GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

キルラキル 第二十話「とおく群衆を離れて」

共闘する皐月、迷走する流子。怒涛の展開、第20話!!

イメージ 9

イメージ 12

イメージ 7

※画像右下隅クリックで拡大。

 宝田氏が無駄にカッコよかった第20話。
 なにあの敬礼。素敵!

 一方、本気でキレていた流子はそのまま罠にハマり、まさかの「純潔」装着へ。
 対するは鮮血と共闘した皐月様!
 これは盛り上がる!

 明らかにスペック的に劣る皐月様、彼女がいかに流子の失地を回復させるのか!

■姉妹
 針目縫の正体も判明、彼女も生命戦維との融合体、羅暁の娘のようなものだった模様。
 ともあれ「黒幕っぽさ」は完全に霧消した感がありますね。

 そして流子の株もそろそろ底値、ここらで一気にフラストレーションをブッとばすのか!
 いよいよクライマックス間近ですわ!
 嬉しくも寂しいぜ!

 しかし状況的に意図的なのかもしれませんが、流子、似合ってません。あ、皐月様はお美しくて何よりです。

羅暁『お前は可愛い私の娘だ、着るなら一流の服にしなさい』

イメージ 4

 先週に続き、またもこの二人に挟まれる流子。ホント不憫なヒロインです………。

■皐月vs流子
 昏睡から目覚めた流子は、生命戦維との融合体だった自身に戸惑い、一人駆け出す。
 自暴自棄となり、羅暁の挑発に乗って飛び込んだ末
 彼女の操り人形と成り果てる流子。

 一方、流子の突撃、そしてヌーディストビーチの全戦力による支援を受け、皐月は脱出に成功。

 羅暁の支配下に落ち、神衣「純潔」と共に人類に牙を剥く流子!
 その前に、鮮血を着た皐月が立ちはだかる。

 人と服の生存競争を代行する、壮絶な親子姉妹の家族ケンカは、新たなステージに移ったのだった。

『―――おかしいよ流子ちゃん! そんなのいつもの流子ちゃんじゃないよ!』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 1

 大技を冒頭に使用する。それは濃厚な失敗フラグ。

■開幕ハレルヤ
 自分は生命戦維と融合したバケモノ、それも鬼龍院羅暁の娘であり、父が作り上げた用意した兵器―――
 一気に明らかになった真実に、流子は完全に我を忘れていた
 マコの「ハレルヤ」すら効かないレベル。

 だが説得する暇も無く、針目縫、そして鬼龍院羅暁の遠隔操作体が出現、流子を煽る!!

 流子は、しょげる鮮血も、(乳首を光らせる)美木杉の説得にも耳を貸さず
 そのまま盗んだバイクで走り出すのだった―――。

 目指すは、羅暁に支配された本能寺学園!

蟇郡(中規模)『確かに、我々も向かうべき場所は決まったな』

イメージ 8

イメージ 2

 なお「敵は本能寺にあり!」は言うだけ野暮だった模様。是非もなし!

■光る大阪
 流子の深い哀しみを悟り、彼女の救援を決意する鮮血。
 その声は聞こえない、でも、流子を助けたい気持ちは一緒だと笑うマコ。

 一人と一着は本能寺学園を目指すと決め、そして「モニタ」を見た四天王もまた目を輝かせた!!

 皐月様があの「爪」を研いでいる姿を目撃し
 彼女が諦めていないと悟った四天王は、いやがおうにも目を輝かせる。

 敵は本能寺にあり! いざ燃え上がるマコ、鮮血、四天王、これは僕も……と美木杉も笑う!

美木杉『まったく、これは僕も、パンツを脱がざるを得ないな!』

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 3

 みたまえ! これが僕たちの最後の一枚だ! 欲を言えばハサミ型のまんまの方が好みだが!!

■「たのむで(真顔)」
 号令一下、ドートンボリ・ゲートがオープン!
 ヌーディストビーチ最深部は、まるごとせり上がって巨大戦闘艦「裸の太陽丸」となった!

