GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

革命機ヴァルヴレイヴ 第23話「モジュール77奪還作戦」

サンダー、犬塚先輩を継ぐ。世界を曝く第23話。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 21

※画像右下隅クリックで拡大。

 見事に「やり返した」第23話。
 あの事件、そしてそもそも、ドルシア総統を乗っ取り表舞台に立った事が見事にはね返った!
 人を呪わば穴二つ。

 一方、元エルエルフ隊で唯一株を下げまくっているクーフィア、またもやらかす。
 あの子は一体どこまで行くのか。

■「サンダーだ!」
 本作随一の「良い人」と言われていた先輩に続き、一事は癒し要素とすら呼ばれた男も遂に。
 ここ最近は、もう山田と言われても「サンダーだ!」と言い返す事も無く
 シリアス路線に走っていると思ったら遂に……。

 山田、いい男だったがそこまで先輩を継がなくても山田。

山田『俺は後悔してねえぜ! 仇が討ててダチを守れて、最高じゃねえか!』

イメージ 4

 犬塚先輩が守ったカミツキの名を、高らかに叫びあげる山田。最高じゃねえか!

■世界が曝かれた
 エルエルフの作戦に基き、ドルシア・アルス両首脳が集うモジュール77に突貫するヴァルヴレイヴ。
 40万以上の連合軍に、僅か4機で果敢に、無謀に突撃するハルト達。
 その勝算は、先んじて潜入したエルエルフにあった。

 傀儡と成り果てた現ドルシアを革命すべく、エルエルフに協力するアードライとイクスアイン
 三人は、今まさに演説中のドルシア総統に迫ると
 一気にその喉を掻っ切る!

 見る間に「蘇る」総統
 ずっと、人ならざる者に統治されていた事実に人々は気付き、今、世界が曝かれた――――。

 次回、第24話「未来への革命」

イクスアイン『そうだ。ハーノインを殺したのはカイン大佐だ』

イメージ 5

 やはり銃を下ろしたイクスアイン。ハーノの遺品、彼のピアスが録音機になっていたそうな。
 深読みすれば、この「遺品」を知っているはずの眼帯大佐の思惑は―――
 とも思える一幕。

 余談ですが、このメンツの名前を覚えてしまっている自分に割とびっくり。
※最初、判り難いと強く思ったので。

『四号機が戻ってきたって!』『時縞もいるらしいぜ』

イメージ 6

イメージ 7

 颯爽とポーズを決めるカーミラさん。なんか新技開発してる!?

■「ブリッツンデーゲン!」
 その頃、ハルトとサキは咲森学園一同に合流。
 クレーターに一人残り、生存者を装ってドルシアに潜入したエルエルフと作戦を起こす!

 そのエルエルフも、作戦をアードライに察知され協力し合う事に。
 第二期プロモモーションにあった「再びドルシア軍服を着たエルエルフ」はこのシーンだったのか。

ハルト『約束しよう、最後まで絶対諦めないって!』

イメージ 8

 200年後版サキさんが初回で言っていた「約束」はコレか!

■強がり
 記憶を失うという事実を聞き、ハルトを心配するサキ。
 空元気だろうと心配する彼女に、大丈夫、強がりも必要だとハルトは笑って返し、約束をした。

 独白とはいえ、ハルトへの恋心が露になっているサキさん。
 どうなるんでしょうねこの人も。

山田『サンダーだ!』

イメージ 9

 そして霊屋と「最後の」サンダーだ! をやる山田。
 最後の。

 去り際「新しいダチが出来たしな」と独白し、帰還を誓う山田がイケメン。イケメンだった。

『時縞!』『何しに来た! ここは人間の船だぞ!』

イメージ 10

イメージ 11

 人間の機微を知らないピノが、ハルトが気付くヒントになるのが面白い。

■強がりpart2
 作戦前、ショーコ達に面会すべく降り立ったハルトに罵声が次々と投げつけられる。
 だがそれ以上に、ショーコに「赤の他人」として接された事に
 ハルトは嘘を後悔する。

 が、コクピットに戻った彼は、ショーコが既に真実を知り、自分の為に泣いてくれた事を知る―――。

総統『―――人類共通の敵を排除するという、一つの結果を残したのだから!』

イメージ 2

イメージ 12

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 ふてぶてしく「人類側」を名乗る総統、彼らの居座るモジュール77へヴァルヴレイヴは侵攻する。

■4対40万
 ショーコへの想いを新たにしたハルト、しかし今度は「彼女との記憶」が次々と食い潰される。
 ハルトの記憶をエネルギーに、ヴァルヴレイヴはモジュールを目指す
 全ては、ハッキング機能を持つ6号機を届ける為だけに!

 誰が脱落してでもアキラだけは届ける!

ハルト『エルエルフ!』

イメージ 16

 一方、ハルトの叫びに応えるかのように(ドヤ顔で)進むエルエルフ達。
 当然のようにセンターに立つアードライさん流石。
 流石アードライさん。

 しかし果たして今後生き残れるのかアードライさん。

アキラ『取り付いた! これで――――!』

イメージ 17

イメージ 18

 ところがぎっちょん!

■「やっと来た!」
 辛くも通信衛星に辿りついたアキラ、を歓喜の声で迎えたのはクーフィア!!
 ま た 来 た !

 となるとやっぱり眼帯大佐に全部筒抜け? なら果たして、今回、彼らは勝ったのか?

クーフィア『やるじゃん……! 楽しいよっ!!』

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 19

 梶裕貴さん熱演しすぎィ!

■「甘ェよ」
 防衛部隊に向き直り、文字通り身体を張る山田!
 先輩の盾をアキラに託し、カミツキの名を熱く叫ぶ山田は、クーフィアを圧倒する。

 が、戦闘経験の差が彼らの勝敗を別った。

 攻めに攻めた山田だったが、機体、爆煙と残骸を巧みに用って彼の視界を塞ぎ
 勝利を誤認させたクーフィアの前に敗れる。

アキラ『ハッキング成功! やったよ山田! ―――山田!?』

イメージ 21

イメージ 20

イメージ 1

イメージ 22

イメージ 23

 エルエルフ、一世一代の隠し芸。最期まで強がった山田、その意思を継ぐアキラが熱かった!

■世界が曝かれる
 勝利を確信し、演説を続けたドルシア総統、世界を前に暗殺される――――!?
 衝撃映像にどよめく市民の前で、今度は彼が蘇った。
 蘇ってしまった!

 あれだけ高らかに謳っていた総統、彼もバケモノだった!?

 動揺する市民、それ以上に動揺する百一人評議会。
 通信を切ろうにも、アキラがシステムを支配している事からままならず、情報はただただ拡散される。

 次回、一発逆転はどこへ向かうのか。

今週のヴァルヴレイヴの謎

イメージ 1

 今週のヒロインは間違いなくアキラさん。と山田。

 Q:プルーと眼帯大佐の関係は?
 A:プルーは、VVV計画から妹を取り返すべく結託。だから「人間」を憎んでいる。

 妹共々ジオールに捕まり、公式サイトを見るに多分「2号機のOS」に使われていたんでしょうね。
 で、2号機は実験で大破してプルーは行方不明に。
 そして大佐に拾われた。

 ともあれ「プルーがチクッたのが、第一話の原因」だそうです。
 サキの約束といい、色々明らかになるのが快い。
 さて、どう決着するのでしょうね。

 次回、第24話「未来への革命」。