GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

IS<インフィニット・ストラトス>2 第12話「少女たちの展翅<ガールズ・オーバー>」

原作付きアニメの定番、未完エンド。続きはとりあえずOVAで!

イメージ 20

イメージ 21

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 アニメ版IS第2期、一足お先に最終回! スタッフの皆様おつかさまでした。
 伏線、織斑マドカの謎など未回収のまま、何気ない最終回。
 後一話あるの? と思うくらい何気ない最終回。

 前回「次回が最終回って感じじゃないなあ」と思ったら、最終回も最終回っぽくなかった! うん!

 それだけ原作に忠実にアニメ化したって事なんでしょうかね。
 続きは原作、或いは応援次第でまた来期!
 とりあえずはOVAで!

 ある意味ものっそい度胸のあるスタッフさんだといわざるを得ない。

■京都編
 バトルに全力傾注した最終話。
 キャッキャウフフは前回に全部ブッ込んだ感じかなー、と思いきや最後のオチを忘れない一夏さんさすが。

OVA
 ワールド・パージ編制作決定、だそうな。

一夏『よし、俺は今から岩だ。立派な岩になるんだ………』

イメージ 4

 うっかり混浴エンド。汚れ役すらいとわない一夏さんさすが。

■京都大騒動
 束からIS「黒騎士」を得て、千冬と一夏を狙う織斑マドカ。
 彼女をサポートすべく、スコール、オータムらファントムタスクもIS学園一行を襲撃する。

 軍の守備隊を破って迫るマドカだったが
 一夏以下、生徒達は渾身の迎撃で彼女達を辛くも撤退に追い込む。

 敵の正体こそ依然解らないものの、生徒達が逞しくなった事に、千冬ら教師は安堵を覚えるのだった。

マドカ『これなら、戦える。織斑千冬――――』

イメージ 5

イメージ 7

 首領らしき女性「スコール」もISをフル展開。犯罪組織らしく、フルフェイス型が多いですな。

■「この車輌に爆弾が!」
 一夏をひねり、確信を得たマドカは本命である千冬の元へ急行する。

 スコールと対峙していた楯無会長は、ISを全展開したスコールの前に苦戦し
 残った生徒達もモノレールに閉じ込められ―――
 各々が窮地に陥る。

 トドメを刺さなかったのか、刺したつもりだったのか、一夏を放置しモノレールに突貫するマドカ。

山田『軍のISを撃ち落しながら、このモノレールに接近しています!』

イメージ 8

 別のアニメかと思う勢いで落とされる軍人IS。なお山田先生曰く死者ゼロだそうな。

■「あの程度でくたばってたまるか!」
 防衛の為に出撃してきた軍IS、正規軍部隊を単機で圧倒するマドカの新IS。
 その姿を、千冬は一目で「黒騎士」と看破するも
 時すでに遅く、砲撃の的に。

 が、駆けつけた一夏の「白式」が割って入り、黒騎士と対峙!

千冬『織斑! この車輌には時限爆弾がセットされている!』

イメージ 9

 10分以内になんとかしろ! 駆けつけた弟に対し、千冬姉の強烈な無茶振り。
 応えちゃう一夏さん男前である。

箒『今だ、セシリア!』

イメージ 10

 また、今回気になったといえば、箒&セシリアのタッグの前に敗れ去ったオータム。
 砲撃をまともに喰らった後、いっさい出番なし。
 まさか。

 いやまあ生きてますよね。しぶとそうですし。

余談その2。変身バンク

イメージ 23

イメージ 24

 いえいえ、別にバンク(使い回し)じゃないですが、今回初めて「IS装着!」の仰々しい演出が!
※単に私が忘れているだけかも。

 しかし直後に3D映像に切り替わると、落差でのっぺり感じてしまいます。
 この辺は課題なんでしょうか。

 手書きと3Dを併用し、細かいデザインをグイグイ動かすのはやっぱり凄い技術ですよね。

一夏『たった一人の姉さえ、守れない弟なんて……、男じゃねえッ!』

イメージ 20

イメージ 6

 作画と言えば、以下省略。

 一夏、青年の主張と共に黒騎士相手に正面から持ちこたえ続ける一方
 シャルロットらはモノレールの爆弾を処理
 除去に成功します。

 しかしモノレールで爆発が起きた事に目を奪われ、あえなくマドカの毒牙にかかるのでした、が………?

一夏『まだだ、仲間が戦ってる……、白式頼む、もう少しだけ俺に力を―――』

イメージ 11

イメージ 12

 百式、応えるの図。中の人がいるんでしょうか?

■「千冬姉……?」
 昏倒し、示唆的な「黒く染まった千冬に殺されかかる」夢を見る一夏。
 白式に訴える彼に、謎の少女が応え、立ち上がる……?

 二期一話目冒頭+謎少女。
 このシーンの意味が明かされるシリーズかと思いきや、もう少しお預けである模様。

会長『解ってないのは貴女よ!』

イメージ 21

イメージ 13

イメージ 14

イメージ 15

 シャル、ラウラ、セシリア、鈴音、そして簪を加えたそうそうたるメンツに対し、単機で対応するマドカ。
 更にスコールも合流し、手の付けられない状況に陥るものの
 会長の砲撃、そして復活した一夏の一撃で逆転。

 しかし、マドカが何故か「殺す」と言い張っている当の千冬の写真を持っていたことに動揺
 そのまま見逃してしまうのでした。

 ともあれ、彼女の謎は全てお預けに。

束『もっと、もーっと楽しいことが起こるからねえ♪』

イメージ 16

 一方、笑うのは騒動の原因の一人である箒の姉、束。
 何を考えているのだか。

 少し前の「無人機」もどうやらこっちの差し金のようです。お姉さんフリーダム。そして隣は誰。

仲居『あらやだ! 裏返しじゃない』

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 19

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 4

 軽! 当事者は(フツーは)社会的に致命的な失敗になりかねないのに、仲居さん軽ッ!

■岩になるんだ…
 騒動の後、何故「千冬姉の写真を持っていたんだろう」と風呂で考え事をしていた一夏さん
 実はこっちが女湯だったというクリティカルな事態に。

 だが慌てず騒がず「岩だ。俺は立派な岩になるんだ……」と思考を切り替える!
 そう岩だ、岩なら問題ないんだ……。
 ど ん な 対 応 だ !?

 もちろんそれで済むはずもなく、熱さに耐えかね、女子の晒し者になるのでしたとさ。チャンチャン。

第二クール終了!

イメージ 22

イメージ 1

 エンディングは全員バージョン。ある意味一番最終回らしかった!

■最終回!
 と言うわけでマドカと戦い第二部完!
 伏線回収というより、新しく謎を振りまく終わり方になった感じですね。
 もしかしたら一期要素かもしれませんが、最後に束さんと一緒に居た人とか二期組には初見でしたし。

 さあ、もっと大きな騒ぎが起こるぞ!
 と煽って完!

 もっともここまで見た限りでも、束さんが動き出すのはそれこそ12話先でもおかしくない。

 そんな作品なのはこちらとしても理解できますし
 ここで区切るのが妥当なのでしょうね。
 多分。きっと。

 とりあえずOVA、ワールドパージ編をやるよ! とのコト。