GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

続ハーメルンのバイオリン弾き 3巻[渡辺道明]

    それは現か幻か? 幻術の果て、今度こそ「大魔王ハーメル」が誕生する…?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※ただ今巻一番面白かったのはカバー下。異論は認めますん。

 

 自称「時間を操る能力者」に導かれ、第一次スフォルツェンド大戦に飛ばされてしまったトロン
 彼の迂闊な行動の結果、リュート王子が生き延びるif展開が発生。

 

 その結果、大魔王ハーメルが誕生する……?

 

■風が吹けば桶屋がチェーン展開
 普段ボケ倒していながらも、悲惨な過去を重ねてきたハーメル一行。
 けれど、そんな過去を「是正」してしまった場合、一行が出会う理由も無くなってしまうのです……

 

 人生万事塞翁が馬を地で行く彼らが、うっかり過去を塗り替えてしまった結果がこれだよ!

 

 と、言いたげな展開。
 もっとも、多分これは幻術の類でしょうね。
 そんなスッゲー能力があるなら、たかが妖精王ごときにかしずいているはずもなし。

 

 幻術で心を痛めつけ、ハーメルの「魔王化」を図るバラライカの真意とは?

    旧シリーズ「直後」からはじまる続編

 いわゆるキン肉マン二世方式でやった続編、息子たちの世代「シェルクンチク」とはまた違う
 ハーメルたち自身を主人公にした、旧作の完全な続編。

 

 個人的にはシェルクンチクより面白いと思いつつ読んでおります。

 

 作者、渡辺氏自身が展開するweb連載&コミックス。
 ただそのためか、コミックスの装丁、文字の書式の選び方なんかがプロには劣る感じも。

    クラーリィ『妖精王、かつて大魔王ケストラーをも悪夢に落とした男―――!』

イメージ 4

 とはいえ現状では、かつての大魔王ケストラーの行為の焼き直しに過ぎません。その真意とは?

 

■幻術に落ちる英雄達
 ハーメルとピロロ、トロンとフルート、サイザーとライエルはそれぞれ幻術に踊らされる。
 特に、心の支えだったフルートと引き離されたハーメルは最悪だった。

 

 散々心を痛めつけられ、幻術のフルートに縋ってしまったハーメルは、今度こそ心を折られる。

 

 一方、物言えぬ身体にされたフルートと共に「過去に飛ばされた」トロンは
 第一次スフォルツェンド大戦に介入してしまい
 冥法王ベースを撃破する―――

 

 かくして「リュートが救われた世界」へ流されたトロンは
 同じく流されたクラーリィらと共に、心を折られ、大魔王と化したハーメルと対峙することとなる。

    収録

イメージ 5

 さて、単なる同士討ちが狙いなのか? コルネットさんも出番があって何よりです。
 でもライエル&サイザー組の下ネタは閉口気味。

 

 ココカラコミックス「続ハーメルンのバイオリン弾き 3巻」。渡辺道明
 web上で無料連載中、スタジオロードライト発行。
 2014年2月発売。

 

 第9楽章♪=3「3枚の扉」
 第10楽章♪=31「第1次大戦の残照」
 第11楽章♪=77「深く胸に残す傷跡のパバーヌ1」
 第12楽章♪=113「同2」
 第13楽章♪=143「伝えられなかった者たちの狂詩曲」
 第14楽章♪=171「流浪の民

 

 作者コメント+カバー下、各所にオマケ漫画もりだくさん!

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

tahomaru.hatenablog.com

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

gno.blog.jp

 

gno.blog.jp