GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

京騒戯画 ♯10.1「復習篇」

ホントに総集編? ホントにホントに総集編! そんな実質最終話!

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 明恵役の鈴村健一氏、コト役の釘宮理恵女史を(今度こそ)お招きし、コメンテッドでお送りした総集編!
 なるほど、脚本的にはこのシーンが物語の鍵だったのだな。
 ってな具合にまとめられた総集編!

 正直言って、最初と最後が総集編だったのはホントに残念ですが
 お二人のコメントがいい感じにアクセント。
 良い総集編でしたね。

 また同じシーンでも、本放送時に感じたような「グッとくる」感じがさっぱり感じられなかった場面もあり
 やっぱり話のつなぎ方、演出が違うからなんだなあ、と
 改めて感じさせても貰えました。

 でもやっぱり新規部分もちょいと欲しかったですね。ちょっとで良かったので。

大丈夫、世界は、つながるように動いているんだ。もう一回、も一回―――

イメージ 4

 ちゃんと笑って逢えるよう、に。このオープニングは今期で一番好きかも。

■総集編
 母を探して鏡都訪れたコトが、見知らぬ自分の「兄弟」達と出会い
 そして紆余曲折の末、ようやく母と出会い
 ついでに父も追ってきて大騒動!

 ホントは死にたがっていた父を説得し、ついでに祖父とも初顔合わせ。

 世界を丸ごと巻き込んだ大騒動。
 しかしてその実態は、離れ離れになりかけていた一家が復縁する、とある一家の愛の物語―――。

釘宮女史『今日は、私達と一緒に京騒戯画を振り返ってみましょう♪』

イメージ 5

 第一並行世界軸、宮司直轄部隊稲荷班!

 あー、そういう意味ね的な。
 宮司(神社で一番偉い人、上人のお兄さん)、稲荷(上人、お父さん)の部隊に所属みたいな。

 鏡都に初めて訪れたシーンからスタート。

明恵『―――鏡都。鏡の都、と書いて鏡都だ』

イメージ 6

 この明恵の一言に、やたら「にやあっ」と笑ったコト。
 やったよバッチシ目的地じゃん!
 みたいな。

 こんな感じで振り返りを感じられる総集編でしたね。

鈴村氏『このアラタマが、後々とんでもない代物だとわかります』

イメージ 7

イメージ 8

 結局、稲荷(上人)が元々持ってた破壊の力であり、彼の魂でもある。
 鏡都と性質が同じだったのもその為か。

 どうでもいいですが、ショーコさんも、もっと活躍を見てみたかったですねー。

鈴村氏『いつの間にか、明恵の兄姉とも仲良くなっていました』

イメージ 9

 ダイナミックに省略された♯04「次女と素敵な妖怪達」。
 一週回って素敵だ。

 いつの間にかて。

釘宮女史『第五話。この辺で二人は仲良くなれたんじゃない?』

イメージ 10

 で、鈴村氏いわく「まだ明恵は探りを入れている段階」だったそうな。
 さすが明恵は疑り深い。

 で、そのまま直後の『あ、うんは、始まりと終わりって意味なんだって―――』の台詞へ。
 あは口を開き、うんは口を閉じるように発音しますものね。

鈴村氏『コトを妹だと確信した瞬間。幼い頃からの願望を口にする明恵

イメージ 11

イメージ 12

 実は見ていたおじいちゃん! おじい様がみてる。

■鏡
 思い出の母の鏡、鏡都への移住時に使った鏡。
 これをみた明恵は確信し、全部終わったら自分を殺してくれ、という望みを口にします。
 このシーンは衝撃的でしたねえ。

 なお「何故死にたいと思ったか」はカット。これは酷い。
 カット! カットカットカット!

釘宮女史『母の鏡と、父の魂であるアラタマが、コトの望む場所へと導きます』

イメージ 13

 で、ビシャエモンは「外に繋がる擬似空間」だったそうな。
 そういう意味だったのね。

 なんにせよ鞍馬ってば無茶をする。

鈴村氏『親子の再会は、コミカルで笑えました!』

イメージ 14

イメージ 15

イメージ 16

イメージ 17

 当時も書きましたが「おかえり」と迎える一同に、ただーいまぁ、と返す古都母さん可愛すぎる。
 開始十分程度で、既に第七話『母が帰還してついでに父が帰還した』。

 うーん展開が早い。
 そしてシステムで遊ぶ母に『色が変わる機械じゃないから』と注文付ける鞍馬兄さん可愛い。

 そしてそして、母が帰ってきて嬉しがる八瀬さんがなんか丸い。
 なんていうか丸い。

コト『もうヤダ! あたしだって色々あるのにぃ!』

イメージ 18

 母が帰ってきて甘えるコト、母に『頼みごと』されるシーンはカットされたものの
 みんな自分の頼みごとばっかしてくるとか勘弁して!
 とガン泣きするくだりなどはしっかり。

 この辺のシーンはしっかり入れられ、脚本上も重要なんだなーと伝わります。しかし父さん空気読め。

コト『ここが元々ないはずの場所だからって、要らない世界だとは思えない!』

イメージ 2

イメージ 19

 で、この台詞を受けて石田父の「コト、キミは特別だ!」の感涙シーンへ。
 このコトの思考に感銘したんだなと改めて。

 16分ごろには、既に♯09「どうしたらいいかみんなで考えよう」に突入!
 やっぱり最後の二話が一番のポイントなんですね。

■フリーダム父
 また、この話の感想について「稲荷(父)はどんな決着であれボコられるべき」と書きましたが
 最終話はホントにボコボコ殴られてましたねえ。

 やっぱりcv石田影かつ好き勝手やったからにはねえ。

『ところが、最終話にも新たな展開が!』『みなさんは予想できましたか?』

イメージ 20

 その「新たな展開」とはやっぱり祖父の事。思えば色んな場面に祖父が居たんだよ!

■一家の再生
 一気に第10話をダイジェストでお送り!
 鏡都再生から『神になれ』という祖父の任命劇、明恵と父に死んで欲しくないという説得劇!!

 なんだかんだでみんなお父さんが大好きなんだけど
 お父さんはそれに気付いてない。
 そもそも自分が嫌いだし…。

 そんな可愛いお父さん、稲荷の更正と家族の再生を描いた物語だったってな「京騒戯画」。

鞍馬&八瀬『『だから父さん(パパ)、ちゃんと帰ってきて(よ)』』

イメージ 3

イメージ 21

イメージ 22

イメージ 1

イメージ 23

イメージ 24

 ゼロ話では少ししか台詞が無く、第一話冒頭でベラベラ喋りだして(私の)度肝を抜いた石田影ボイス。
 思えば、そんな稲荷さんが何を考えているかに惹かれて
 見続けていたような気もします。

 途中「やっぱり悪い石田だ!」と思わせたり、ホント良いキャラでしたよね。
 最終話はcv銀河万丈の「おとーさんのおとーさんだよ」もあり
 ホント、終始見飽きることが無かったです。
 声も、そして雰囲気が良かった。

 声だけじゃなく、それが活きる脚本も絵作りも良かった!

 でもやっぱり総集編が多かったですね。
※しつこい。

 スタッフの皆様、おつかれさまでした!