 宝田財閥の財を、そそぎこんで作り上げた機動要塞
 ついでに、闇衛生兵・満艦飾一家も乗り込み
 船は本能寺に向かう――。

 この一ヶ月で覚悟を決めたのか
 或いは、最初からその腹だったのか
 私財を根こそぎ投げ打ち、なおヌーディストビーチに敬礼する宝田君が無駄に素敵!!

 ていうか、いちいち台詞がおかしすぎるわ!
 シリアスブレイカー美木杉。

※一応、協力関係だったのは当初。あのロボットなどはヌーディストの技術供与で作られていました。

皐月様『―――派手な迎えだな!』

イメージ 13

 一方、第四話「とても不幸な朝が来た」以来、久々のロープウェイでダイナミックに登校する流子!
 早乙女研究所、もとい本能寺学園を守るカヴァーズに切り込み
 次々と中の人達を救出してゆく。

 狙いは無論、鬼龍院羅暁!

 彼女の乱入を利用し、さっそく追いついたヌーディスト+四天王も乱入、皐月様もあっさり脱出するが――――

針目『解るよ流子ちゃん、寂しいんだよね? ―――誰も自分を解ってくれない』

イメージ 14

 お前もかい!

■「勝手に姉妹増やすな!」
 一方、流子にしつこく付きまとう針目縫、その正体もまた「生命戦維との融合体」と明かされる。
 彼女も、いや或いは彼女だけが、流子と気持ちを共有できるのだ。

 親は不明、鬼龍院羅暁が「生命戦維で出来た子宮」で育て、産ませた子供、それが針目縫。

 ゆえに不死身であり、桁違いの戦闘力を持つ―――
 そりゃ四天王じゃ勝てませんわ!

※ただし、一心は「いま縫が持っている方のハサミ」で、彼女の片目を再生不能に追い込んでいるんですよね。
 そっちが特殊なのか、使い方があるのか、或いはただの演出か!

羅暁『―――そう、それがお前の幸せ。服に着られる幸福……』

イメージ 15

イメージ 4

イメージ 16

 ミョーに羅暁さんが楽しそうで気になって仕方ない第20話。

■「はい、お母様ぁ!」
 生身では互角、かと思いきや、実は縫に色々されていた流子、そのまま囚われの身に。
 羅暁は、満を持して新型神衣……、ではなく「純潔」を着せに掛かる!

 純潔を着せられた流子は、生まれた時まで遡り、偽の記憶を刷り込まれ、彼女の娘と成り果てる。

 と、言うわけで純潔装着の流れに。
 純潔が「花嫁衣裳」という父の台詞も何気に回収。
 しかし純潔、開発経緯からすれば「生命戦維打倒を目的に、父が皐月の為に作った」気がするんですが……

 アレ、羅暁様側としてはどういう位置付けなんでしょうね。

流子『ブッ壊してやるよ! 何もかもなあっ!!』

イメージ 12

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 7

 皐月様、今までの格好の中で一番似合っている気もします!

■「流子が私以外の神衣を…!?」
 ようやく皐月様を奪還、むさくるしい裸の猿どもの船に座乗いただいたものの、即座に流子が追撃。
 文字通り生まれ変わった流子に対し、なすすべは無いに等しい。

 あの黄長瀬紬も、試作DTR!を駆って切り込むもそれすら一蹴。

 が、これを見越していた皐月様は、鮮血が自分を憎んでいるだろうと知りつつも協力を要請。
 彼を着ることで、神衣純潔を纏った流子に対抗するが―――
 果たして、鮮血を着こなすことは出来るのか!

 次回、第二十一話!

 鮮血は流子の遺伝子を組み込んであるそうなので、皐月様が対応できてもおかしくないはず。
 問題は、覚醒した流子に対し、皐月様の地力が及ばないことか?
 しかし武装取替えイベントとはまた熱い!