GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 2巻 [ハノカゲ]

映画版完全かきおろし2巻。ほむらはマミと戦い、そして真実を知る

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 1巻時も書きましたが、1期アニメ全視聴だけの読者でも楽しめる劇場版コミカライズ。
 完全描き下ろしで一月一冊発行、というアニメ時と同様の手法を採用し
 一気に読めるのがありがたいですね。

 今巻は「種明かし」とほむらの決断!

 一巻で振りまいた違和感を一気に回収し、物語はクライマックスへ近付いていきますが
 やっぱりインキュベーターはロクでもなかった……
 もはや安心の身勝手さ。

 アニメ(もしくは漫画版)視聴済みの必要がありますが、その後の物語として面白いというか
 ほむらさんに救いがない展開になってゆく第2巻。

 3巻は神様介入でしょうが、そこで逆転して大団円? それとも?

美樹さやか『ねえ、これってそんなに罪深い事なの?』

イメージ 4

 全てを知って、実は「ほむらをほむら自身から守ろうとしていた」さやか。カッコよすぎる……!

インキュベーターの「叛逆」
 記憶を取り戻したほむらは、魔女「べべ」こそが結界の主だと結論する。
 が、彼女を守るマミと戦う事になる。

 危うい所を美樹さやかに救われ、諭されるも、それでも真実を追い求めたほむらは
 自分こそ、とっくに魔女となっていたという事実に気付かされる。

 全てはインキュベーターによる実験だったのだ。

 円環の理というシステムを解明すべく、外部からほむらの魂を隔離するという実験を取ったQB
 隔離された空間の中で、半ば魔女となり果てながらも「円環」に行く事も出来ず
 我知らず、都合の良い結界を作り、夢見ていたほむら。

 ほむらを「理想の世界」という結界に閉じ込めていたのは彼女自身だった。

 QBの目的が「円環の理そのもの」
 神となったまどかを狙っての事だと知ったほむらは、彼女を救う為に自身の破滅を願う―――――。

収録

イメージ 5

 カバー下、自粛しないハノカゲ先生が大好きです。

 MANGA TIME KR コミックス「魔法少女まどか☆マギカ 新編 叛逆の物語 2巻」。ハノカゲ。
 原案Magica Quartet、完全かきおろし。
 ㈱芳文社発行、2013年12月発売。

 第4~6話を収録。サブタイトルなし。
 カバー下オマケ有り。