GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

キルラキル 最終話「果てしなき闇の彼方に」

「セーラー服は卒業するもの」。終わった……、最高に心地良い最襲回だった。

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 15

※画像右下隅クリックで拡大。

 鮮血正論! 心地良い脱力感が視聴者を襲う、心地良い最襲回でしたね。
 これが寂寥感というものか。
 寂寥感というものか!

 最後の最後に一人だけ欠けてしまったのが切ないですけれど、それもまた彼の本意だったのが救い。

■平和エンド
 何より驚いたのが、服は破れ血が飛び骨が軋んだこの物語、それがこんなに平和なオチだった事。
 例えば、四天王は必ず誰かが途中で裏切り、倒れると予想されましたし
 皐月様の扱いに関しても同様。

 きっと最後は、皐月様と流子が雌雄を決する昭和ケンカエンドだろう……、と。

 でも、彼女達も本来は年頃の女の子。
 だからきっとこれもアリ。

 彼女達がフツーの女の子になって終わるのは意外でしたが、心地良かったです。ワタクシ的には。

『……おかえり』『ただいま……、姉さん』

イメージ 13

 まさかこんなにストレートなハッピーエンドだったとは。

■卒業
 神衣神羅纐纈を以って、全ての服の頂点に立つ鬼龍院羅暁。
 地球をたった一枚の布に変えようとする彼女に対し、本能寺学園は総力をあげ立ち向かう!!

 世界は、もっとわけのわからないものに溢れていたほうが美しい!

 原初生命戦維と一体化した羅暁に苦戦を強いられるも、その能力すら流子は取り込み人衣一体と化す!
 人は人、服は服、全世界の服の頂点を奪った流子の号令に応え
 全世界で服は人々を解放した。

 世界を服から解放した流子に対し、羅暁は次なる生命戦維の襲来を予告して自ら散り
 鮮血もまた、流子帰還の代償となって散ってゆく。

 それからしばらく、すっかり平和になった街を、流子はマコ、皐月と三人で歩いてゆくのであった。

羅暁『―――いつまでも目障りな。誰が主なのか教えてやろうッ!!』

イメージ 4

イメージ 5

 開始二分でアルティメットDTR、四分で身代わり&脱衣! 詰め込みすぎィ!!

■絶対服従
 最強の神衣「神羅纐纈」の能力、それは全ての服を服従させる力であった。
 人海でしかける猿投山、合体DTR、マコを庇う蟇郡!

 生命戦維の力を封じられ、流子達は窮地に陥る!

 だが人でも服でもない流子だけは、生命戦維のパワーを駆使して針目縫に食い下がるのだが……

皐月様『落ち着け鮮血!』

鮮血『だが流子が!!』

イメージ 1

イメージ 6

 羅暁の「うぇ?」が絶妙。さすが兄さん!!

■「紛い物」
 膠着を破ったのは、なんと単体で「疾風戦刃」を発動した鮮血!!
 鮮血の直撃を受けた羅暁は、鳳凰丸を弾き出され、絶対服従の発動キーを失ってしまう。

 鮮血もまた服でも人でもなく、紛い物の神衣である故に、絶対服従が効かない!

『『人でもなければ服でもない! これがホントの人衣一体ッ!!』』

イメージ 2

 流子が「人間に生命戦維を打ち込んだ」存在なら、鮮血は「生命戦維に人の因子を打ち込んだ」存在。
 二人とも人でもなく服でもない!
 これぞ人衣一体!

 流子と皐月を旗頭、第ニ期オープニング「ambiguous」をBGMに本能寺学園は切り込んでゆく!

 先ほど刺された蟇郡先輩も復活!
 何せ彼には、中学時代、第九話「チャンスは一度」で見せた通り、親戚のおじさんが作った腹巻があったのだ!

美木杉『ヌーディストの良い所も見せないと、ただの脱ぎ損だッ!!』

黄長瀬『アンタは好きで脱いでるんだろうがぁァッッ!!!』

イメージ 7

イメージ 8

 ラスト「これでようやく服が着れるぜ」等、黄長瀬さんの台詞がいちいちツボすぎた。

■縫の着心地
 本能寺学園+ヌーディストの猛攻に、通信アンテナは景気良い音と共に大破。
 同時に羅暁も鬼龍院姉妹に追い詰められますが――。

 ここでまさかの針目縫吸収!

