GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

未確認で進行形 第10話「デレ期という単語を調べたら」

予告から漂う圧倒的紅緒臭……! 三峰白夜、渾身のペアルック回!!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像はイメージです。イメージですってば。

 甘い! 甘ったるいラブのフローラル香る第10話!!
 いいなあ若いモンはっ!

 今回のサブタイ台詞は白夜。意外に現代文明に適応しております人外一族。

 しかし狙いはペアルック!
 昭和! 発想が昭和というか初々しいというか可愛いなあホント。

■このはの活躍は原作で
 そして、そんな甘さをスッキリとさせる紅緒様の活躍がたまりませんねー。
 ラブコメしつつも、くどさを感じません。
 まったりとしつこくない。

 今週Bは白夜中心でしたが、末続このはさんがAパートで活躍。
 が、欲を言うなら「小紅のお菓子を食べる前後」のシーン、原作4巻31ページは入れてほしかった!
 あと同じ巻の53ページ最後の表情な!

 祝! チョコたまご第二弾とか原作既読派にも楽しい面も! つまり両方楽しいんだよ!!

このは『(恋が)はじまってないけど、終わっちゃった?』

イメージ 4

 真相を聞いて一言。シンプルです末続さん。

■恋のレベルアップ
 許婚である事自体は嫌じゃない。
 一歩、恋のレベルアップを果たした三峰白夜はノリノリであった。彼なりにノリノリであった。

 更にレベルをあげようとペアルックを図る白夜。
 ペアルックは恥ずかしい小紅
 面白くない紅緒
 囃す真白

 けっきょく小紅に先を越されてしまったけれど
 ホワイトデー、またほんの少しだけ二人の距離は縮まって、恋は今日も進行形。

 次回、第11話「ハンカチを楽しんでるのよ」

真白『プププ、わかりましたよ、紅緒は白夜に嫉妬しているんですよー』

紅緒『ドヤ顔も可愛いわよ?』

イメージ 5

イメージ 6

 開幕早々無敵な紅緒。ツッコミに挑戦する白夜。今日も平常運転であった。

■改めて考えたら
 開幕早々荒ぶる紅緒様。
 だってさー、あらためて考えたら小紅に許婚とかチョー面白くないのよー……!

 先週の一件、また距離が近付いた二人に荒ぶる紅緒。
 紅緒アイは闘志力!

 さすがの白夜も「父親か!」とツッコむのであった。あと真白たんは妹だと思ってるから!

小紅『あの、末続さん、後で少しいいかな?』

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 4

 はじまってないけど、の発音が、割と本気っぽくて少し泣けます。

■「ケッコンしなさい」宣言の終結
 登校中に捕まった宇宙人ごっこ、もとい三人で並んで登校していた小紅達は末続このはと遭遇。
 そのまま、このはは真白と同レベルのケンカに突入しますが……。

 ここで声をかけた小紅は、このはに事情を説明。

 許婚が嫌なら解消したらと言った彼女に
 それが嫌な訳じゃないと話し、突然泣いてビックリさせたおわびに、シフォンケーキを手渡します。

 事情を知ったこのはは、自分の恋が始まる前に終わっちゃったのだとシンプルに理解するのでした。

このは『(あー、無理かー。仁子ちゃんの友達の私には言えないよねー)』

イメージ 9

 なんてシンプルな理解なんだ…。

■割とあっさり
 やがて、生徒会室でのひと悶着の後「なら、なんで事情を話さなかったのか」と一人ごちるこのは。
 噂になるのが嫌って、私が言いふらすような奴だと……

 ああ、仁子ちゃんの友達だもんねー私ー。

 でも実際仁子ちゃんがネタに困っているのも事実なので、ついとあるネタを提供しちゃうのでした。

白夜『えーと、小紅は俺の嫁?』

イメージ 10

 一度は言ってみたい気もする「後はお若い二人に任せて~」。

■白夜、調べる
 一方その頃同じ頃、小紅は白夜に俺の嫁宣言されていた。
 デレ期という単語を調べたら……。

 真白が余計な事を言うから、白夜さんに余計な知識が!

 白夜も料理を調べてましたし、意外にインターネットを使いこなしている三峰家。
 しかし真白とまゆらも仲良くてニヤニヤしますなあ。

まゆら『あれ、新しい校内新聞、小紅ちゃんのことが載ってる~』

イメージ 11

 基本、悪い奴はいない展開。良いと思います。

■紅緒新聞
 なお、このはが提供したネタとは「生徒会長の妹、小紅は料理上手」というネタだった模様。
 ていうかこの新聞、紅緒ネタが八割じゃないですかー!
 宗教か!

