GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

エールストライクガンダム HGCE 購入&ランナー構成

HGCEシリーズとして再生。元祖ストライクガンダム

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 HGCE-171 1/144 GAT-X105A エールストライクガンダム(機動戦士ガンダムSEED)。
 ガンダムSEEDシリーズを代表する「ガンダム」。

 主人公キラ・ヤマト最初の乗機にして、コズミック・イラ世界の多くの機体に影響を残した傑作機。

HGUCと連番扱いで復活
 旧キット流用だったHGリマスター版と異なる、最新の「PC-002」を採用した新キット版。
 2013年10月発売の「ビルドストライク」の流用であるものの
 その設計段階で流用が考慮されていた。

 その為、色分けの不足は「主翼の赤、シールドの白がシール補完」程度に留まっており
 もちろん可動範囲も最新キット相応というもの。

 ビームサーベルもHGビルドストライク以降の「SB-13」を採用し、11cmもの刃渡りを誇る。

 価格も抑えられて、手堅い作りとなっている。

新造ランナーにも「スイッチ」あり。ルージュ再現用?

イメージ 3

イメージ 4

 A(白)、B1(赤)、C(グレー軟質)
 G(青)、M1(黄)、N(グレー)、O(黒)、SB-13サーベル丸軸、PC-002ポリ、シール。

 スイッチ位置はマークの通り。
 ただ、例えば「C」なんかは「スイッチを使い、切り離したランナー」だったりします。
※ビルドストライクのCから、下半分を切り離して成型。

 CとGなんかはランナー名まで「ビルドストライク」まんまですね。

■新造ランナー
 M1、N,Oは完全な新造ですが、黄色いMは、シールドのパーツを除外できるスイッチ有り。
 ルージュだと、シールドの相当部が「胴体と同色の赤」なので
 一緒のランナーだと不味いんでしょう。
※Bも同じ理由か?

 ということで、多分ストライクルージュ用だと思われます(来月発売)。

 特にB,N、Oランナーに、「エールストライカー」パーツが集中しているので
 売れ行き次第では他のストライカー版も出せることは出せそう…
 ものの、旧HGでもその辺は不遇。

 リマスター時に発売された、HGパーフェクトストライクのパーツがそのまま流用できるそうな。