 彼女は流子同様の生命戦維融合体ながら、体内の生命戦維側が強すぎ「生命戦維を着れない」体質。
 その彼女を、原初生命戦維に取り込ませることで一体化

 縫の支配下に置いた原初生命戦維を「着こなす」ことで、羅暁は再び絶対服従能力を復活させます。

マコ『流子ちゃん! デートしよう!! 帰ってきたら可愛い服着てデートしよう!』

イメージ 18

イメージ 9

イメージ 20

 最終回でもマコ劇場! 一般人なのに最後までよう引っ張ってくれましたわ!!

■ハイパー全裸大戦
 原初生命戦維と一体化し、自ら「アンテナ」から発令する羅暁。彼女の言葉通り世界は服に覆われてゆく。
 マコと帰還を約束した流子は、本能寺学園の全極制服を鮮血に吸収
 最終形態「鮮血 更衣(きさらぎ)」で飛翔する!

 本能寺学園最強のセーラー服と、対・生命戦維兵器である太刀斬りバサミ!!

 第一期オープニング「シリウス」を背に受けて、宇宙を舞台に激突する二人の生命戦維融合体。
 だがそれでも、地力は原初生命戦維を従える羅暁に分があった。

羅暁『だが生命戦維が私を傷つけることは出来ないッ!』

流子『その絶対服従の力、頂いてもか!』

イメージ 19

イメージ 10

 だが第21話冒頭の通り、生命戦維融合体が「死にかけるほどポテンシャルが上がる」事を活かし
 敢えて羅暁の一撃を受けた流子は、渾身の力で生命戦維を吸収する!

 ずっと鮮血が見せてきた「生命戦維吸収能力」、その最大出力で原初生命戦維すら吸収する―――!!

 神羅纐纈すら完全に吸収してしまった流子
 人は人、服は服だと宣言!

 絶対服従能力と発信装置を逆用し、地球上の全生命戦維から人類を開放してしまう―――。

羅暁『―――下らんな。己の最後は己で決める!!』

イメージ 3

 全てが終わった後、流子は羅暁とすら和解を申し出るが、くだらないと笑った羅暁は自ら散った。
 生命戦維は「繭星降誕」を各地で発生、宇宙中に繁殖しているのだ。
 いつか再び、この星にも現れるだろうと予言する。

 人は服の家畜という信念を貫いた裸形は、人は人であり続けると応じた流子を笑い、宇宙に散る――――。

 最後まで自分を貫き通しての最後。
 なかなかどうして、思った以上のタマでした裸形さま。

鮮血『泣くな流子……、セーラー服とは卒業するものだ…』

イメージ 11

 神羅纐纈の吸収はさすがに無茶があったと、大気圏に突入、同じく散り行く神衣・鮮血。
 最後まで「神衣」だったのか、そのまま流子を庇って焼失します。
 やがて生身で大気圏を突破した流子は、哀れ地表に――――

 と、思いきや皐月様が走った!

誰にもまだ話してない あたしの秘密を 今夜教えたげる……♪

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 皐月様の絶叫ダッシュ! 全国でどれだけのコーヒーが噴出したのであろうか。

■そして
 更にマコが、裸の二人が、本能寺学園メンバーが総出で流子のカバーに入り、纏流子、見事生還―――!
 全てが終わった流子は、今度こそ皐月様をお姉さんと呼び
 約束通り、マコとのデートに出かけます。

 鮮血を失った痛みは消えないけれど、かくして平和が訪れた…。

 生命戦維に運命を弄ばれた少女二人、そしてわけのわからない少女が一人、そしてお付きが四名ほど!
 平和を取り戻した街を、おめかしした一同が歩いてゆく。
 少し寂しく、幸せな最襲回。

■わけのわからない世界
 最後の最後まで、皐月様から目が離せなかったのはヒミツとして、良い最襲回でしたね。
 グレンラガンのスタッフ結集、そして荒廃した世界観から
 もっと悲惨な物語を予想していました。

 それだけに、幸福な展開と結末は予想外でしたけれど、だからこそこれもまた良し!
 スタッフの皆様おつかれさまでした!

 なおアゲイン最襲話「第二十五話 さよならをもう一度」は、新規映像で映像ディスク九巻に収録予定。