GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 3巻 [ハノカゲ]

やっぱり人間が一番怖い。―――映画版完全かきおろし漫画、最終巻!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 映画版未視聴、原作アニメ全話視聴で読み通した「劇場版コミカライズ」最終巻
 やっぱり「人間(ほむら)が一番怖い」に尽きる!

 一巻(序章)で謎を振りまき、二巻では「おのれインキュベーター!」につなぎ
 そして三巻で急転かつほむららしいラストシーン。
 やっぱり面白かった!

 今更ながら劇場版も見たくなる良いコミカライズ。
 特に、アニメ版で敵だった魔女達、結局手を取り合えなかった魔法少女達が共闘してのお祭りバトルは
 劇場版ならではの盛り上がりでしたね!
 いいわー。

 ―――で、ハッピーエンドかと思った? 残念! ほむらちゃんでした!!
 と言わんばかりの展開も本作らしいと決着でしたね。

 もちろん、え? これで終わり? と思ってはしまいましたが、それも制作側の狙いなのですかねえ。
 あ、後さやかさん活躍しまくりで嬉しかったです。

『……わけがわからないよ』

イメージ 4

 自ら処刑場に向かうが如き「魔女」となったほむら。デザインもお付きも秀逸だった!

■「ごほうび」
 ほむらの魂を外界から遮断し、「彼女を救済しようと現れる存在」を捕獲しようと企むインキュベーター
 救済者、まどかを巻き込むくらいなら自分は滅んでやると
 ほむらは自ら魔女に成り果てる。

 そこに乱入したのは、結界に紛れていた元魔女、救済現象「円環の理」の一部となったさやか達だった。
 まどかの力を持ってきたさやかとべべ、そして魔法少女の一斉砲火の前に
 インキュベーターのシステムは粉々に粉砕される。

 これでもうインキュベーターの目を気にすることはない。
 だから、救済を拒むことはない。

 ようやく解放されたほむらの魂に「円環の理」に戻ったまどかが降臨し、その手を差し伸べる―――。

『まだだめよ――――』

イメージ 5

 ほむらさんにとってグッドかつバッド率九割を予感させるエンディング。それでこそ彼女か。

■愛
 降臨した女神まどかから「人間だった部分」だけを引き剥がし、現実へと引き戻すほむら。
 彼女は『まどかを救う為』に絶望し、ソウルジェムを濁らせ尽くしたが
 その感情は絶望と呼ぶには少し異なっていたのだ。

 まどかを救う為に、彼女への愛ゆえに濁りつくした魂は「魔女」へは変わらなかった。
 彼女は魔女ではなく「悪魔」となっていたのだ。

 神であるまどかと対になったほむらは、宇宙の概念を書き換え世界をやり直す。

 人の感情はここまで途方もないものだったのか
 呆れ果てたインキュベーターは、今度こそ魔法少女から手を引くことを決意するが
 まどかが書き換えた結果である「魔獣」を滅ぼすまでは、システムが必要だと、ほむらは彼らをも取り込む。

 やり直した世界で、再び「人間としての鹿目まどか」と出会い直したほむらは
 いつか必ず彼女とも敵対するのだと理解しながらも
 同じ時を過ごす。

 自身の望みに忠実に、それでも「まどかが幸せになれる世界」を望んで、ほむらは傍らで微笑み続ける。

収録

イメージ 6

 カバー下、眠れる森のほむら編。カンペを用意してくれる女神様の優しさ!!

 MANGA TIME KR コミックス「魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 3巻」。ハノカゲ。
 原案Magica Quartet、完全かきおろし。
 ㈱芳文社発行、2014年1月発売。

 第7~最終話を収録。カバー下オマケ有り。