GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

中二病でも恋がしたい!戀 第7話「すれ違いの…心模様(ヴォルケーノ・トライアングル)」

やっぱり「中二病でも恋がしたい」。そんなラブくて寂しい第Ⅶ話

イメージ 22

イメージ 12

イメージ 21

※画像右下隅クリックで拡大。

 第七話だけに七宮回。
 七宮回で、そして何より勇太と六花の恋が動く第Ⅶ話! 六花さん良かったね!
 ようやく素直な言葉が出た、そんなお話。

■七宮回
 でも「良かったね」と言いきれないのが七宮回。
 少し思ってたんですが、初登場以来、単独行動している理由も勘ぐってしまいますね。
 コメディ成分多めな二期で、シリアス分を背負わされている感じがあって、少し移入してしまいます。

■ネットサマー(仮)
 モリサマーと言えば、ネット上に「かなり本物っぽい成り済まし」が出てきてるみたいですが
 数話かけて話を振ってるところを見ると、大きな事件になるようで。

 あの「見切れてた人」がようやく登場か!

『一緒に居たいと思うようになって―――、色々な事が変わってきたんだよ』

イメージ 4

 中学時代で「変わろうとする自分を止めて」そのまま転校で別れてしまった、七宮。

■「勇太――、好、き」
 九州を舞台にした修学旅行、桜島を臨む鹿児島市街を、勇太と六花は散策する。
 二人きり、一歩進んだ関係でのデート。

 しかし心弾ませる道程の矢先、同じく修学旅行に来ていた七宮と遭遇。
 カバンを無くしてしまった彼女を気遣い、そして、取り戻そうと「中学時代の技」をとっさに使った勇太に
 そして「メダル」に。

 二人の絆を見たことに、六花は動揺してしまう。

 でも、七宮は精一杯に六花に向かい合った。
 中学時代、自分も六花と同じ気持ちになった事、でも、自分はそうやって「変わってしまう」のが嫌だった事
 一つ一つ気恥ずかしい思いを口にして、精一杯に誤解を解いた。

 メダルの謎は残った。
 でも、彼女の素直な告白、気遣いを受けた六花は、また勇太と向き直って、素直に気持ちを口にした。
 もう付き合っているけれど、でも、ようやく言えた「好き」の一言。

 恥ずかしがり屋の六花の言葉に、勇太はぽかんと口を開け、六花はふふんと微笑む。

『二人っきりの一日が始まった。俺と六花の大切な一日が――― 』

イメージ 5

 ファンタジー全開な凸守家が気になって仕方ない(富豪)。毎度思いますが凸守さん人生楽しみすぎィ!

■修学旅行、三日目(?)
 鹿児島県と言えば「白くま!」。いわゆるブランド・カキ氷である。
 桜島を目指してデイトする勇太&六花。
 いつものノリである。

 一方、一色は迷子になり、丹生谷は「西郷には犬が付くべき!」と主張する友達と散策し
 そして凸守は寝床で寝ぼけていた―――。

※前回一泊したので2日目かと思ったんですが、前回冒頭のカレンダーから見ると3日目?(6月12日?)

凸守『なにニセサマー如きがモリサマーを名乗っているんDEATHか!』

イメージ 6

 なお凸守、その後、丹生谷に知らされて「ネット上のモリサマーサイト」に突撃。

 丹生谷の反応から見るに、完全な偽サイト。
 ですが凸守の反応から見るに、最低でも「凸守並みのモリサマーの知識」がある模様。
 一体何者なんだか。

 凸守が、この「偽モリサマー」に入れ込み、今度こそ丹生谷を本物と認める展開になるのでしょうか?
 というか認めていると認める展開というか(早口言葉のようだ!)

六花『渡る? あそこに行けるの?』

勇太『ああ、船で渡れるみたいだぞ』

イメージ 7

 なお六花さん、桜島を見てテンション上がりまくりだった模様。
 活火山なんて珍しいから仕方ないね!
 素晴らしき観光資源だからね!

 でも御岳にレッドドラゴンなんていませんから! ドラゴンボールもありませんから!!

勇太『―――七宮?』

イメージ 8

 が、道中、難しい顔をした七宮と遭遇、勇太、涙目の彼女にのしかかられてしまうのであった!
 別の高校なのに同じ日、同じ場所に修学旅行だと……。

 しかも七宮、カバンを無くし、連れもなく道にも迷い―――、詰みに詰みまくった状況だった模様。

七宮『あ、ゴメン。こんなところに勇者がいるなんて思わなかったから……』

イメージ 22

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 9

 今週も勇者のツッコミが冴え渡ったようで何よりです。

■刹那の陣・改
 我に帰った七宮は状況を察し、六花に謝ってさっさと戻ろうとするが―――
 そんな彼女を、勇太はジト目で引き止める。

 珍しく金を無心した七宮に、彼女の状況を察した勇太。

 でも六花との約束があるからと思い悩んでいると、その六花が先立ってカバン探しを始めてくれた。
 せっかくの予定を潰し、連れ立って歩く三人だったが
 カバンに野ザルが手をかけて――――

 この状況に、中学時代を思い出した勇太は、七宮に呼びかけ「刹那の陣・改」を仕掛ける!!

