GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダムエクシアダークマター HGBF ランナー構成

エクシア顔」もちゃんと付属。アメイジングエクシア発売も考慮された部品構成

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 HGBF-13、ガンダムエクシアダークマター(ガンダムビルドファイターズ)、2014年3月発売。
 標準の覆面顔、エクシア顔を選択して組むことが可能。
 変更時は頭部をバラす必要アリ。

 新造ランナーには多数スイッチがあり、アメイジングエクシアのキット化が考慮されている。

■原型は2007年10月
 00一期当時の、関節にABS樹脂を多用する「PC-123ポリキャップ」世代の関節はそのまま。
 ビームサーベルとして、00系の「SB-9」の角軸接続刀身も付属

 エクシアからCを1枚、エクシアR2からEランナー1枚を流用。
 新規ランナーは「エクシア D/A」と「ダークマターブースター」のタグが付けられている。

ダークマター
 メイジン用に開発されたエクシア改造機。
 世界大会投入時には未だ八割の完成度であったが、その完成形が本機となった。

 パイロットの技量が大きく反映される「剣による白兵戦」を想定し、対となる巨大な剣を二振り装備。
 ビームサーベルを兼ねたライフルも装備している。

 特徴的な大剣は腰部にマウント可能であり、他にも二振りのブレイドを装備。計五本の剣を持つ。

エクシアから1枚、エクシアR2のランナーを1枚流用。他は新造。

イメージ 4

 左がエクシアから流用されたCランナー(グレー)、ABS樹脂製で、関節ランナーも兼ねる。
 右はエクシアR2流用のE(色プラ)、右下に「角度付き手首」が追加された。


イメージ 5

 F(ワインレッド)、J1(クリアピンク)、J2(紫)、G(黒)、いずれも新造。
 ランナー名は「エクシア D/A」となっている。

 Fは、大剣の柄や、覆面風のマスクなど、ダークマター固有のパーツが除外できるようスイッチ配置。

イメージ 6

 H(黒)、Ⅰ1(ワインレッド)、タグ名はダークマターブースター。
 SB-9サーベル刀身、PC-123ポリ、PC-7球状ポリ
 ホイルシール。

エクシアベース
 要である関節と胴体がエクシアそのままなので、体型や関節は2007年10月のエクシア準拠。
 特に、腹部と胴体が一体成型され、腰も回転のみ等に不満が残る。

 新造されたG(黒)は、どれも造形的にはエクシアと変わっていないようだ。
 が、上腕の穴が無いなど改修も見られる。

 新たに「ナナメに角度の付いた手首」などが追加された為、ポーズの幅は増えているようだ。

ワンポイントアドバイス

 ビルドファイターズシリーズ特有の、ガンプラにひと手間加えようというコラムあり。
 今回は「ブライニクルブレイドの氷の刃の表現をしよう!」。

 キットは設定通りグレー刃である「つららの剣」の、戦闘エフェクト状態を再現しようというもの。

 要は市販の銀シールで刃部分を覆ってやり
 上から青マーカーで塗る事で、氷のような質感を表現しようと言うものでした。詳細は是非ガンプラで。