GNO2及びGNO3 連邦 情報部 こっそり日記 バックアップ

Yahoo!ブログから移籍。2007/5/23(水)から2016/7/2(土)まで。現在 http://gno.blog.jp/

ダンボール戦機ウォーズ 第34話「本当の戦い」

ロスト=死。文字通り『戦争』と化すウォータイム。

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 1

※画像右下隅クリックで拡大。

 本当の戦いってそういう意味かい!
 セレディ先生の手により、ウォータイムが一気にデスゲーム化。

 所詮は遊び、だから本当の戦争にしてやったと哄笑するセレディ
 事実上の見せしめ役となり、毒ガスにまかれてしまったリクヤ達第三小隊、事実を知り絶叫するキャサリン
 牧歌的だったウォーズは何処へ……

 いや当初から「これは遊びじゃない!」ってハルキさんは言い張ってましたがそれはそれとして。

■必殺技祭り
 前半は主要キャラの必殺ファンクション祭りで、グイグイ敵を押していましたが
 ライディングアーマーでキャサリンを救ったリクヤも男前だった!
 しかし……?

 また、アラタは既に燃料切れ寸前ですが、果たしてここからどう覆すのか。

セレディ『ウォータイムは生まれ変わった。―――これこそ戦争の真の姿!』

イメージ 4

 戦争とはこういうものだ! キャサリン、悲痛な絶叫。

■「本当の」戦い
 セレディに脅された学園の生徒達は、強制的にウォータイムに突入。
 しかし、今度のそれはこれまでと大きく違っていた。

 ロストした者は退学、ではなく、その場で毒ガスに晒される。デスゲームと化していたのだ!

 強力なLBX、兵器で少年達を追い詰めつつ
 セレディは『偽善のウォータイムは、今、本当の戦争に生まれ変わった』と全世界に喧伝。

 怒るアラタは『ファントム』を一撃の下に撃ち砕くも、爆煙の下からは無傷のLBXが現れた―――。

 次回、第35話「箱の中の戦争<リアルウォーズ>」
バンダイチャンネルでの無料ネット配信はこちら。水曜放送後、木曜日12時ごろより配信開始。

ブンタ『無理じゃないか…? アイツ、思い込んだら回りが見えなくなるから……』

イメージ 5

 カイトが思い悩んでいたこと、彼をよく知る第五小隊。ブンタさんは相変わらずいい男だぜ……。

■裏切りのカイト
 オーバーロードによる『疲労』から一旦立ち直ったアラタ。
 しかしセレディのロストエリア掌握、そして裏切った第五小隊長カイト、問題は山積みです。

美都先生『父を解放して。ウォータイムが不要なら利害は一致するはず』

イメージ 6

 いきなりセレディに直談判をかけていた美都先生。
 行動力あるなあ。

■「何も知らないんですね?」
 セレディの思想から見れば父は不要なはず、と提案しますが却下。
 更に『本当なら。美都先生、貴女こそがシステムに組み込まれるはずだった』と真実を明かします。

 本当は彼女が最適。
 ですがお父さんはそれを良しとせず、自ら組み込まれたとの事。

 セレディ先生、今週も煽る煽る。

ジンさん『精神崩壊の恐れがあってもか』

イメージ 7

イメージ 8

 明かされる真実パートⅡ.余談ですが、このシーンのヒカルが乙女に見えるのは疲れているのか。

■過負荷<オーバーロード
 一方、アラタはやはり疲労が残っています。
 それでもセレディを倒す為なら、と燃えるアラタに、ジンさんからオーバーロード禁止命令。

 アラタは能力の成長が異様に早く、このままだと身体が持たないとの事。

 元々オーバーロード自体「身体への負担が高すぎる」と各国で危惧されていたんだと明かします。
 それだけアラタは適性が高く、だからこそ踊るセレディ先生も欲している。
 って具合なのでしょうね。

セレディ『これで世界中の人々は、この学園の全てを知る事となる―――』

イメージ 9

イメージ 10

 しかし『僕から説明しよう』って聞いてたのかジンさん。

■美都先生の懇願
 翌日、登校すると何故か学園中がテレビカメラだらけに。
 その上でウォータイム宣言するセレディ。

 彼が命じる作戦目的は『ロストエリアへの侵攻』。
 当然、エゼルダームが守っています。
 その真意は……?

