GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

未確認で進行形 第9話「くつじょくです、はずかしめをうけました」

ポジティブシンキング末続。小紅デレ期到来、修羅場潰しの第9話っ!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 なんていうか、このアニメのヒロインってむしろ白夜じゃないでしょうか。
 小紅さんはもう殿堂入りでいいとして。
 そんな第9話。

 ていうかケーキ食べたくなりますね。作画がんばりまくりだわ!

■末続無双…?
 話の軸はやっぱり末続さんだった気もしますが
 すっかり実っていた恋心を自覚し、いろいろ感情が溢れ出す小紅さんが可愛すぎてヤバい。

 いちおう恋敵的ポジションの末続さんも、単に言いつけでやったってだけなので後腐れもありませんし
 末続、真白、紅緒、白夜でコメディを入れてくるので重くなりませんし
 なにも考えず見れるので楽しいですね。

 次回、そんな末続さんのお話も一区切りか。もう原作最新刊まで来ちゃったよ!

※ただし今月さらに新刊の五巻が出ます。ワーイ。

『――――真白たんもそう思うでしょ!?』『ひいいバレてるぅ!?』

イメージ 4

 後ろに目が付いている女、紅緒。これはただのへんたいです。

■許婚
 既に希少な一族の一人として、もし同族を見かけたら、声をかけておけと言われていた末続このは。
 彼女が白夜を好きだと勘違いした小紅は、ショックを受ける。

 さらに、日頃、小紅と白夜が許婚である事を隠そうとしている事が諸々に響き
 ますます事態はややこしくなっていくが
 結局、正直な言葉が解決に導いた。

 許婚である事を隠そうとしているのは、白夜が嫌だから、ではないのだ。
 ただ、冷やかされるのが嫌だからであって――

 要は白夜が好きってことでしょ?

 真白に要約された小紅は慌て、紅緒はキレ、そして白夜はホワイトデーへのスタンバイに入るのだった。

 次回、第10話「デレ期という単語を調べたら」

白夜『何故(待てと言うんだ)? 百字以内で簡潔に答えろ』

イメージ 5

 例文風に問いかけていくスタイル。

■立ち聞き
 末続の「結婚しなさいよ」宣言、最後だけ聞いていた小紅。
 ショックで転倒し、そのまま去ってしまう。

 これを見た白夜は、返事も末続もそっちのけで、さっさと小紅を追いかけて行くのだが……。

 また「二人は許婚なんです」は真白がフォロー。
 さすが出来た小姑である。

 というか、結婚しなさい宣言でショックを受けたという事は、つまりは……。くっ、酷いラブコメ臭がする!

このは『許婚ってどういうこと……? 紅緒様の妹も同族なの…?』

イメージ 6

 という事は、紅緒様も私と同族ということ!? 高速ポジテイブシンキング。

■こじれる
 白夜は人外、小紅は人間、なのに許婚だという二人に疑問を持つ末続。
 同族じゃないのに許婚ってどういうこと?

 そりゃまあ部外者にはわかりません。

回想『いいなずけの事は、学校では秘密!』

イメージ 7

 白夜のフォローが(この手の作品としては)めっちゃくちゃ速くて惚れる。鉄壁のイケメン。

■こじれるこじれる
 あっさり小紅に追いついた白夜は、俺は小紅と結婚するから、と直球でフォロー。
 が、これを聞いていたカメラマン仁子が現れ、ややこしい場面に。
 許婚なのは隠さないと……。

 二人は付き合ってるの?
 付き合ってない!

 これまた直球のやり取りで誤魔化した二人だったが、否定されたことに小紅はショックを受ける―――

 仁子が去ると、すぐさま白夜は「事情は隠せと言ってただろ?」とフォローし
 その言葉に小紅は安堵するのだった。

恋心はいっちゃった♪

イメージ 8

 自分の為に「付き合ってない」と言ってくれたのに、ショックを受けるなんて、と自省する小紅。
 そして、ショックを受けた、という事は。
 つまりアレだ。

 自分の気持ちを確認し、真っ赤になる小紅であった。ついでに。

末続このは、嗚呼、勘違い

イメージ 9

 二人が許婚だと聞いた末続は、仁子から「二人は付き合ってない」と聞いて混乱する。
 許婚同士なら、つきあっているはずなのに……?

 ハッ! 親同士が勝手に決めただけで本人同士は嫌がってるパターンか!

 勘違いした末続このは、またも暴走するのであった。

真白『紅緒目当てで町に来たのか、と言われました……』

イメージ 2

 一方こっちも勘違い。くつじょくです、はずかしめをうけました!
 と、末続を非難する真白。

 そんなに嫌か!

 が、これを立ち聞きした紅緒は「真白が、末続にはずかしめをうけた」と勘違いするのだった……?

小紅『だから、あまり真白にかまわない方が良いんじゃないかと…』

紅緒『無理ねッ!』

イメージ 10

 言い切った! 清々しい! cv松井恵理子さんの仕事、素晴らしいと何度でも言いたい!

■仲介…?
 末続と真白が紅緒を巡って争っている、と聞き、俄然はりきる紅緒。
 要は、もうちょっと紅緒が自粛すればいい話なのだが
 無理ね!

 なら後は放っておくのが一番。

 この会話、小紅も色々ナチュラルに酷いのが笑えます。間が、会話の間が心をえぐるよ!!

小紅『(……やっぱり末続さん、白夜のこと好きなのかな……)』

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 またも小紅に背後に立たれ、「あ、はい」と、素で返事する末続さんも可愛い。
 この一件を踏まえると、白夜さんのイケメン度がさらにアップ。
 どこまで上がるんだあの男。

■連鎖達成
 翌日、さっそく小紅に宣戦布告する末続。
 白夜と小紅は、親に、イヤイヤ許婚をさせられているのだろう、と勘違いしているのだ。

 やがて小紅に「許婚のことは黙っていて欲しい」と頼まれた彼女は、正直にその推測を口にする。

 黙っていてほしいという事は、許婚扱いが嫌って事でしょ?
 なら相手に失礼だし、解消したら?
 と。

 白夜に失礼だと改めて気付いた小紅は、思わずほろほろと涙をこぼしてしまう……

紅緒『目にゴミがはいったの! 小紅の! かわいい目に! ゴミが!』

白夜『目にゴミ……? ゴミ……、許すまじ…!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 1

イメージ 18

イメージ 19

 無駄にいい笑顔が多くて素敵です紅緒様。

■デレ期ですよ
 ちょうど真白を探していた紅緒が現れ、事なきを得た小紅と末続。
 紅緒に察知され、ビビり倒す真白。

 この一件を経て、自分の態度が白夜に失礼だと改めて思った小紅は、たどたどしく言葉を重ねる。

 許婚の件を秘密にして欲しいのは、冷やかされるのが嫌だから
 別に、許婚自体が嫌な訳じゃないんだ―――

 その言葉を、折りよく現れた真白に「デレ期ですね」とまとめられ、小紅に衝撃走る――――。

 めでたいと笑う真白
 そのまま「ホワイトデーですから頑張りましょう」とはっぱをかけ、白夜にも衝撃走る――――

あのモケーレムベンベ回から早くも一ヶ月ですよ!

イメージ 2

イメージ 18

イメージ 20

 やっぱり恋するオンナノコは可愛い。そんなお話ですよねー。

 と言うわけで、次回はホワイトデーの話だ!
 おお原作とちょっと変えてるぞ!
 時事ネタだ時事ネタ!

※原作相当の話を「ホワイトデーの話」に小変更してお送りする模様。
 これは気が利いていますね。

 次次回、第10話「デレ期という単語を調べたら」