアニメ。
 このトリオ、とにかくテキトーに世の中を渡ってゆく。
 けれどテキトーにどうにかなる。

 どうにかならない場合でも、次の回になれば、何事もなかったかのように日常に戻っているのである。

 毎回毎回「つづく」で〆つつ、全く続いてないのも様式美。
 まったく良い時間泥棒だったじゃんよ。

 あ、後このアニメを見るともれなく語尾が「じゃんよ」になるじゃんよ。

「スペースダンディは宇宙のダンディである」

イメージ 3

イメージ 8

 毎回毎回、壮大なナレーションと共に始まるしょーもない物語の数々!!
 そしてオチは毎回「つづく」。

 たとえ全滅しようがゾンビになろうが最終話だろうが「つづく」。

 確か、七話だけは「ジ・エンド」になってしまったが、あれはもう終わらなければ仕方ないから仕方ない。
 まさに「考えるな感じろ」を地でいくアニメ。

 そういった風に、考えてしまった、時点で視聴者失格なのかもしれません。そうに違いない。

これまでの感想、リンク一覧

イメージ 4

イメージ 5

 第四話のゾンビ回が最高だったのは言うまでも無いとして……、いやもう最高すぎて殿堂ですよ。

 また、本作でも屈指のレベルで「なんだこれ」と思ってしまった第七話のラストにて
 最高にクール、スゲェ!と思わせてくれたサーフィンはとても印象的です。
※感想には個人差があるじゃんよ。

 ジブリっぽいふんわりした柔らかさの中に、こってりとパロディが溶け込んでいた第10話も最高でしたね。

■各サブタイトル 
 こうして列挙すると改めて素晴らしいじゃんよ。

 第1話「流れ流されて生きるじゃんよ」
 第2話「幻の宇宙ラーメンを探すじゃんよ」
 第3話「騙し騙される事もあるじゃんよ」

 第4話「死んでも死にきれない時もあるじゃんよ」
 第5話「旅は道連れ宇宙は情けじゃんよ」
 第6話「パンツとチョッキの戦争じゃんよ」

 第7話「宇宙レースはデンジャラスじゃんよ」
 第8話「一人ぼっちのワンコ星じゃんよ」
 第9話「植物だって生きてるじゃんよ」

 第10話「明日はきっとトゥモローじゃんよ」
 第11話「お前をネバー思い出せないじゃんよ」
 第12話「誰も知らないカメレオン星人じゃんよ」
 最終話「掃除機だって恋するじゃんよ(完)」

■主題歌
 OP ビバナミダ
 ED X次元へようこそ

OP主題歌「ビバナミダ」

イメージ 6

 どこから来たかなんて わからないほどの日々で 
 このところ恋の習慣 忘れた 久しぶりだね

 我らにとって人生は、我が身を五分反省して
 超強引な君 ジュエル 外せば
 さびしげなその美貌

 たまには 暴れな シャラルラと 涙飛ばして
 流れる星見て 単純だ 皆同じ人間だ

 ビバナミダ こぼれおちてゆけばいいじゃん無駄じゃない
 止まらない 今の君が好き
 ナミダナミダ そうなんだ

 その涙 僕にゆだねてくれないか 七転び八起き
 共に行く! また最高って聞かせて
 ナミダナミダ 再見!

※作品世界ピッタリのOP! ナレーション共々、染み付いてしまいますね。今期でも好きなOPじゃんよ。

ED主題歌「X次元へようこそ」

イメージ 7

 ねえエヴェレット あなたの世界で わたしは一体どうなってるの 少し覗かせて
 ねえエヴェレット あなたが言うには 世界はとってもたくさんあるって
 ちょっとよくわからないの

 “Hi, Dandy”“Hello”
 “How are you doing?”

 ねえPh.D. 重なる世界は いつまでたっても平行線だわ
 頭がパンクしちゃいそうよ

 ああ 冷めては固くなり 熱すれば融けてゆく
 この世は理だらけで ダメになっちゃいそうね

 一次元・二次元・三次元 西から東へ流れる超新星
 Easy Game, Easy Game, too Easy Game
 行きはよいよい帰りはどうなった

 ああ 醒めない夢の夢 蕩けそうなミルキーキッス
 この世はどこまでも 膨らんでいくの

※ピンドラの時もそうですが、えつこさんの歌は癖になります。
 ああ、Easy Game, Easy Game, too Easy Game
 行きはよいよい帰りはどうなった…?