GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ウイングガンダムゼロ HGAC購入 ランナー構成

ウイングゼロ」久々の復活! 派生キット予定は、特に見当たらず?

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 HGAC-174、1/1440 ウイングガンダムゼロ(新機動戦記ガンダムW)。

■19年目のゼロ
 放映時、1995年以来ひさびさの1/144 ウイングゼロ! EW抜きと言う意味では本当に久しぶり!!
 ガッチリしたプロポーションを再現。

 規格は最新のPC-002ポリ、手首は「手の甲と指」の2パーツなど、HGオールガンダム規格に準拠。

 EW続きの中での久々の無印。
 ロボット然としたデザインが懐かしくも嬉しいですよね。
 シールを見る限り、殆どの色分けはパーツで再現。技術の進歩を明確に感じさせられます。

■勝利を強いるガンダム
 アフターコロニー暦において、トールギスを推し進め開発された「最初のガンダム」が本機である。
 性能もさることながら、反省点として、パイロット側に作用するゼロシステムも搭載。
 機体とパイロット両方の性能を引き出しきる機体となった。

 だが「パイロットに完璧な勝利を強いる」ゼロシステムを恐れた博士たちにより
 データ段階で封印されてしまう。

 しかしそれから15年、狂気に走ったカトル・ラバーバ・ウィナーの手により、本機の存在は現実となる。

派生キットの予定は見受けられず?

イメージ 3

イメージ 4

 A1&A2(白)、B(軟質/グレー)、C(赤)、D(インディブルー)
 E1(黄色)、E2(硬質/クリア緑)。

 PC-002ポリ、SB-13丸軸サーベル刀身、ホイルシール。

■主なシール
 ライフルとウイングの黄色、シールド「黄色パーツ」周辺の赤など。
 変形時は足首差し替え。

 見ての通り「A1とA2ランナーを一部共用する」為のスイッチのみ確認。
 派生キットの予定は見られません。

 HGオールガンダムプロジェクト
 当初は「ガンダムBFとの連動前提か?」と言われてきましたが、結局あんまりありませんでしたねえ。