GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

京洛れぎおん 5巻 [浅野りん]

何 故 終 わ っ た !? 京都「怪物退治」を描いたコメディ作品、完結ッ!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

※画像右下隅クリックで拡大。

 ちくしょう何故終わった! と取り合えず叫びたい最終巻。
 悪い人は居ても悪人はいない浅野りんコメディ
 ここに完結。

 前巻で「新キャラとかまた賑やかになるなあ」とか思ってたら、その子が最終章だったとは。
 次回作に期待してますが、子育てが忙しいみたいですし難しいか。
 アニメで見てみたかったなあ。

 いかにも紀ノ川のオッチャンと繋がってたっぽい「小野篁(煙の人)」といい
 少し落ち着かない面もありますが、ラストは怒涛の種明かしで一気に決着したのは清々しいですね。
 読み足りないけどなッ!

 その原因が紀ノ川のオッチャンのうっかり、ってのも本作らしい。

『みんな良い子で来て良かったなァ。あの子らの為に頑張ろうって思うもんね』

イメージ 4

 ホント良いキャラでした紀ノ川さん。みんな良いキャラばっかで楽しかった。

■「アホー!」
 時折、怪物が現れては京都を食い散らかす謎の現象「現出」。
 その正体は、大昔の人々の魂が、京都を懐かしむあまり変じてしまった姿であった。

 町を食われては困る京都市は「こしあん」で迎撃するも
 真実を知る死者、小野篁は、敢えて町を食わせることで亡者達を慰め、彼らの暴走を押し止めていた。
 もし亡者が一度に暴走すれば「洛中の崩壊」が現実になるのが明らかであったからだ。

 しかし真実は京都市も推測する所であり、対策としてとある方策を施したミサイルを秘密裏に建造。
 ……していたのだが、これを紀ノ川がうっかり暴発させてしまう。

 もう一度「解放」に賭けようとした千鳥。
 だが、同じく意思を保っていた死者の手を借りることで、事態はなんとか寸前で収束する――――。

収録

イメージ 5

 第21話より。一秒後の幸せを予感させるラストシーン、素敵です。ホント。

 ブレイドコミックス「京洛れぎおん 5巻」。浅野りん女史。
 月刊コミックブレイドにて隔月連載、株式会社マッグガーデン刊行作品。2013年12月初版発行。

 Legion21「リアル鬼ごっこ
 Legion22「徒然草
 Legion23「背いても故郷」
 Legion24「散る花もあり」
 Legion25「坂の上の雲

 巻末描き下ろしイラスト
 カバー下、びっしりとオマケ解説文あり。

■関連記事
 京洛れぎおん 3巻 http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66662850.html
 京洛れぎおん 2巻 http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66642824.html
 京洛れぎおん 1巻 http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66640297.html