 なお紅緒様、その部分をカッターで切り取ろうとした模様。
 壁貼りの私物化はダメ、絶対。

 撫子副委員長のストッパーっぷりが良いですよねー。幼馴染の風格。

小紅『そうよねー、記事になった小紅の可愛さに変な虫がついたら―――!』

イメージ 2

 なお紅緒様、この記事が原因で小紅に悪い虫が付いたら……、と危惧された模様。
 こわいちかいこわい。

 今週も紅緒様がいい感じに狂気でなによりです。BGM秀逸。

小紅『す、末続さんて、結婚って、……白夜のことが好き、なんだろ?』

真白『あー、単に同族だからですよ』

イメージ 12

 あっさり明かされていくスタイル。

■「ペアルックとか!」
 小紅、末続さんの気持ちをおもんぱかるも、真白があっさり否定。
 白夜に結婚しろと言ったのは、単に同族だからです。

 あと、小紅も半分同族みたいなもんですから気にしないでください。

 え?
 いや白夜が半分力を注ぎ込んで命を救った訳ですから、その時に「力」も半分流れ込んだそうな。
 まあ何かファンタジーっぽい力が使える訳でもないらしいですが……。

 しかしあっさりした解説である。

 だから気にしないでイチャつけば良いんです! ペアルックとかしちゃえば良いんですよ!!

紅緒『勝ったわ! わたし小紅とペアルックした事あるしっ!!』

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 1

イメージ 15

 張り合っていくスタイル。

■ペアルック
 会話を中途半端に聞いた紅緒様、唐突に勝利宣言。
 これを聞き、いよいよ「俺も小紅とペアルックしたい」と念を飛ばす白夜であった。
 昭和だ! 発想が昭和だ!!

 次は、真白たんとペアルックするわ! とドヤる紅緒様も素敵。

 が、ここで真白が着想。
 ホワイトデーのプレゼントをペアルックにすれば良いんですよー!! さすが兄のフォローが上手い。

白夜『しまった……、俺は、編めない……!』

イメージ 16

 なお白夜、手編みのセーターをまっさきに思いついた模様。
 なんという重い男……!

 ついでに紅緒様、編み物もアウトな模様。オールラウンドハイスペックなのに弱点多いな!!

白夜『俺、今日は用事があるから……、帰りは別行動で』

イメージ 3

イメージ 17

イメージ 18

 小紅さん、チラチラ目が泳ぐのがまた可愛い。そして始まるリアクション大会がまた。

■「私と…おそろいだから」
 思い立ち、珍しく一人でデパートへ行ってプレゼントを選ぶ白夜。
 その帰り道に、先に帰ったはずの小紅と出会う。

 ペアにこだわる白夜の為に、自分からおそろいのハンカチを買ってきてくれたのだ――――。

 白夜は後光を発して喜び
 そして、そのラブ臭を感知した紅緒が衝撃を受ける!

 こんなになるから言えなかったんですよー! ラブ臭を最大まで高め、後光で笑わせるスタイル。素敵。

白夜『これは……、秘密だ!!』

小紅『あ、姉さまと真白にも、はい』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 22

 リアルに「え?」と言いたくなる一幕。

■リベンジですよ!
 ここで小紅、紅緒と真白にも、おそろいのハンカチを差し出すのだった。
 これには白夜も苦笑い。

 チョコたまご第二弾とハンカチに喜ぶ真白
 でも白夜は「おそろい」が、全員とおそろいだった事に少なからずショックを受ける。

 が、上機嫌の真白は「ここからが勝負の見せ所です!」と白夜を煽るのだった。

 ファイトー!!
 って、上げて落とすとは流石です小紅。なんて頼れる嫁なんだ。

 が、実はこのハンケチのお話には続きがありまして――――、これは次回ですか? 次回ですよね!!

次回、第11話「ハンカチを楽しんでるのよ」。by紅緒

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 21

 ホワイトデーネタと言いつつ、小紅からプレゼントを贈る展開となってしまった第10話。
 だが、これはこれで微笑ましいというか後光というか。
 終盤が怒涛すぎて楽しすぎた!

 果たして次回、ホントに白夜はリベンジを試みるのか、或いは……?

 表情豊かになるにつれ、どんどん白夜が好きになれますね。
 素晴らしい「えっ」だった。

 次回、第11話「ハンカチを楽しんでるのよ」

 あとまったく余談ですが、同作者様の四コマ「三者三葉」も面白いのでお勧めです。
 そっちは恋愛要素がゼロを通り越してマイナスレベルですが。
 アニメ化しないかなー。