GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ガンダムUC バンデシネ 10巻 [福井晴敏&大森倖三]

原作とOVA版の混交を行く漫画版、トリントンへ。あの男が再起する!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 OVA版は尺が原作より遥かに短い為、エピソードが濃縮されている面があります。
 その一つが地上での大騒動ダカール襲撃事件。

 バイアラン・カスタムと、諸々のモビルスーツ博覧会で話題を呼んだあのエピソード4ですね。
 本漫画版では、これを原作に近い展開に差し戻して丁寧に描きなおし
 更にOVAの要素を取り入れ、まとめているのが面白い!

■ヨンム・カークス
 中でも、OVAではロニの親代わりとしてジオン残党を率いたザクⅠスナイパーの使い手、カークス。
 彼がダカールの戦いを生き延び、ロニ達の仇を討つべく立つ流れへ。

 結果的に、彼を「裏切った」ジンネマンとのやりとりがまた渋い。

 更に本作独自の展開として、OVA版の「舞台裏」にいた機体、バイアランカスタム二号機がリディ機に。
 その活躍をどう描くかも楽しみですね。

OVA版では、この事件時、一号機と並行して製作中だったという設定。
 一号機を叩き台にした「本命」であり、未だ稼動率が低く、まともに動けなかったという設定だった。

『全ての物事は、人の善意から発しているのだと覚えておいた方がいいな』

イメージ 4

 ジンネマンの言葉同様、連邦の始まりに触れる言葉。地味に好きなシーンの漫画化が嬉しい。

■トリントン強襲
 黒いユニコーンを引き連れて現れたビスト財団の現首脳、マーサ・ビスト。
 その思惑は「箱」を封じ、現在の状況を維持しようというもの。

 ユニコーンとバナージ、ミネバを捕え、軍を意のままにする彼女は、箱を抑えるべく宇宙を目指す。

 が、ダカールユニコーンを狙ったジオン残党兵カークスが
 同じく南太平洋のジオン残党部隊を糾合、ジンネマンの隊と共に再びユニコーンを狙う。

 自分達の人生を無駄なものに終わらせない為に!

 僻地トリントンを舞台に、旧式機をもはや自分の手足と同じく操る、エース級部隊がロンド・ベルを襲う。

 だが、この戦いで「援軍要請」という格好の口実を得たブライト・ノア大佐は
 半ば軟禁状態のネェル・アーガマを、状況を動かそうとしていた。

 そんな混乱の中、バナージは、ミネバとマリーダを救うべく潜入してきたジンネマンと再会するのだった。

収録

イメージ 5

 文字通り満身創痍のカークス。と言っても、単なる執念だけでないのがまた渋い。

 角川コミックス・エース「機動戦士ガンダムUC バンデシネ」10巻。
 原作:福井晴敏、漫画:大森倖三、月刊ガンダムエース連載。角川書店発行。
 2014年1月発売。

■黒いユニコーン
 Act2~5

 総扉イラストはバイアランカスタム2号機ですが、劇中では未だ未稼働状態。
 オマケページや著者コメントはなし。