 結束するジェノック陣に、今度は美都先生が『父を助けて欲しい』と懇願、生徒達は発奮します。

キョウジ『戦場では力のある者だけが生き残れる。そうだよな……!』

イメージ 11

 今週のキョウジ。ビニールシートを敷いているのが学生っぽくて変に笑えます。シリアスなんですが。

■少年兵キョウジ?
 LBX塚、ひっそりとグルゼオンの修理に勤しむキョウジ。
 回想から見るに、紛争地帯で生まれ、少年兵として育てられるも組織はワールドセイバーの手で瓦解。
 そこでセレディに拾われたって流れか。

 そりゃアラタの生き方が生温く見えるのも仕方ないのかもしれません。

カイト『ドラガンゼイドの進化型、サイロンガーダーの力! 思い知れ!』

イメージ 23

イメージ 19

イメージ 20

イメージ 12

 降下ユニットで世界連合出撃! しかしこのカイトさん、ノリノリである

■出撃、世界連合!
 ロストエリアに乗り込んだ世界連合、迎え撃つはカイト率いるエゼルダーム大部隊!!
 と、………いきなり中ボス扱いのカイトさん
 さすがである。

 無政府、平等論を掲げるセレディに呼応し、まったく懲りない悪びれない!
 高らかに大型機『サイロンガーダー』を呼び出します。

 規格外には規格外、ジェノックで対応しますがやっぱり強い! こりゃ怪獣ですわ。

リクヤ『これで……、もう、皆さんと一緒には戦えないんですね…』

イメージ 16

イメージ 13

イメージ 1

 仲間を庇っての熱い退場劇。それでも『もっと一緒に戦いたかった』と呟くのが良かった。

■リクヤ、散る
 ミサイル乱打で行動不能に陥ったキャサリンをとっさに庇い、リクヤ機が大破。
 次いで、その様に硬直したロイとアカネの二機も大破。
 一瞬での退場劇。

 ですが本当の恐怖はその先。

セレディ『その通り。ロストすると、生徒は毒ガスで死ぬ事となるのです♪』

イメージ 15

イメージ 4

イメージ 14

 悪行を行ってでも『本当の戦争』を世界に見せ付けようとするセレディ。その世論誘導法とは?

■「本当の」戦争
 リクヤ以下、ロストした第三小隊はガスに巻かれて意識不明に。
 それは毒ガスだとセレディが笑います。

 プレイヤーへの直接攻撃、遂にここまで……。

セレディ『キミ達のやってきた事は単なる遊び。よく解ったろ?』

イメージ 26

イメージ 17

イメージ 18

イメージ 24

イメージ 3

イメージ 2

イメージ 21

イメージ 22

 サイロンガーダーがやられたッ!? カイトさん中ボスが板につきすぎです。

■「仲間を守る為だ!」
 リクヤの死に呆然となる世界連合。
 ウォータイムという『偽善、子供染みたシステム』をリアル仕立てにしてやった、と笑うセレディですが
 怒りを爆発させたアラタはジーエクストで巨大兵器を一刀両断。

 その力に『惜しい奴だ』と、戦場に現れたファントムをこれまた一撃で貫き通しますが
 吹き飛んだLBXの中から新たな外装が現れます。

 潜入作戦用の迷彩ボディを脱ぎ捨てたファントム。
 その真価とは。

 次回、第35話「箱の中の戦争<リアルウォーズ>」。

次回『そして今、非情のミッションが下された!』

イメージ 25

 これまで『仲間に庇われてきた』リクヤが、自ら仲間を庇ってのロスト。
 熱い展開もセレディにとっては道化のようなもの。

 生徒をダシに『本物の戦争』を喧伝するセレディ、対抗する為の『非情のミッション』とは。

■さらばリクヤ
 放送枠からすれば死んでいるとは思えませんが、やはり庇いあう姿はグッとくる。
 一方、順調に中ボス路線を進んでいるカイトさんは
 やはりゲンドウさんとの直接対決か。

 おそらくは後二話、どう織り込んでくるかも楽しみですね。
 というか、もう後二話かあ……。


 ダンボール戦機WARS_1巻 http://blogs.yahoo.co.jp/saranndonn/66583988.html