GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ダンボール戦機ウォーズ 最終話「俺たちの未来へ」

一緒に乗り越えたWARS。決戦と卒業、新しい旅への最終回!

イメージ 23

イメージ 18

イメージ 4

※画像右下隅クリックで拡大。

 短くも濃いラストバトルを描いたAパート
 学園のその後に向けた「出発」を描いたBパートを経ての最終回。スタッフの皆様お疲れ様でした!

 学園の再出発を願い出た猿田教官とハルキ
 別れに際し、すっかり憑き物が落ちた顔でぶっちゃけた末「今は離れがたい」と去っていったリクヤ
 あれだけやらかしたカイトへ「戻ってこいよ!」と叫んだブンタ

 先輩とバトルしてみたい!
 と、めっちゃいい笑顔で笑ったアラタ!

 BGMとして流れた第二期エンディング「ぼくたちのウォーズ」が卒業の歌である事も相まって
 いい最終回でしたね。

 個人的には今回が初のダン戦でしたが、次シリーズも絶対見ますよ。ええ。とりあえずLBX買ってお布施だ!

かざす拳で誓う、一緒に乗り越えたWARS

イメージ 1

 神威島出奔組。私服でまで笑いを取りにくるキャサリンさんに脱帽。BAIBAIってオイオイ。

■再出発
 オーバーロードこそ世界を導く力だと謳うセレディに、アラタは自らその力を捨てる。
 圧倒されるジーエクスト、しかしジェノックの四人が助太刀に入った!

 欠けた力を仲間が補い、ディ・エゼルディを打倒するアラタ。
 機体と直結していたセレディは力を失い、セカンドワールド騒動最後の戦いは終わった―――。

 やがて今回の騒動を経て、自主退学を決めた生徒にアラタも居た。
 セレディが言う「戦争と平和」をもっと考えたいと、彼も自分で世界を見てまわりたくなったのだ。

 世界の国家群に、そしてテロリストに利用された「表向きだけのLBX専門学校」から
 本当のLBX専門校へ再出発する神威大門統合学園。

 去りゆく生徒は多い。
 けれど決してLBXが嫌いになった訳じゃない。
 だから「またな」と笑って、手を振って、こうして神威大門統合学園の事件は幕を閉じた―――。

セレディ『戦争が無い世界は私の夢だ。――だが戦争は決してなくならない』

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

 このセレディのキレっぷり! 主張はどうあれ素晴らしかった!

■セレディの戦争論
 今回の事件は自分の完敗。
 なら、次の戦場に行くまでだとセレディは笑う。戦場、戦争は決してなくならないのだから。

 戦争は「戦う本能を持つ人が、作り上げた組織」である国家の宿命。
 セカンドワールドもその悪しき一形態に過ぎず
 負の側面を抱えている。

 だから、いつか全ての国家を解体し人類を一つにする!

 強大なたった一つの力を作るのだ。
 その前に人は恐怖し、ひれ伏し、従う。その時、本当に戦争はなくなるのだとセレディは笑う。

『大丈夫かアラタ!』『ビットは僕たちに任せろ!』『お前は本体を!』

イメージ 10

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 4

 最終話にして特殊能力を放棄する主人公。

■アラタの主張
 人類統一、そして「恐怖される絶対者」にオーバーロードが相応しいと謳うセレディに対し
 アラタはそんな力は必要ないと断言。
 能力を放棄する。

 無論、追い込まれるジーエクストだったが、三機のLBXがビットとの間に割って入った!

アラタ『それなら―――、こうするまでだッ!』

イメージ 18

イメージ 11

イメージ 12

 傷付き、武器を奪われての最後の突撃! これぞ最終話よ!

■決着
 ビットを任せ、本体との戦いに専念するアラタ。
 それでも地力の差は圧倒的であったが、片腕を犠牲に一瞬の逆転に賭けたドットブラスライザーに
 ディ・エゼルディも目を奪われる。

 互いに片腕を失い、最後の突撃をかける二機。最後の勝利を掴んだのはアラタであった―――。

美都『――あの姿が、本当のセレディなのよ』

イメージ 13

 うーん。グロい。

■でも
 LBXの直接制御機構が仇となってか、半身のオプティマ(サイボーグ)機能が不調を起こすセレディ。
 見る間に年老い、本来の90代に戻ってしまった彼を連れ
 アラタ達は出口へとひた戻ってゆく。

