GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

キルラキル 第十七話「何故にお前は」

敵は本能寺にあり! vs どっこい生きてる羅暁様。その結末や如何に

イメージ 19

イメージ 21

イメージ 15

※画像右下隅クリックで拡大。

 人は服の為に生きるに在らず!
 ここまで溜めに溜め、ついにきた皐月さま「叛逆」の第十七話!!!

 もう一話ひっぱるかな
 と思わせつつ、一気にグサりと来る辺りが流石。
 でも次回予告で、ど っ こ い 生 き て る 羅 暁 様 ! この展開の速さこそキルラキルよ!!

■打倒、生命戦維
 皐月様の目的もヌーディストビーチと同じだと判明。
 その上で、彼女が彼らを壊滅させてしまったのは利害の不一致ゆえと考えられますが……。
 この辺も楽しみですね。

 順当に考えるなら、純潔をそうしているように、生命戦維を「従える」側に立つ辺りか。
 仮にそうだと、いよいよ純潔さんも喋りだすのか?

『道頓堀ロボか?』『 D T R !!!』『…そう呼ぶの嫌いなんだよ』

イメージ 4

 DTR! 緊迫した事態でも笑いをとりに行く美木杉先生。素敵。

敵は本能寺にあり
 羅暁による「大文化体育祭」、それこそ、本能寺学園最後にして最大のイベント。
 生命戦維を覚醒させ、人々を取り込む一大実験であった。

 服に取り込まれ、絶叫する人々。阿鼻叫喚の叫びが止んだ後は、ただ静寂がそこに残るのみ――――
 壮大な実験の成功、その静寂を満喫する羅暁の前に
 颯爽と降り立った流子が立ちはだかる。

 が、羅暁に突き立った刃は「後ろから」のものであった。

 羅暁を切り捨てた鬼龍院皐月は
 本能寺学園は、生命戦維打倒の為に作り上げたのだと明かし、今、実母に宣戦布告する――――!!

 次回、第十八話「夜へ急ぐ人

皐月様『―――そうだ、いよいよだ。頼むぞお前達』

イメージ 5

 身内である四天王にのみ、何らかの目配せをし、大文化体育会開催を告知する皐月様。
 いきなり波乱を予感させるオープニング。

 展開が速いと他称&自称するキルラキルですが、この辺の気配り、ちゃんとしてますよね。ええ。

鮮血『流子……、私の為に怒ってくれるのは嬉しい。だが、敢えて言う』

『私を着てくれ……!』

イメージ 6

 いいシーンなのに色々台無しなのが流石。

■水入りハレルヤ
 もう鮮血を戦わせないと宣言した流子だったが、結局、マコの水入りでどっちらけになってしまう。
 だが、それから頭を冷やした流子は思った。
 あれは鮮血の為じゃない。

 ただのケンカのつもりが、気がつけば世界の命運を背負わされていた。
 ホントは、ただそれが怖かっただけなんだ―――

 自嘲する流子に、鮮血は「あの怒りは本物だった」「お前はそういう人間だ」と優しく告げる。

変態『―――黄長瀬紬の姉は、生命戦維の実験中に亡くなっている』

イメージ 7

イメージ 8

 シリアスに話していても、自然に脱げていくスタイル。それが美木杉。

■暴走
 そんな二人は、夜を徹して修行する黄長瀬を見かけ
 同じく現れた美木杉に、彼が神衣を嫌うのは「姉を試作神衣に取り殺されたからだ」と教えられる。

 人類に従う生命戦維を作る。

 その実験の成果、流子自身のDNAを織り込んだ改良種、戦闘服こそが「神衣・鮮血」。
 博士は「流子を守る為に」そうしたのだと言うが―――。

皐月様『―――そうだな。父に初めて純潔を見せてもらったあの日―――』

イメージ 9

 一方、皐月様はいつものように、執事である揃氏の前で安らいでいた。
 この紅茶は、五歳の頃から飲んでいるのだと言う。

 初めて純潔を見た日から―――

 あの頃は苦かったのにな
 と、らしくもなく、懐かしげに言う皐月様に揃は慌てる。
 彼女自身は忘れていたが、初めて飲んだ日も、皐月は気を遣って「美味しい」と言ったのだ。

■揃氏
 またも二人の絆が描かれるエピソード。
 ただ、この演出を見ていると深読みしたくなりますね。裏切りフラグにすら見えてしまいます。

蟇郡『明日、大文化体育会に出席せよ! 全員に礼服を配布する!!』

イメージ 19

イメージ 10

イメージ 11

 そしてこの顔である。作画の無駄遣いだ! いいぞもっとやれ!!

■蟇郡vs満艦飾一家
 一方その頃、無星のスラム街に降りた蟇郡は『大文化体育祭開催』を大々的に告知。
 無星、父兄にも礼服をくれてやるから
 必ず来るようにと念を押す。

 が、マコを心配する満艦飾一家が乱入! 学園の頂点たる蟇郡に堂々と対峙する!!

