GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ノブナガ・ザ・フール 第1~6話感想

是非もない歴史闇鍋CGロボアニメ。6話、物語が動き出す……?

イメージ 1

イメージ 2

※画像右下隅のクリックで拡大。ロボは信玄の風林火山がイケメン。プラモ化に期待したい機体。

 戦国期の日本を思わせる「東の星」と、ごった煮西洋世界の「西の星」。
 二つの惑星、戦鎧と呼ばれる巨大ロボと壮大なスケールを
 ノブナガを主役に描くロボアニメ……。

 もうどこまで闇鍋だよコレ!
 いやホントに。

■闇鍋
 特に西洋世界のごった煮感がハンパないですが、完全に異世界扱いらしいので「良いとこ取り」しまくりで
 色んな偉人をモチーフにしてドンパチやれるのは強い。
 強いと思う!

 そういうのに抵抗がある人はともかく
 いい娯楽っぷり――――ですが、5話「塔」、6話「力」辺りからは更に戦国っぽい状況に。

裏切りに定評のある光秀、その行く末は

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

 また、主要キャラに明智光秀の名を持つ忠臣が居ますが、彼も着々とフラグが刺さってます。
 何より名前が最大の裏切りフラグ。

 なんですが、名前はあくまで借りてるだけなので、どうなるか判らん!
 そう思わせてくれるのが面白い所ですよね。
 弟さんは亡くなりましたが。

 また、東の星のごった煮要員、ヒミコさまが銃殺されるという展開も発生しましたが
 こっちは「ノブナガが覚えていない過去」とか描いていますし
 まだ生きてそうな感じが濃厚すぎる。

 と、思わせてところがぎっちょん!

 なんてなったらある意味面白いですが、退場したらファンが怒るだろうなー的な。

■プラモ
 またノブナガの愛機、ザ・フールがキット化されるそうです。それも安心のバンダイ
 ただ個人的には細っこくて微妙なので、まだ触手が蠢きません。

 活躍が印象をひっくり返すのがロボアニメですが、ザ・フールの活躍自体にはまだそこまでは……。

 と、思ってしまうのは贅沢でしょうか。