 お前が平和を願っていた事だけは解る。でも、やり方が間違っていた――――。

 かつてアラタ達が争いあった舞台、セカンドワールドが崩壊する中、彼らは地上へと帰還を果たす。

美都『―――本当にごめんなさい。みんなを利用したりして』

イメージ 14

 学園長を許す美都博士(父)と、乙女すぎる美都先生。美都親子が印象的過ぎる最終回。

■再出発
 戦いを経て捕縛され、島を去るセレディ以下ワールドセイバー達。
 また、父を救う為に戦ってきた美都先生も島を去る。
 去り際、彼女を許す生徒達が心憎い。

 父親がそれだけ大切だったのだと、あのヒカルが言う演出がまた憎い!

 やがて、猿太教官とハルキの主導で『LBX専門校とし再出発したい』という要望が改めて提出。
 学園長も、今度こそこれを前向きに受け取るのだった。

学園長『ユー達……、本当にLBXが大好きなのね』

イメージ 23

イメージ 15

 だからこの学園に来たんです! そんなハルキの返しがまた良かった!
 コイツも本当にLBXが好きなんだなって。

 当初「遊びじゃないんだ!」とか言ってた堅物っぷりが懐かしい。

ブンタ『必ず第五小隊に戻ってこいよ! 俺たち、待ってるから!』

イメージ 17

 同じく捕縛され、島を去るカイトに「戻ってこいよ!」と叫ぶブンタ、ナイスガイ。
 あれだけの事をやったんだから……と周囲が言う中
 戻ってこいよ! の一言!

 メールで「間違っていた。すまなかった」と短く返したカイトも彼らしかった。

 登場時、サクヤが「ああ見えてチームワークがいいんだ」と言ってたのが懐かしい。そんな第五小隊。

リクヤ『瀬名君。……正直、キミの事は苦手でした』

イメージ 16

 続けて「ずっとココに居ることが嫌だった」等、ぶっちゃけすぎなリクヤに苦笑。
 でも、今は離れがたいです。
 その一言が快い。

 ただお父さんは亡くなられた模様。思えば『少年達を騙し、世界平和を作り上げるシステム』構築者だから
 その責任を(制作側が)取らせた格好なのかも。
 とはいえ……

 次回作を見てみたくなるキャラクターです。ホント。

アラタ『俺、この島を出ようと思う。――世界を見てまわってきたい!』

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 24

 いわゆるバックパッカーになるのかアラタ。頑張れ少年。

■解らないから
 二年五組に進級したジェノック。
 しかし、アラタは「島を出る」と皆に告白する。

 セレディが問い続けた世界、戦争、生きるという事をもっと考えたくなった。
 だから、じかに世界を見てまわりたくなった、と。
 解らないから考えたいのだ!

 どう見ても答えが出ない問いに敢えて漕ぎ出す、これぞ主人公。

ヒカル『でも何処へ行ったって、みんなLBXを止めることはないさ』

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 1

イメージ 22

 バトル大好きなアラタらしい締めだった!

■「LBXバトルしてみたい!」
 今回の事件で、島を去ることになった生徒は多い。
 ジェノックからもゲンドウ、キャサリンハナコら多くの生徒が去ることを決めた。

 事件が事件だったから、親にもどれと言われた生徒も多い。
 けれどきっとLBXを止めることはない。だって、LBXが好きでこの島に来たのだから。

 志は同じだと別れる生徒達。
 そんな中、ジンは『お前と同じように、世界の為に戦った先輩にあってみろ』とアラタに勧める。
 同じ志を持った先輩、―――話をしてみたい
 LBXバトルをしてみたい!

 こうして、神威島を巡るLBXの物語は幕を閉じた――――。

三クール、おつかれさまでした!

イメージ 17

 背中、或いはへの字に結んだ口だけだったのが印象的なカイトとの別れ。
 彼の掘り下げももっと見てみたかった!

 三クールも見たのに、まだまだ物足りないのがまた良かったですね。

■プラモアニメ
 当初プラモに惹かれ、そしてアニメ開幕の「セットアップ!」に惹かれて視聴継続を決めたLBXアニメ
 今はホビーアニメでもここまでやっているのだから素晴らしいですね。
 次作も期待しております。

 欲を言えば最終話にキョウジさんとシャーロットさんもチラッと映して欲しかっ(以下省略)。


 ダンボール戦機WARS_1巻 http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66583988.html