GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

未確認で進行形 第8話「妹の悲しみをいやすのは、妹」

シスコン紅緒、愛ゆえに滅びる第8話。なお真白が犠牲となった模様

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 最愛の妹、小紅を溺愛する紅緒。
 だが、その小紅に「姉様には秘密」と立て続けに言われ、これには紅緒も苦笑い―――。そんな第8話。

 要は、心配をかけまいと隠し事をするパターン。
 しかし何故だろう、紅緒様に対しては全くもってこれっぽっちの同情も感じないわ!!
 そんな紅緒様が大好きです。

 しかし「紅緒さまが好きなんでしょう!」って言われショックを受ける三峰兄妹、どんだけショックなの。

■未確認の恋敵?
 か、どうかはまた次回の話として。
 今週もこのはさん大活躍。当人真面目だけど、ズレまくってる空回りキャラって素敵だと思う!

 やっぱり動画になる、ってのは良いもんですよねえ。
 いい仕事ですわー、いいドヤ顔でしたわー。

 紅緒様に近付く為なんでしょう! と言い合うシーンとかも無駄に動きまくって良い仕事だったわー。

このは『―――でも良かったわ、キミが紅緒さまに興味ないなら』

イメージ 1

 声、作画自体もキレイで、しかも良い感じに動くのだから嬉しいですよねー。

■「キミ、私とケッコンして!」
 生徒会書記、末続このはが人外の一族と知り、小紅は頭を抱える。
 特に姉、生徒会長である紅緒は常日頃接する立場だし、言いふらすわけには行かない―――。
 こうして、秘密を抱え込む小紅。

 に、紅緒はショックを受ける。

 小紅が私に隠し事なんて!
 と、その哀しみを、紅緒は真白でうめようとするが
 なおも末続が真白に絡むことから、ますます「秘密」だと小紅が言い募り、ますます紅緒に衝撃走る――

 そんな紅緒のショックはさておき、白夜にも衝撃走る。
 お互い、既に希少となった人外同士なのだし、結婚しようと末続に迫られたのだ。

 次回、第9話「くつじょくです、はずかしめをうけました」

このは『ずっと山奥で育って、モブ以下だった私。でも!!』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 でも、町に越してきたからは変わった! メガネはコンタクトにしたし!
 これが町住まいの成果だ!

 ……ええ、要するにほぼ高校デビューですが!

 今週もそんなこのはさん回でお送りします。
 でも正直、いまどきこんな小公女みたいなスタイルしてたらむしろ存在感バッリバリだと思うよ!

小紅『秘密です、秘密!』

イメージ 8

イメージ 9

 そんな末続このはさん、実は三峰白夜&真白と同じく、人外の一族である――――
 と、前回あっさり真白に明かされた小紅。

 黙っておいたほうが良いよね! と人知れず決意し、紅緒がその犠牲に。

 そんな、小紅が私に隠し事なんて!
 うわーん反抗期だあああ!

 まるで年頃の娘を持った親御さんのようなリアクションである。似たようなものだが!

紅緒『悲しいわ! 妹の悲しみをいやすのは妹しかない!』

真白『どんな理屈ですかあ!』

イメージ 10

イメージ 11

 そしてスムーズに犠牲になる真白。
 サブタイトル回収!

 が、さすがに慣れたもので、すぐさま「紅緒のせいで嫌な目に遭いました!」と末続のことを訴えるが
 ここで紅緒「私の為に争ったの!?」とポジティブシンキング。
 こんな風に生きられたら楽しかろうな!

 そしてこのシーンラスト、地味に鍋の面倒を見てる白夜さんに惚れそうです。さすが。

小紅『他の人には言わないから! 秘密にするから! じゃあ!』

イメージ 2

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

 前回の「目撃事件」で、小紅に弱みを握られた! と被害妄想に陥るこのはさん。あらあらまあまあ。

■迷走
 その末続このはさん、今日も紅緒様で頭が一杯。
 妹――、は、まあ仕方ないにしても、無関係な真白と白夜が同居してるのが許せません。

 が、もしやそれは「紛れ込み」の能力を使ったから?
 奴ら紅緒さま狙いなのかッ!
 と燃え上がるこのは。

 一方、彼女に「弱みになりそうな情報があったら……」と言われていた、或いは言わせた新聞部の仁子も
 変な機動力を発揮してみたり。

 しかし小紅さん、ウエスト相応だと尻が入らないって、それスタイルが良いってだけなのでは……。
 それと「ウエストがゴム」は、太ったのに気付きにくい魔具だぜ真白さん!

このは『ちょうどいいわ、話があるの!』

真白『わかりました。屋上でいいですか?』

イメージ 3

イメージ 15

※風が強くて聞こえてません。

■屋上
 真白に一言いってやろうと呼び出したこのは。
 人が来ない屋上でケリをつけよう……、と、そのまま徒競走になったり、紅緒が誘い出されたり。

 ようやく屋上についたらついたで寒いわ風が強いわ……
 声が聞こえないじゃないですか!

 満場一致で場所を移す事に。

 経産婦回のように、やっぱり二人も運動神経は異常に高いようで。

このは『同族だからって、紅緒様の御宅に入り込むなんてェ!!』

イメージ 16

イメージ 17

 そのまま勘違いを直接ぶつけたところ、まさかのオーバーキル。真白、ガン泣き。
 同じく追ってきた白夜も精神的オーバーキル。

 紅緒が大好きだと勘違いされた―――

 たった一つの勘違いが、人の心の火を消すこともあるのです。
※感想には個人差があります。

 そこまで心外か! しかし泣きの演技が上手いです真白さんの中の方(cv吉田有里さん)。

なおその紅緒

イメージ 18

イメージ 4

 真白たちを心配する小紅を見つけた結果、またも「姉さまには関係ないです」と言われオーバーキル。
 カメラの位置を変えつつ、スローも加えての完璧な演出。

 そうです、姉さまにはこれっぽっちも微塵も関係ないですよっ!

 なんという精神攻撃。

このは『……なんかボーっっとしてて、あんまりタイプじゃないケド』

イメージ 1

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 14

 ともあれ、なんとかこのはの誤解を解くことに成功。それはそれで哀れまれたりしましたが……。
 紅緒様の魅力がわからないなんて、可哀想……。

 白夜が「紅緒狙いじゃない」ことに得心がいったこのはは、ドヤ顔で「結婚しろ」と宣言。
 そのドヤ顔で、物陰から見守っていた小紅を凍りつかせつつ
 次回へ続く―――

狐の嫁入り
 冒頭、真白が語ってくれたように、人外の一族は既に数少ない状況。
 開発が進んだことで住む場所を追われてしまい、仮に出会っても一目で解るのは「勘が良い奴」くらい。

 こうして同族と出会うこと自体珍しくなってしまったご時世
 もし出会ったら、ツバをつけておけ。
 という母親の教えとのこと。

 白夜は小紅一直線とはいえ、同族同士の方が収まりがよいのではないか?
 というのが肝か。

 次回、第9話「くつじょくです、はずかしめをうけました」

 あと公式アンソロジー本、一巻発売開始です
 どっとはらい