 しかし「大文化体育会には食事も出る」と聞いた満艦飾一家は
 あっさりと引き上げていくのだった――――。

 蟇郡さんをも翻弄する満艦飾一家。恐るべし。ていうかなんじゃこれ。なんじゃこりゃ。

美木杉『―――ああ、生命戦維の完全覚醒の実験だろう』

イメージ 12

 いちいち光らせていくスタイル。

■生贄
 本能寺学園は、生命戦維耐性の高い10代の若者をターゲットにした実験都市。
 その締めくくりとして、実験が行われると聞いた流子は
 再び学園に乗り込む決意を固める。

 蟇郡さんが20歳なのはさておき、その為に「服」を配っていたってな寸法。

 流子が一度そうなったように、服に人を取り込ませ、生命戦維を覚醒させようとする羅暁。さて。

羅暁『極制服という力に酔わせ、生命戦維への抵抗を無くす。よく考えた』

イメージ 13

 羅暁の計画は、全世界に「休眠状態の生命戦維が入った服」を浸透させること。

■本能寺学園
 一方、皐月の本能寺学園は「生命戦維を戦闘転用する」集団。
 その力に酔わせることで、生命戦維への抵抗を無くす、という皐月のプランを高く評価する羅暁。

 なお針目縫としては「面白くない」模様。
 また、羅暁が聞いていないところでは「娘も娘なら親も親」と大概な物言いを。うーん。

皐月様『お母様を迎える用意は全て整った。諸君らの努力に感謝する』

イメージ 21

イメージ 14

 水杯を交わし、杯を砕く生徒会メンバー。どちらも「生きては帰らない」決意の表現ですが、さて。

■大文化体育会、開催!
 前日、流子達をも駒としておびき寄せ「大文化体育会」を用意する生徒会。

 羅暁と美木杉の言葉を統合すれば
 体育会に招かれた客、生徒は、全て生命戦維に取り込まれるという、生命戦維覚醒の壮大な実験!

 それを知らず集められた大観衆の前で、皐月は「極制服の勝利を讃える宴である」と高らかに宣言する。

『諸君! 最高の決意を以ってお迎えしよう! 最高経営者、鬼龍院羅暁である!』

イメージ 1

イメージ 16

イメージ 17

イメージ 4

 なぜか今週一番笑った羅暁様@オシャレ仕様。ピエロか!※ピエロです。

■「世界とは服である!」
 羅暁は、この世界は服であり、自分はその意思を実行する者だと宣言。
 彼女の命令と共に、会場に集まった者達の「服」は変貌する。

 会場に飛び込んだ流子達は、文字通り「服に食われてしまった」者達の姿を見るのだった―――

 DTR!でボケ倒した後、会場に飛び込むと一転BGMが止まる。
 盛り上げに盛り上げてBGMを止めるのが憎い。

 そして、一人で盛り上がってる羅暁様が怖い。

『素晴らしい静寂だ……、人間の騒音が消え、静謐なる糸だけが世界に満ちる』

イメージ 18

 世界の全てを知ると称し、人を見下す羅暁様。もう原始生命戦維に精神のっとられちゃっている類か。
 流子に対して勝ち誇る羅暁様であったが――――

 ですが、アングルがもうね。
 皐月様に背を向け、顔をドーンと映すアングルからしてもう

皐月様『―――演説はそこまでだ理事長』

イメージ 2

イメージ 20

イメージ 3

イメージ 22

イメージ 15

 圧倒的親不孝。

■何故にお前は
 実母、鬼龍院羅暁を背後から斬りつける皐月様。
 裏切り発覚の瞬間であった。

 私の立場に取って代わりたいのかと笑う羅暁に、皐月様は挑戦状を叩きつける!

 人は服の為に生きるのではない!
 この鬼龍院皐月、生命戦維打倒の為に立ち上がる――――!

 明らかに致命傷を与えつつも、羅暁がまだ健在だと認識し、挑戦状を叩きつける皐月様!!
 本能寺学園を「食わせて」しまった皐月様ですが、その帳尻とは?
 そして、宇宙に浮かぶ巨大な「針打ち衛星」の威力とは?

 そして羅暁は、この反乱を何処まで見越していたのか? 皐月様反乱編スタート!

次回、羅暁さま生存。そして四天王は縫にどこまで抗えるのか?

イメージ 22

 現時点で特に得体が知れないといえば縫、秘書、そして「鮮血の記憶(?)」。

■「影で微笑む人は誰?」
 ついに皐月様の叛逆劇が発動しましたが、一方、皐月様の身内はどれだけ大丈夫なのか?
 いかにも中ボスっぽい羅暁、果たして最後までボスで居られるのか?
 いやはやまだまだ油断できな展開が続きます。

 次回、第十八話「夜へ急ぐ人