七宮『当たり前だよ♪ 私は未来永劫、変わらないと決めているからね――』

イメージ 13

 刹那の陣・改、それは中学時代にやったコンビネーション技だった。
 要は、勇太がカバンを蹴り上げ、七宮に放る!
 危険な役をあえてやるのが勇者である!

 怒った猿に二人は追い掛け回され、六花と離れしまう。

 なんとか逃げ切った勇太は、よく「刹那の陣・改」を覚えていたなと言うが
 七宮は「自分は変わらないと決めているから」と微笑んだ。

 そして七宮は思い出の「メダル」を取り出すが、勇太は覚えておらず――――、むしろ六花が驚愕する。

六花『勇太は……、勇太は、契約の事を忘れている!!』

イメージ 14

 契約、「もう六花以外の女の子に近付かない」と約束したことを忘れていると叫んだ六花
 すれ違いの……心模様(ヴォルケーノ・トライアングル)。

 活火山の地で三角関係になってしまった六花は
 ついその場を逃げ出してしまい、モリサマー達に慰められたりするのだが―――。

 人の噂はそんなもんですが、女子の間で完全に悪役になってる勇太&七宮も、ちと可哀想な一幕。

『―――勇者と私の事、誤解させちゃったかな、と思って』

イメージ 12

イメージ 23

イメージ 24

イメージ 4

イメージ 17

 勇者じゃなくて勇太! 今週の六花さんは独占欲全開でお送りします。あっさり許してくれるけどね!

■未来永劫変わらない
 六花を呼び出した七宮は、誤解を解こうと向かい合う。
 自分と勇太は何でもないのだ、と。

 自分も中学時代、六花と同じように、勇太とずっと一緒に居たいと思った。
 でも、そうやって「変わってしまう」自分が嫌だった
 だから、変わらないと決めたのだ。

 だから、勇太とは何もない。勇太のパートナーはキミなのだと。

 その上で七宮は問う。
 キミはずっと邪王真眼で居るつもりなのか、そして勇太の「暗炎竜」を呼び覚ますつもりなのか……。

 中二病でいるつもりなのか、そして「勇太を中二病に戻す」つもりなのか、と。

六花『―――あのメダルを』

イメージ 18

 六花は答えず、ただ「メダル」を問うが、アレは元々自分のものだったんだと七宮は笑う。
 勇太と七宮、二人の思い出で、紙片として「黒歴史ノート」に残され
 そして勇太自身はとっくに忘れてしまった思い出。

 ともあれ、ひとしきり語り終えた七宮は、そろそろ勇太が来る頃だと悟って先に姿を消すのだった。

勇太『―――でも、今日じゃないと意味ないしなって。誕生日だろ、今日』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 2

イメージ 1

イメージ 3

 なんかもう最終話だったね!

■暗炎竜
 七宮に場所を教えられ、慌てて駆けて来た勇太は謝り、六花も謝った。
 ずっと一緒に居た勇太を疑ってしまった、痛恨の極みだと。

 ともあれ、結局あんまり二人では居られなかった
 だから今渡すのはどうかと思うけど、今日じゃないと意味が無いし―――
 と、言葉を捜しながら、勇太は真新しい傘と、昨日作った「勾玉」を誕生日プレゼントに贈る。

 思わずテンションをあげながら、でも六花は思った。
 思ったから素直に聞いた。

『勇太は、勇太の中に暗炎竜が、ゲルゾニアンサス(第二形態)が生きていると思う?』
『―――何かあるかもしれないって思うのも、悪くないかもな』

 そんなものはない、そう言いきるのが自然なことだと思ってた。
 でも、あるかもしれないって思うのも、悪くない。

 そう微笑む勇太に、六花は微笑み、好き、と自然に口にしていたのだった―――。そんな第7話。

やっぱり「中二病でも恋がしたい?(七宮サイド)」

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 3

 中二病で居たいから恋心を捨てたと言い切る七宮、でも傍から見るとそうじゃないという。

 富樫家への電話、告白など、もう中二病になりきれなくなっても「変わらない」と言い続ける七宮
 何かと変わっていくと語っている勇太と対比になっている彼女
 その決着が気になってくる一幕。

 でも、素で中二病でいて、それを周囲が容認してくれる六花さんと対比すると
 変わらないと意地を張る彼女が少し物悲しいですね。

 モリサマーなんてあんだけやっても学校で笑っていられるというのに!

 そんなモリサマー側にまた暗雲が?
 次回、第Ⅷ話。