GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

Landreaall 23巻 [おがきちか]

 とらえどころのない青年を主役に据えた、中世ファンタジーの学園&王位継承陰謀物。

    六甲、「人になる」事を思う。砂漠の将軍誘拐事件、いよいよ佳境に!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 

 DXいわく「先輩、革命の真実を教えてください」
 学生レベルじゃねーよ!な23巻!

 

 背表紙のそばかす眼鏡の可愛くて野暮ったい娘、変装したイオンちゃんでございます。
 後は海老庵師父が揃えばルッカフォート家全員集合じゃん!
 やったね!(何が)。

 

 とりあえずルッカフォート将軍夫妻の無事確認―――
 六甲だけ逃げ延びた理由も語られましたが、歳をとるとちょっと目の体液を刺激されますな。

 

■前王の遺恨
 あの抱きつき玉階クエンティンが黒幕?
 かと思わせていますが、どうも彼もタチの悪い呪い師に関わっているとか色んな伏線が。
 政治的な動きをしていますが、根底には私情が溢れていそうな彼、その爆発がまた楽しみですね。

 

 ていうかホント前王の遺恨が激しいな!

 

 情報量が多く、感情にもがっちり訴えかけてきて相変わらず面白いです。
 でも、こう貴族に認められる話が増えてくると、最終話が近いのかもなあと思えてくる今日この頃。

    クレッサールの「タチの悪い呪い師」の影

イメージ 5

 変装イオン&ディア。何故イオンに気付かない? の前振りの意味は何なんでしょうね。

 

■将軍、誘拐犯と邂逅する
 誘拐されたルッカフォート将軍夫妻は、六甲を逃がし、自身らは「誘拐犯」クエンティンと邂逅する。
 一方、彼らを救出すべく砂漠へ分け入ったDX一行は六甲と合流
 六甲を介護してくれたクレッサール人と意気投合していた。

 

 ついでに言えば、DX一行にはディアの侍女に変装したイオンも加わっていたが
 何故かシスコンDXはそれに気付かないという一幕も……。

 

 ともあれ「誘拐犯には呪い師がいる」というヒントを元に、DX達はクレッサールの市場を訪れるのだった。 

    『ニンジャのままで人に……、そんなコトができるのでしょうか?』

イメージ 6

 ルッカフォート将軍は、ただ六甲を助けたい一心で「逃げてDX達に伝えろ」と告げる。
 それを「命令でしょうか?」と言った六甲に、将軍は寂しそうに笑った。

 

 その返事にズキリと胸を痛ませた六甲が妙に印象的。

 

 自分は人間ではなく道具だ、と散々自任してきた彼ですが
 将軍の言葉に「自分が人間なら、この痛みが理解できるのか」と、寂しかったのかもしれませんね。

 

 ともあれ、この後、遂に「人になることができるのでしょうか」と願うようになるのでした。

    収録

イメージ 7

 巻末オマケ漫画より。かわいい。あのDX様似の姫様が人気になっているそうな。

 

 Landreaallランドリオール> 23巻。
 おがきちかゼロサムコミックス、一迅社コミックZERO-SUM」連載作品。
 2002年連載開始、2014年1月初版発行。

 

 ACT122「蜘蛛と秘密」
 ACT123「Who am I」
 ACT124「魂の槍」
 ACT125「砂漠の夜と嘘」
 ACT126「砂迷う魂(さまようたましい)」
 ACT127「圏外」

 

 ACT EXTRA.1「リンク・リンク」
 ACT EXTRA.2「ローテート」
 巻末 Tailpiece

 

 カバー下オマケは「傭兵騎士団について」
 ロックシェルト隊長の、狼の尻尾隊のお話が所狭しとぎっしり羅列。オズモ卿の評価なんかも面白い!

 

■初回限定版
 ドラマCD「おうさまだーれだ」と、その内容に絡めたショートコミック冊子が付属。