GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダムEXA 7巻(完) [ときた洸一+千葉智宏]

  極限進化は終わらない! ガンダムぶらり旅バトル漫画、最終巻…?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 決着は、サーベル一本での一騎打ち! これぞ男の戦いよ!!
※画像右下隅クリックで拡大。

 

 あらゆるガンダムをコラボする格闘ゲームガンダムEXバーサス」、そのコラボ漫画も最終巻?
 いやそれにしては……、と思ったら「第一部完」。
 極限進化は終わらないって事ですね!

 

 続く二期「ガンダムEXA VS」につなげる、第一期最終巻!!

 

■ex-の終焉
 巻末ではゲームスタッフの方々との会談も収録。
 楽しくも興味深い。

 

 ゲーム側の提案と、千葉氏&ときた氏の「掲載誌十周年企画」が丁度シンクロした企画だったとのこと。

 

 元々ゲームのラスボスとして、あのエクストリームガンダムとex-が存在し
 これをプレイヤー側でも使えるようにしたい
 という要望も組み合わさったとか。

 

 そんなex-さんの旅の終着点が、本作でも一番の節目となりました。

 

 当初は、彼自身がとっくに「全ての人間はデータだ」と知っているらしきラスボス感がありましたが
 そうした超越感が次第に薄れ、一人の人間になっていった物語でもあります。
※Gダイバー、キースを処分しているらしきシーンがあった為。

 

 そんな彼が未来を託した二期は、果たしてどんな物語となってゆくのでしょうね。
 とりあえず、あの謎のセシアもどきの正体を早く知りたいところ。

  ex-『バカな…、我が、セシアが、ジュピターXが………!』

イメージ 4

 ジュピターXを作った文明は既に滅び、システムだけが一人歩きしているに過ぎなかった―――!

 

■虚構の果て
 ガンダムX世界に迷い込んだレオスとセシアは、大規模エネルギーを求めてガロード・ランに接触する。
 彼らの姿に、レオスは「変えてはならないのは人の心だ」と気付かされるが
 一方、ex-もまた重大な真実に気付き、暴走を始める。

 

 ジュピターXに存在する全ての人間は、システムが運用している擬似人格に過ぎなかった。
 逆に、唯一の「擬似人格」だと思われていたセシアこそが
 たった一人の生きた人間だったのだ。

 

 自身の正体に気付かされたex-は絶望し、システムの再構築を始めてゆく。

  誰も我を止められはしない! 絶望の宇宙を見せてやる!!

イメージ 5

 人格変更されたGダイバーが操る、Hi-νとリボーンズガンダム。これなんてアムロ祭!?

 

■示してみせろ
 絶望したエクストリームガンダムはあらゆる世界へ飛び、次々と破壊を振りまいてゆくが
 全ての世界において、そこに生きるガンダム達がex-を迎撃する。

 

 あらゆる世界で拒絶されたex-はレオスと象徴をぶつけ合い、敗れ去った。

 

 自ら消滅を選んだex-は、レオスに「絶望の先の希望」を示して見せろと言い残し消えて行くのであった。

  この私を知らぬだと!? 無礼者め!

イメージ 6

 余談ですが、完全なチョイ役として「ガンダムW外伝 G-UNIT」世界もチラリと登場。
 最新の作画でスターダストナイツを見れる日が来ようとはっ!

 

 ……って、当時とあんまり変わってねえええええええええ!

 

 いや感想には個人差がありますけどね。
 ときた氏は安定してるなあ。

 

 どうもアスクレプオスの「お披露目以前」だった模様。うーん懐かしい。

  恒例の巻末「がんドモEXA」は五本を収録

イメージ 7

 すっげぇ適当に去っていくex-に笑えます。じゃ、あとはよろしく。
 その他にも、寄稿がどっさり。
 さすが最終巻(仮)。

 

■巻末対談
 前述の「ゲームスタッフとの会談」は、本作とEXVSの興味深い話がもりだくさん。
 また、ゲームでセシアさんが大人気という話も。
 ちょっと嬉しいですね。

  収録

イメージ 8

 セシアの初期デザイン。これはこれでかわいい。

 

 ガンダムエースコミックス「ガンダムEXA 7巻(完)」。ときた洸一千葉智宏
 月刊ガンダムエース連載、角川書店発行。
 2014年3月発売。

 

 episode.29 恋人たち
 episode.30 ガロードとティファ
 episode.31 ex-(イクス)
 episode.32 EXTREME EVOLUTION
 episode.33 極限の希望(完)

 

 Special 4koma がんドモEXA、カバー下イラスト有り。

 

■機体解説
 エクストリームガンダム type-レオス EXA・フェース

 

 ガンダムX
 ガンダムヴァサーゴ
 ガンダムアシュタロン

 

 

■作品解説
 ガンダムX
 ガンダムX外伝 UNDER THE MOONLIGHT
 ガンダムW外伝 G-UNIT
 SDガンダム英雄伝

 

■巻末オマケ
 ときた&千葉&馬場龍一郎氏スペシャル鼎談(EXVSシリーズプロデューサー)

 

■寄稿
 ときた御本人
 天神英貴氏(カバーフィニッシュワークを担当。ガンプラのボックスアートに声優などなど多彩な人物)。
 西村誠芳氏(ガンダムXにてキャラデザを担当)

 

 そして、ガンダムEXTREME VS FULL BOOST開発スタッフ一同様!